テーマ:吹田アーカイブ展

『吹田市の自然物語』展:反省会の報告(その1 入場者について)

9/25 19:00~21:00、「吹田市の自然物語」展(7/18~8/30)の反省会がおこなわれました。20人以上の関係者があつまり、入場者数や展示、講演会、市民フォーラム、演劇やおでかけイベントなど、担当者からの報告のあと、時間オーバーして活発な討議がおこなわれました。 まだ概数ですが、観客数は6600人、開館日は44日ですから1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月29日(土)講演と演劇

■半栽培植物のスイタクワイを調べる  阪本先生は、身近な栽培植物(作物)の研究に取り組む中、スイタクワイが半栽培植物ではないかとの仮説をたて、現地調査とオモダカ、クワイとの比較栽培を行った体験を交え、スイタクワイの歴史と人々の関わりを資料に添い、語った。  今から124年前(1885年)の大阪府神崎郡吹田村の地図から説明した…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月23日(日)講演「吹田の地盤と防災」

 講演に先立ち、西川副館長より「吹田市の自然物語」開催の挨拶と秋元宏吹田地学会会長より趣旨説明が行われた。 ■地震の事例からみる人が住み、暮らす場所  中川先生は講演で述べる項目 (1) 最近起こった大地震  (2) インドネシアの巨大地震・津波 (ビデオ)  (3) 地盤特性と地震被害  (4) シナリオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月16日(日)講演「外来種は悪者なのか」 「大阪のタンポポ」

講演:「外来種は悪者なのか」 高田みちよ(「あくあぴあ芥川」主任学芸員)  ■外来種の被害の実例をあげ  「外来種は本来いるはずのない場所に外から人によって持ち込まれ、地域の自然環境に大きな影響を与え、生物多様性を脅かすもの、特に侵略的外来生物」と定義されていると高田さんは、『外来種ハンドブック』(日本生態学会2002年…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月15日(土)講演:「都市の生き物」  報告:「吹田ヒメボタル」

吉田宗弘先生は、都市のなかで昆虫がどのようにしたたかに生き抜いているかをチョウの生態からお話しをしますと13時から14時45分にかけて講演した。  ■チョウからみる植物と昆虫  オオモンシロチョウとモンシロチョウの違いから 都市の自然を語った。オオモンシロチョウが繁殖したロシア沿海州から北海道に飛来した。そこで北大へ網を持ち、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月9日(日)シンポジウム・フォーラム:吹田の自然と人のかかわり

 ◆吹田の自然に8団体から提案 吹田市立博物館で小山館長の司会のもと、吹田の自然保全活動に取り組んでいる8団体から活動の紹介、報告が持ち時間5分間で行われ、各団体から、吹田の自然の現況が明らかにされた。この後、阪口市長が参加したシンポジウムが開かれた。  活動を報告した8団体は、すいた市民環境会議(小田忠文氏)、吹田野鳥の会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月8日(土)講演「野生動物の反乱」

■「けものと魚からみた環境―動物考古学の視点からー」内山純蔵(総合地球環境学研究所准教授)  内山純蔵氏は、鳥浜貝塚と粟津貝塚から出土したけもの(イノシシ)のホネから人と動物の関わりについて語った。  人里近くに出没するイノシシはニホンシカと並び陸上動物の代表で、草食、雑食性、繁殖力旺盛。人にとって食料となり、生態系でのライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年8月1日(土)吹田市の自然保全の取組み

○紙芝居―「ヒメボタルはいまどうしているのかな」:西山田ヒメボタルの会 ○講演―自然の現況と保全・保護のあり方:武田義明氏(神戸大学教授) ○報告―千里第2緑地での里山管理:前川光宏氏(すいた環境学習協会) 緑地回復を求める市民のメッセージ ○紙芝居  ヒメボタルの光を見守り続け 西山田の住民が12年にわたって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年7月26日(日)シンポジウム「森の木と街の木」

13時30分より小田信子・すいた市民環境会議理事の司会で行われた。主催者の小山修三・博物館館長、笠岡英次・知床の森トラスト関西世話人、小田忠文・すいた市民環境会議会長の3人が挨拶を行った。 吹田市の街に植えた大木  話題提供として、「吹田の大木調査から見えたこと」を調査責任者の平軍二・すいた市民環境会議理事が調査概要についてパワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」09年7月25日(土)講演「野生動物の反乱」

小山館長から今回の「吹田市の自然物語」にあたり、河合雅雄先生(丹波の森大学名誉教授)の講演を望む強い要望を受けて頂いたと謝辞を述べ、講演後、河合先生とのトークを予定していると挨拶した。  河合先生は、「野生動物の反乱」と題して野生動物と人とのかかわりの変化と21世紀の今日の課題について、14時から15時40分にわたって、100人を超え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」 09年7月19日(日)イベントと講演

関西大学のMさんが 「吹田市の自然物語」の講座・シンポジウムをまとめてくださいました。 今回の自然物語を順を追ってふりかえっていきます。(おーぼら) 「吹田市の自然物語」 オオムラサキの放生会 オオムラサキを放すセレモニーと懇談 オオムラサキの放蝶セレモニーが19日(日)13時、吹田市立博物館であり、18日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅れてきた客

最終日も無事に終え、午後5:16(閉館1分後)からボランティアと館員がお寿司とケーキで打ち上げをはじめたちょうどその時、ギャル2人組がドアの前に立っていました。そんなのにめっぽう弱いカンチョーがとび出し、何やら話しかけてましたが、いつものようにフラれてもどって来ました。今日は博物館がタダだから行ってみようかと、あんなへんぴな場所までわざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お礼の言葉

8/30(日)をもって『吹田市の自然物語』の展示が無事おわりました。入場者数もふえ、大変活気のある展覧会になりました。これは1町5村のアーカイブ展の第三期、夏休み期間なので、ターゲットを子どもたちにあわせました。もちろん、自然と環境の問題は、大人にとっても大切で、エコ・カーとかグリーン革命などという言葉がふつうに使われることからもわかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うたげのあと/あとかたづけ 

9月1日、吹田の自然物語のあとかたづけがありました。 市内で最大の幹回りのクスノキと同じ円周のオブジェも積み重ねると人の高さ。 特別展示場はつぎの展示物の搬入をまっています。 (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」千秋楽/ミリカは通算150回目の営業

アーカイブ展第3期「吹田市の自然物語」千秋楽は3階ピロティで朝から吹田自然観察会が夏休み工作カーニバルを開きました。 特別展示場もクイズラリーをする人やセミの抜けがらを持ってくる人たちで終日賑わってました。 小中学校の夏休みに合わせたこの期間にセミの抜けがらは1万をゆうに超える数が集まりました。博物館以外で小中学校にも届けられている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇団にのいち『すいたくわいが笑った!』

坂本先生の講演会のあとは、笑いがいっぱいの劇団にのいちの公演。 会場は一気に100人近くになりました。 息の合った二人のコント?につづいて『すいたくわいが笑った!』の本筋に入りました。 サボテンが語る言葉を人間が理解できる言葉に翻訳する器械をつくった学者がスイタクワイの気持ちを言語化できないか研究するといったストーリー。 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

講演会『スイタクワイから見た吹田の自然と文化』

29日(土)午後1時から講座室で京都大学名誉教授の阪本寧男先生が『スイタクワイから見た吹田の自然と文化』と題して講演をしました。会場には50人を超える熱心な聴衆が集まりました。 この様子は吹田ケーブルテレビが録画しました(ので、いずれ放送されるでしょう) 講演内容は順次アップします。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なにわの伝統野菜(夏野菜バージョン)を学び食べる

午前11時から3階ピロティでみんなのまちづくり吹田塾がなにわの伝統野菜の料理をふるまいました。 先着100名がお食事にありつけました。 これに先立ち、FM千里のちびっこレポーター、なんと小学2年生が生放送のインタビューに来ました。               (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイズラリー

アーカイブ展第3期「吹田市の自然物語」もあと二日。 30日総選挙の日が千秋楽です。 29、30の二日間、すいはくは入場無料。 館内ではクイズラリーがおこなわれています。 展示を見れば解答できるようにはなっていますが、なかなか満点はとれません。 まだ参加してない人は30日の千秋楽に挑戦してください。 (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイタクワイから見た吹田の自然と文化

8月29日(土)午後1時から、阪本寧男(さかもとさだお)先生に、吹田の伝統野菜スイタクワイについてご講演いただきます。阪本先生は、京都大学名誉教授で、ご専門は民族植物学。主な著書に『雑穀が来た道』『モチの文化史』などがあります。スイタクワイは、野生と栽培の中間的な半栽培植物だという見解を示しておられます。1970年代半ばに吹田で精力的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ…くわいが笑うよ!

講座室での準備は今日で4日め 舞台のイメージもだいぶできあがってきました  明日の金曜日が終日リハーサルで土曜日午後3時に本番を迎えます(てつ)
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

なにわの伝統野菜を学び食べる―夏野菜バージョン―

「吹田市の自然物語」では、なにわの伝統野菜をとりあげます。学ぶと同時に、実際に味わってみましょう。 吹田.江坂3丁目の平野農園で収穫されたお野菜(なにわの伝統野菜の一部は吹田外からも仕入れます)が、料理研究家の高津紀美子先生の手により、美味しいお料理に変身!! 先着100名様に無料でご提供致します。皆さまお誘い合わせのうえ、是非、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吹田市の自然物語」最終週のイベント

「吹田市の自然物語」のフィナーレとなる今週は、「クイズラリー」のほかにもイベントがいっぱい!尻尾までアンコのつまった鯛焼き?みたいですね。たっぷり楽しめますよ~ 8月29日(土) 無料観覧日 午前10時~午後5時(随時) クイズラリー 午前11時~午後3時 「なにわの伝統野菜(夏野菜バージョン)を学び食べる」 みんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイズをやって賞品を当てようー :クイズラリー8月29日(土)・30日(日)

「吹田市の自然物語」がいよいよ最後の週を迎えます。この夏休み企画にはたくさんのこどもたちが、セミの抜け殻をもってきたり、工作教室に参加したりとなかなか活気がありました。すいはくの観覧者にも新しい流れが生まれたようです。 そこで、 最終日となる8月29、30日の土・日は無料観覧日にいたしました。イベントや講演会もたくさんあるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民フォーラム「吹田の地盤と防災」開催される!

8月23日(日)、市民フォーラム「吹田の地盤と防災(断層・地震・水害)」が吹田市立博物館講座室において開催されました。このフォーラムは吹田市立博物館春季特別展『吹田 いま・むかし』 「第3期 吹田の自然物語」の関連イベントとして開催されたものです。本市民フォーラムは予定時刻の13:30丁度に始まりました。 中川康一氏(大阪市立大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田の愛宕信仰 :8月22日すいはく講座

8月22日午後2時から、藤井裕之氏(すいはく学芸員)の博物館トーク「吹田の愛宕信仰」がありました。内容はブログ「きょうちゃん 朝 起きたら太陽拝み ふらふらせん と やらにゃ~ 日が暮れたら寝せい」をごらんください。参加者は31名(藤井氏談)。(きょうちゃん)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も盛況 :8月20日 すいた市民環境会議「森のクラフト」と「おひさま広場」

8月20日(木曜)は午前10時と午後1時30分からの二部構成。 主催もすいた市民環境会議 と エコ・アクション との二部構成でした。 地球が温暖化していることの説明からはじまり、太陽の恵みについて考えました。 太陽の光を凹面鏡で一点に集めてジャガイモをゆがいたり、太陽光発電でモーターを動かして噴水を楽しむなどを体験しました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も盛況 :8月19日 千里竹の会「竹細工教室」

「どれ作ろうか」、「これにしょうか」。 「これ作りたい」「これは8時間かかってつくたんゃ。残念やけど今日は無理やな。」 「みときゃ・・・」 こんなんやったら 朝からすればよかったなあ。午後1時から2時間で参加者50名余。 (きょうちゃん)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せみ

せみのぬけがら、先週末15日(土)の状況です。(ケース右から順に、クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、その他) 8月8日(土)からメスのぬけがらの方が多くなってきました。 圧倒的にクマゼミが多く、ケースからあふれだして、今は机の下にある別のケースにおさめています。ヒグラシも数匹とどいています。そして、いよいよツクツク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇団にのいち 始動

8月29日(土曜)午後3時~4時すいはくの講座室で開かれる 劇団にのいちの『すいたくわいが笑った!』 お盆がおわって、さっそく台本読みから始まりました。 まだ初日 だけど熱が入ってます。 てつ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more