テーマ:梅棹さん

『梅棹忠夫 語る』の背景: カンチョーのみんぱく友の会東京講演

「みんぱく友の会」は千里文化財団がみんぱくの活動を支援するための組織です。その一環である講座が、 3/26(土)14:00~東京(会場:埼玉大学ステーションカレッジ JR東京駅 サピアタワー9F)でひらかれます。講師はカンチョー(すいはくの片寄先生の講座とバッティングしてしまったのですが・・・) 「『梅棹忠夫 語る』の背景」と題して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アフリカ、万博、千里ニュータウン」: 講演会のお知らせ

「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」関連講座第2弾は、すいはくでおなじみの片寄俊秀先生に、梅棹先生とのかかわりなどをお話しいただきます。 「アフリカ、万博、千里ニュータウン」 講師 片寄俊秀(大阪人間科学大学教授) 日時 3月26日(土)午後2時~ 場所 吹田市立博物館 講座室 片寄先生は、京都大学( 工学研究科 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千里という名のついた本: 梅棹忠夫写真展の展示

梅棹さんは千里という地名がたいへん気に入っていました。若いころ駆け回った草原のことに想いをはせていたのでしょうか。民博の住所は「千里万博公園10-1」、友の会を運営する財団は「千里文化財団」といいます。 みんぱくの論文集、資料集などに(Senri Ethnologilcal Studies, Senri Ethnological …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」

「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」ただいま開催中! お馬さんと並んで立っているのは、梅棹忠夫先生22才、大興安嶺を探検のときの写真を実物大に引き伸ばしたものです。 この馬さんは、新芦屋古墳出土の馬具を装着している日本馬--つまり、梅棹さんが探検した中国・朝鮮半島に棲息している馬と同じ蒙古系に属しています。まるで今回の展示に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦難をのりこえる市民たち

3月20日(日)午後2時から、「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」関連講座が開かれました。本日の講師、中野不二男さんが東北地方太平洋沖地震のために来館できず、急遽、カンチョーが代理講演することになりました。 若い頃から頭角をあらわし、おおきな業績をのこされた梅棹さんにも、いくつかの苦難のときがありました。登山に熱中しすぎて放校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「苦難は克服されるためにある」

今回の東日本大震災のため、「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」の講演会に予定していた中野不二男氏が来られなくなりました。そのため、対談を予定していた小山館長がひとりで代行をつとめることになりました。 タイトルは、 梅棹さんに教えられたこと「苦難は克服されるためにある」です。  張家口(中国)で敗戦にあい、命からがら生還した梅棹…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」宵々山!

すいはくの「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」開幕まであと2日。。。準備が粛々とすすめられています。 ご協力をいただいたみんぱくのウメサオタダオ展もどうぞよろしく! くわしくはみんぱくのHPをごらんください→こちら
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すいはくチラシできました!&みんぱく「ウメサオタダオ展」開幕

チラシできました!すいはくの 「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」 は来週19日(土)からです、よろしく。 この写真展をやるので、どうしてもみんぱくが気になるカンチョー、今日(3月10日)は、いよいよ「ウメサオタダオ展」開幕というので、またまたやって来ました。(3日連続だなんて、現役時代よりマジメに来ている?!) 梅棹さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みんぱく「ウメサオタダオ展」宵山

いよいよ明日から「ウメサオタダオ展」が始まります。それにさきだって、プレスおよび関係者に特別公開されました。 服装にうるさかった梅棹先生に敬意を表し、今日はきちんとスーツを着てきました。 カンチョーが「すいはくにもこれくらい来てもらえたら・・・」とうらやむほどの混雑ぶり。 場内で、すいはくの「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんぱくの「ウメサオタダオ展」宵々山

みんぱくの「ウメサオタダオ展」の開幕(3/10~6/14)を控えて 一足先にみんぱくボランティアの皆さんへの説明会があることを聞きつけ カンチョーが潜入しました。 ほとんど紙モノばっかりの資料のはずなのですが、工夫がすごい。。。もちろん、じっくり読み込むと内容がすごい。深みにはまると、展示場から出てこられないかも・・・ ぜひご自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅棹さんとわたし: 『行為と妄想』の出版

梅棹先生との初めてのツーショットです。撮影した2002年6月17日は、梅棹先生の82歳の誕生日の4日後でした。 梅棹先生は1996年1月、日本経済新聞に『私の履歴書』(30回)を連載され、私が編集委員として、そのお手伝いをいたしました。先生はその連載記事に加筆され、翌年6月、『行為と妄想』と題して日経から単行本を出版されました。先生は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

求む!わたしの1枚 :梅棹さんとわたし

「千里の道は世界に通ず -梅棹忠夫写真展」の準備に向けて、春の嵐のごとく?駆け回っているカンチョー、今日は石毛直道先生の研究室をたずね、アフリカを調査されていた頃の写真を発掘しました。 みなさんの「梅棹さんとわたし」の1枚を募集中です! 梅棹さんが写っていなくてもいいんです。S翁さんの京大型カードの思い出のような"梅棹さんにかかわる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

写真展示のむずかしさ (2)

写真を扱うむつかしさについて前回は利用者側のからの意見をのべましたが、使われる側からの問題もあります。今回の騒動?にあたって情報工学の久保先生にききました。 みんぱくには大きな写真のストックがあり、現在その組織化につとめています。学術的なものについては、名誉教授などの調査資料のデータベース化がすすんでいます。(個人的に)許可さえ得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展示のむずかしさ

梅棹忠夫写真展のためのチラシの編集がようやくおわり、昨日第一校をだしました。3月上旬の配布を目指しています。 当初は梅棹資料室にあるファイルから、これというものを借り受け、すいはく資料と市民からの写真を組み合わせれば、比較的簡単にできるだろうと考えていました。しかし、これがアマかった、途中であきらめかけたほどです。 写真には…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅棹先生との遭遇――ダースベーダー たったかたん!

私の場合 民博は先生方にお仕事をもらうための御用聞きに行ってるだけの出入り業者って立場でしたので、当時館長だった梅棹先生のことは、小山先生の話でしか知らない超えらい未知の大先生。 と言うわけで、梅棹先生がいらしたら 参勤交代みたいにして地面にひれ伏してお迎えしないといけないんじゃあないかと思ってたくらいです。 よりによっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千里の道は世界に通ず@すいはく関連講座のお知らせ!

3月19日(土)~4月17日(日)に開催する「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展@すいはく」に関連して、梅棹先生との親交の深かった方々によるトークを行います。ラインナップは下記のとおりです。どうぞお楽しみに♪ 平成23年3月20日(日) 「アボリジニから宇宙へ -私が宇宙人文学をはじめたワケ」  中野不二男 (JAXA宇宙…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウメサオタダオ展 準備着々

近頃足繁く、みんぱくにある梅棹資料室を訪ねているカンチョー、今日は、みんぱくの「ウメサオタダオ展」広報ポスター類のできあがり見本に遭遇。というわけで、本家本元のみんぱくよりも早くご紹介しま~す。 みんぱくの「ウメサオタダオ展」は3月10日(木)~6月14日(火)、HPは→こちら 車内広告用 ポスター おや、しおりも!大阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしと梅棹さん ~市民の思い出 募集中!~

すいはくでは、3月中旬からロビーで、「千里の道は世界に通ず」と題して梅棹忠夫先生の写真展を開催予定。その写真をさがしに、梅棹資料室にしょっちゅう、嵐のごとくやってくるとうわさされているカンチョー。みんぱくに入った頃の(自分の)写真を発見して、うれしそう(トム・クルーズに勝っていた?)。 ところで、写真だけでなく、市民と梅棹さんを結ぶモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千里の道は世界に通ず

カンチョーが手にしているのは、みんぱく友の会の機関誌『季刊民族学』134号、特集は梅棹忠夫の軌跡です。民博の「ウメサオタダオ展」の開催にあわせて、すいはくでも展示&トークなどのイベントを企画しようと、案を練っているところです。 タイトルは、これをいただき…かな。「千里の道は世界に通ず」ウメサオ先生の直筆です! いいでしょ!!! …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウメサオタダオ展 予告

みんぱくでは、2011年3月10日(木)~6月14日(火)に「ウメサオタダオ展」を開催するそうです。これは「事前予告用」と印刷されたチラシです。まだみんぱくHPにもアップされていなくて内容は不明ですが、なにせ若い頃からのノートやスケッチ、写真などの記録がきちんと残っている方ですから、とても楽しみですね。 梅棹先生は、すいはくにも何度か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅棹忠夫先生をしのぶ会 

10月20日(水)、みんぱくで梅棹忠夫先生をしのぶ会がひらかれました。形式張った式典はなく、1階ホワイエにかざられた遺影の前に一人ずつ花を献じて、ご冥福をお祈りしました。午後1時半から4時半まで、とぎれることがなくお参りがあったそうです。儀式は献花だけでしたが、休館日にもかかわらず展示場があけられ、みんぱくの研究者が総出で案内に立ったほ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「梅棹忠夫 語る」 聞き手 小山修三(日経プレミアシリーズ)

故人のことを語りあう。それが亡くなった人への供養になり、残った人たちへの「なぐさめ」になる。お通夜の意味はそういうことらしい。 …ならば亡くなった本人と十分に語る時間が取れたならば、それは双方にとてもしあわせなことだろう。新刊「梅棹忠夫 語る」は、2008年以降、カンチョーが15回にわたって梅棹さんと語った聞き書きの記録である。梅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロープウエイ登山家

ひさしぶりに新穂高ロープウェイにのった。高山から車で約1時間、新穂高温泉駅(標高1117m)から鍋平高原駅(1305m)まで3分、しらかば平駅間で2分歩いてそこから7分、標高2150mの西穂高口駅につく。運賃2800円だから1mあたり2.7円、13分で1000mを登ることができる。頂上からは北アルプスの笠ヶ岳、双六、槍、穂高(今回は見え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅棹先生と小松左京

梅棹先生は 「鬼太郎」といわれていただけに、 不死鳥の如く、なんども窮地を脱してこられましたね。 おしゃれで、いつもセンスのよい服装をなさっていた先生。 小松は、梅棹先生という大きくて柔軟な存在がいらしたので、 どんな球を投げてもよい、という安心感があったようです。 駆け出しの作家の時に、あのような知的環境を 梅棹先生と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類学的探検

梅棹先生には多くのことを教わった。 その1 人類学的探検 私が初めてめぐり合った先生の著書*1は「モゴール族探検記」岩波新書、56年であった。 「地理的探検という意味では、現代はもはや探検の時代ではない。しかし人類学的探検ということになると、それはまだ始まったばかりである。 わたしたちは、自分自身が人類の一員でありながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅棹先生に市民から「送る言葉」を

梅棹忠夫先生の逝去が明らかにされた6日の夕刊は各紙ともたいへん大きな扱いで先生の逝去を報道しました。読売と毎日はトップ、日経、朝日、産経も一面で報じました。ひとりの学者の訃報としては異例の扱いで、「知の巨人」梅棹先生の存在の大きさを感じさせる出来事でした。とくにマスコミ・報道機関にとっては、「情報産業」という概念をうちたてた先生の功績は…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

梅棹先生逝く

梅棹忠夫先生がなくなりました。先生はすいはくに対してさまざまな助言をいただいただけでなく、2005年「足とはきもの」展では、藤木高嶺さんを加えた館長との対談(『山をたのしむ』に採録)、万博展では「万博を生産した書斎」コーナーの資料をおかりしたほか、何度か足を運んでいただき、たいへんおせわになりました。逝去をかなしむ市民のメールもたくさん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トークショー「梅棹忠夫の山と探検と学問」@長野 のお知らせ

4月30日のブログ「御柱祭と縄文と山と・・・@長野」でちらっと書いた「梅棹忠夫山と探検文学賞」協賛イベント 未知に挑んだ人々 トークショー&映画上映会が、明日15日開催されます。 日時:5月15日(土) 15:30~18:30 場所:平安堂長野店 長野県長野市末広町1355−5 「梅棹忠夫の山と探検と学問」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本のご紹介: 梅棹忠夫著 『山をたのしむ』

梅棹忠夫『山をたのしむ』(山と渓谷社)が上梓された。ここ15年ほどの間に書かれたエッセイを中心とした本である。 おそるべき知的生産力。米寿の記念シンポジウムがあったのが、ちょうど1年前。それをまとめた『梅棹忠夫に挑む』が、半年後の年末に出て、そのスピードに感心したが、この本はそれからまた半年である。民博の館長時代、次々と本が出て「月刊…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more