テーマ:博物館考

尼崎市立田能資料館訪問記-ハイジをたずねて

先日、尼崎市内での教養講座をすませてから、夕やみ迫った田能(たの)資料館をはじめて訪問しました。そこは猪名川の北岸の土手に沿ったところにあり、対岸には地図を見ると園田競馬場があるようです。伊丹空港からも近く、尼崎ではあっても伊丹や豊中と隣接し、尼崎市の最北端に位置しています。田能資料館は弥生遺跡で知られる田能遺跡のだだなかに建てられたサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ご案内】2014 北大阪ミュージアムネットワークシンポジウム

下記の日程・内容で本年度の北大阪ミュージアムネットワークシンポジウムを開催いたします。締切が1月15日(木)と日があまりありませんが、多くの皆様のご来場をお待ちしております。 ~*~*~*~*~*~以下、転送歓迎~*~*~*~*~*~ -/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷の「年暮る」

東京は渋谷区広尾にある山種美術館をのぞいてみました。現在開催中の特別展「没後15周年記念 東山魁夷と日本の四季」を見たかったからです。お目当ては「年暮(く)る」。年の瀬の季節感もさりながら、瓦展の余韻を楽しみたかったからでもあります。旧京都ホテルの屋上から眺めた祇園方面の冬景色。それは見事な「甍(いらか)の波」でもありました。展示図録(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の「さわる展」、千里ニュータウンの資料を中心に開幕

「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」が今年も開催されています。千里ニュータウン関連の資料と仏像・楽器が特別展示場にはならんでいます。バスオールを体験する人、むかしのタイプライターを打つ子どもたち、楽器であそぶ来館者、いろいろです。また、展示物が「市報吹田」やニュータウンの新聞でどう取り上げられたかを知ることもできます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「これからの博物館のあり方を問う~さわることで何が得られるのか~」のご案内

吹田市立博物館におきましては、下記の内容にてシンポジウム「これからの博物館のあり方を問う~さわることで何が得られるのか~」を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。 ~~~~~~~~~~~以下、転送歓迎~~~~~~~~~~~ ◇◇---------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

全日本博物館学会の研究会「博物館教育理論とその実践化を考える」を開催します。

吹田市立博物館では、3月10日(月)に全日本博物館学会2013年度第6回研究会・博物館教育研究会「博物館教育理論とその実践化を考える」を開催します。 本研究会は学会員でなくてもご参加いただけます。人数把握のため、下記要綱にてお申し込みください。 ◇◇-----------------------------------…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長崎訪問あれこれ

久しぶりの長崎。春節のお祝いムードのなかで博物館をかけめぐりました。出島、長崎歴史文化博物館、シーボルト記念館、長崎原爆資料館などです。すいはくHPの「長崎訪問記―出島と長崎歴史文化博物館」もご覧ください。http://www.suita.ed.jp/hak/kanchou/kanchou.html (アルプスの少年)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かやの外!?

先週金曜日、次号『博物館だより』の「館長インタビュー」のために大阪大学総合学術博物館を訪問しました。同館の館長、橋爪節也教授は大阪の近代美術史を専門とする碩学です。吹博の美術関係の展示では、講師をつとめていただくばかりか、いろいろアドバイスもしてもらっています。また、北大阪ミュージアム・ネットワークでも強力な支援を惜しまず、ミュージアム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

影武者の年頭所感

甲午の新年おめでとうございます。旧年中はお世話になりました。         <新芦屋古墳の副葬品馬具を復元したロビー展示> さて、今年のNHK大河ドラマは「軍師 官兵衛」です。戦国物に再帰ですね。企業戦士たちの関心をよぶこと、たぶん請け合いでしょう。その分、女性軍の支持を失うかもしれません。でも、主役の岡田准一は女性にも人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「特別展示室の資料を撤去中」についての所感(生真面目バージョン)

私は、特別展が終了した後、資料を撤去中の写真を公開しても博物館の観覧者数が増えることがないのは分かっているのであります。しかしながら、私はひとつの使命感を持って、こうした写真を公開するのであります。その使命感とは、完成されたスタティックな(静的な)展示という表層的な部分だけでなく、展示が誕生し、その会期が終了するまでの、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「交通の20世紀」展、本日(12/1)午後5時15分で終了です。

気が付けば最終日。あれだけ苦労してつくった展示が、本日(12/1)で終了です。企画した者にとって特別展は、氷のように溶けてなくなる/水のように流れていく寂しさがあります。特別展は必ず会期があり、必ず終了する。でも、この蓄積は、必ず今後の講演会や常設展の充実化に生きると思っています。展示が人・モノ・情報を集める装置になっており、それが博物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大阪ミュージアムメッセ準備OK

51館で構成される北大阪ミュージアムネットワークが44のブースを構える北大阪ミュージアムメッセ。3日、4日に民博で開催されます。特別展示館の地下ピロティが会場です。1階、2階は渋沢敬三没後50年を記念した「屋根裏部屋の博物館」という展示です。地下がメッセなので、わたしはひそかに「アングラ・ミュージアム」とよんでいます。3日(文化の日)は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

わくわく体験(15日)&藤野高明先生の講演(16日)

今日9月15日(日)は台風が近づいてひどい雨だったにもかかわらず、300人近い入館者があり、わくわく体験にもたくさんの方が参加されました。吹田市教育委員会西川教育長の開会のあいさつ、吹田市議会議長豊田稔氏の祝辞のあと、点字名刺づくり、エコ封筒作り、絵本の読み聞かせ、九路盤囲碁体験、点茶体験など多彩なプログラムに親子連れなど多くの人が楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さわる展」関連のテレビ番組が放送されます。14日深夜25:50からです!

9月14日(土)深夜1:50~2:45 関西テレビ「ザ・ドキュメント 世界を触れ!~見える人にこそ伝えたい~」が放映されます。http://www.ktv.jp/document/index.html これは国立民族学博物館の広瀬浩二郎准教授を追うドキュメントです。広瀬氏には、吹博で目下開催中の「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわって楽しむはくぶつかんが始まりました

さわって楽しむはくぶつかんが始まりました 鳥や列車の模型も触れます。 ロビーでは7月31日の 夏季展イベント 「びわ湖環境クルーズ」 のスナップ写真展もひらかれています。 (くじめ 団塊の婆 おーぼら)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

引っ越しの季節―続々―

こちら↓すいはく公式HP トップページはおなじみのデザインですが、おやまあ、いつの間にかこんなページ↓が登場しています。 (トップ>吹博とは>博物館スタッフ) ところで、本日、キューカンチョーが、みんぱく新梅棹資料室にやってきました。迷わずに到達できたようです(笑) ※応接セットが変わってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開かれた博物館をめざして :キューカンチョーNHK出演のお知らせ

キューカンチョーが、NHKテレビで、すいはくでの”さわる博物館”の試みについて話します! 番組タイトル 視点論点「開かれた博物館をめざして」 出演者 国立民族学博物館名誉教授(”前吹田市立博物館館長”じゃなくてゴメンね)…小山修三 放送日時 1月31日(木) {%…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

飛騨高山まちの博物館: 博物館見聞録

高山に来るのはずいぶん久しぶりだった。いつも行く一ノ町の郷土博物館に行ったら、隣に大きな「飛騨高山まちの博物館」ができて移っていた。江戸時代の豪商の土蔵を活用して昨年4月11日開館したものだ。 展示は金森家、旧家の遺品である絵画、書、工芸品、古文献など歴史民俗系の品をガラスケースにおさめた旧来の手法なのに、たくさんの人がいるので驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会教育施設としての博物館-博物館の多様な可能性を引き出すために :そういうテーマだったのね…

去る10月10日キューカンチョーが「市民と博物館」という基調講演をした「平成24年度博物館長研修」(2012.10.10~12)の実施概要が国立教育政策所・社会教育実践研究センターのホームページに掲載されました→PDF。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなんあってん!: 「地域でがんばるいろいろミュージアム」シンポジウム@すいはく

11月15日ですいはく20周年 その記念の北大阪ミュージアムネットワークシンポジウム 「こんなんあるねん!地域でがんばるいろいろミュージアム」に行ってきた 冒頭 アルプス館長の挨拶は  信州出身やからタイトルの関西弁のイントネーションに苦労すると笑いをとり いつものごとくダジャレを連発 公立やら 企業博物館やら 大学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『こんなんあんねん!地域でがんばるいろいろミュージアム』 : すいはくでシンポ

こんなんすいはくであんねんてー。聞きに行かへん?あの博物館ギライのキューカンチョーもアルプスの少年さんに誘われてんて。ほんで、行く気になってるらしいで。ついでに上の階でやってる「ニュータウン半世紀展」もちゃんと見てきてなー。(あっ、いかん、ムリして大阪弁しゃべろうとしているニュータウンッ子なんがばれてしもた…) 吹田市立博物館開館…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キューカンチョー、あすへの話題17

10月25日号(画像をクリックすると拡大) キューカンチョーがニュータウン半世紀展をPRしています。 だたいま、リカちゃんハウスも大進化中!お見逃しなく。 2012年度秋季特別展「ニュータウン半世紀展」プログラムはこちらから (おーぼら) ※記事文中、「千里ニュータウン半世紀展」は「ニュータウン半世紀展」の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キューカンチョー「すいはく」を語る: 10/10新任館長研修で講演@東京

秋晴れの10月10日(水)、キューカンチョーが国立教育政策研究所社会教育実践研究センターで開催されている新任博物館長研修で、「市民と博物館」という基調講演をおこないました。 講演内容は以下のレジュメをご覧ください。 ************ 市民と博物館 小山修三(元吹田市立博物館長・国立民族学博物館名誉教授) Ⅰ.な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹博ホームページに「館長のページ」をはじめました。

吹田市立博物館のホームページに「館長のページ」がひらかれました。折にふれ、来客の紹介や館外での活動を紹介させていただきます。もちろん展示やイベントの記録としても活用したいと思っています。本ブログにくわえて執筆していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 最初のトピックは吹田市議会の竹内忍一議長と坂口妙子副議長の来館をとりあげ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

全日本博物館学会の会長さんがご来館

7月14日に、明治大学教授で、全日本博物館学会会長の矢島國雄先生や、お知り合いの研究者、学生さんら8名が、すいはくにご来館されました。私、めいぎゃるも今年、当学会の役員に選出され、また、別の博物館系学会ではすいはくの市民参画について指定討論を依頼されるなどして、博物館学の世界からも少しずつ注目が集まっているからかもしれません。 前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すいはくは燻蒸(くんじょう)中です

博物館は燻蒸(くんじょう)中とのことで立ち入り禁止。10日から入れます。 博物館は貴重な収蔵品を昆虫やシミなどから守るため定期的に館全体を殺虫剤で満たす作業が必要です。 家庭用でおこなうバルサンのおおがかりなものでしょう。 2012年度夏季特別展プログラムはこちらから (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六年ぶりに飛騨の博物館を再訪した

千里ニュータウン展のあった六年前 九官鳥さん達が飛騨を視察、一泊旅行をすると言うが仕事で参加出来なかったんで、息子と2人で別に「まめなかな展」をみにいった。このブログからリンクしてる あかかげさんやら、うしまるさんに案内してもらったり、一緒にミュージアムレストランでランチをしたものだ。 その後の話は聞いていた。岐阜県から、指定管理…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more