テーマ:自然

2017年度夏季展示「自然のふしぎをあそぼう」開幕

吹田市立博物館の夏季展示がはじまりました。 主催者を代表して後藤市長があいさつしました。 【要旨】きょうはいい天気、そして暑い。でも将来、室温や湿度が年中一定に保たれるようになったら人間はどうなるだろう。海外に行くとよくおなかをこわす。それは海外が悪いのではなくて、日本が快適すぎて私たちの耐性が低下しているのだろう。ある意味都会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年 夏季展示 開幕しました

平成28年度(2016年度)夏季展示 まもる自然・つくる環境Ⅲ どっちがどっち!?-ちかくの自然をよくみてみよう- 会期/平成28年(2016年)7月16日(土曜)~8月24日(水曜)   いきものには、ぱっと見た目はそっくりさん、だけどよくみればちがう種類というものがたくさんいます。 ちがいはわかるけど、それじゃあ?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年 観梅会

博物館3階庭園で観梅会開催に先立ち、13時から講座室で講話がありました。 ◆講話 「梅と日本文化」 中牧弘允館長 まず「春」の定義から。 「春とは何ですか?」と問われたらどのように答えるのが正しいのでしょう? 春を決めるのに太陰太陽暦、二十四節季、天文学、気候学に基づく四つの方法があります。 ●太陰太陽暦いわゆる旧暦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びわ湖環境クルーズ発表会

2015年の夏季展最後のイベントです。 7月28日(火)におこなった「びわ湖クルーズ」に参加した児童がその学習成果を発表しました。   しっかりとポイントをおさえた発表をしていました。 (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子工作 竹ブロックの立体お絵かき

8月21日(金) 10時からと13時半からの2回、SA吹田おもちゃ作り部会のみなさんが4才~小学6年生を対象にした「夏休み 手作り教室」を開きました。   (おーぼら きょーちゃん) 2015年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森のクラフト

8月19日(水)講座室で午前と午後の二回、森のクラフトをしました。 吹田市内に自然が少なくなっています。 しかし 公園にある松の実(マツボックリ)やナンキンハゼの白い実などちょっと気をつけて見ると私たちのまわりには、気づかないままの自然がたくさんあります。 そんな木の実や草を使って工作するといろんなものが作れます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆめはく」が「すいはく」に

8月19日 兵庫県立人と自然の博物館の移動博物館車「ゆめはく」が「すいはく」に来ました。 (おーぼら きょーちゃん) 2015年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田市内の標高5mを歩く

8月16日(日)9:30から11:30の間 市民の目で吹田市内の標高5mを確かめ、減災に活かしましょう ということで 江坂から江坂大池小学校→玉の井公園→垂水神社→ 雉子畷ほ碑→上之川の旧水路跡→リーサイド豊津→ 泉殿宮→旧吹田街道→高浜橋北詰へと約5kmを歩きました。 南海トラフを震源とする巨大地震に伴う津波や 安威…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田ではツバメの巣が12年間に3分の1に減少

「すいたの自然はっけんシート」にツバメの巣を描いてくれた小学4年生の作品がいくつかあります。ロビーに展示してありますが、その一つを紹介しましょう。 最初はいたヒナが次にはいなくなったことをしっかり観察しています。このようなツバメの「はっけんシート」を参考に展示部会の実行委員さんたちはツバメの巣をつくりました。また、吹田市ではツバメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しく学ぼう!「なにわの伝統野菜」

7月26日(日曜)13時半から講座室で元大阪府食とみどりの総合センター主任研究員の森下正博さんが 「なぜ”伝統野菜”なのか」という講演をしてくださいました。 子どもたちにもわかりやすい説明でした。 (おーぼら) 2015年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会「シルクロードの旅 敦煌・タクラマカン砂漠を行く」

7月19日14時から講座室で日本地質学会評議員の芝川明義さんに 「シルクロードの旅 敦煌・タクラマカン砂漠を行く」というお話をしていただきました。一昨年2013年10月のおはなしでした。 講座室には熱心な聴衆80人が耳を傾け、美しいスライドをながめて旅をした気分になりました。 タクラマカン砂漠を反時計回りに移動しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏展がはじまりました

夏季展示「まもる自然・つくる環境―こんなのみつけたよ」がはじまりました。台風11号が去り、午後からは炎天下となりました。雨ニモマケズ、風ニモマケズ、夏ノ暑サニモマケズ頑張ってくださった実行委員の皆さま、ご苦労さまでした。開会式では後藤圭二市長が「こんなのみつけたよ」の副題をとりあげ、知的好奇心の無目的性を学生時代の研究を例に指摘され、奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏展の準備がはじまっています

夏季展示「まもる自然・つくる環境―こんなのみつけたよ」の準備が本格的になっています。土曜日(18日)がオープンです。今日(15日)は外看板の据え付けが完了し、台風への備えも講じました。 一方、講座室では展示の準備が着々と進んでいます。すいはくにレストランがオープンし、チョウや鳥たちがやってくるという画期的なこころみです。 す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炭を焼いてみませんか

東日本大震災では寒さのため命を落とした人が少なくないようです。いっぽう、焚火が命をつないだ報告もよく耳にします。縄文以来、炭火で暖をとること、また囲炉裏を囲む冬期の暮らしは日本人の生活に欠かせませんでした。「むかしのくらし」をおもいうかべて炭を焼いてみませんか。 3月22日(日)の親子体験講座「炭焼きワークショップ」の案内です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫金山自然観察会

8月12日10時から紫金山自然観察会(野鳥・植物)がありました。 講師は吹田野鳥の会幹事の平(ひら)軍二さん 11組17人(うち子ども7人)の申込みがあり、当日参加と実行委員など合計25人の観察会でした。 (おーぼら) 2014年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示の見どころ、楽しみどころが「館長のページ」に載っています

夏季展示「紫金山と釈迦ヶ池-まもる自然・つくる環境」の見どころ、楽しみどころが「館長のページ」に掲載されています。少々長文ですが、4頁で21枚の写真がのっています。これを見て、大人たちがすこしでもこどもたちを連れてきてくれるとうれしいのですが。 http://www.suita.ed.jp/hak/kanchou/kanchou.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンゴムシ迷路とヒメボタル紙芝居

8月6日(水)、木製のダンゴムシ迷路に本物のダンゴムシをいれ、迷わず出れるかどうかを実験しました。講師は吹田自然観察会の高畠耕一郎さんです。夏季展示の実行委員でもあります。今日一日で、親子連れが70名ほど参加されました。3階のダンボール製のダンゴムシ迷路は子どもたちの人気の的です。 明日、8月7日(木)には吹田ヒメボタルの会による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示がJ:COMでとりあげられています

J:COMの「お元気ですか!市民のみなさん」で夏季展示のオープニングイベントが「吹田のトピックス」のひとつとして取り上げられています。放送時間は昼の3時と夜の10時です。8月10日まで。 吹田市のホームページの動画配信チャンネルならいつでも見れます。 http://www.city.suita.osaka.jp/home/mov…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆめはく、虫いろいろ」でヘラクレスオオカブトやモルフォチョウがやってきます!

こどもたちに大人気のヘラクレスオオカブトやモルフォチョウがすいはくにやってきます。ひとはく(兵庫県立人と自然の博物館」の移動博物館車「ゆめはく」が7月29日(火)にはるばる三田から来館です。時間帯は11:00~16:00です。 今回はカブトムシやクワガタ、モルフォチョウなどと出会うことができます。 スズメバチの模型も見るだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会「紫金山の植物」

海の日の午後、講座室では神戸大学名誉教授の武田義明先生が「紫金山の植物」を語ってくださいました。 まず紫金山の航空写真をみると 戦争中、紫金山の山から燃料として木々が伐採されていたことが考えられ 戦後まもなくの1948年にはまばらな木が写っています。13年後の1961年でも地面が見えています。しかしその後は燃料として伐採することが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリメンモンスターをさがそう

7月20日13時半から講座室で体験講座「チリモン探して大阪湾の生き物について学ぼう」がありました。 講師は大阪自然環境保全協会から11人のみなさん。 4歳以上の30人が参加しました。 付き添いの大人23人、幼児2人 チリメンモンスターの名前のいわれ=ちりめんじゃこに混じったイワシ類の魚以外の総称=を説明しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示はじまりました

2014年の夏季展示が佐井寺中学校吹奏楽部のファンファーレではじまりました。 館長が挨拶しました。 市長、議長、実行委員長が挨拶しました。 展示室へ 実行委員長と館長が展示の説明をしました。 14時から屋外で佐井寺中学校吹奏楽部の演奏がありました。 14:45から展示室でくり抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示、開幕まであと3日

展示の準備が進んでいます。イノシシをはさんでタヌキとキツネ。ばかされないように。 釈迦ヶ池のカモ猟のコーナーもあります。 塩田さんの昆虫標本もならびます。 その塩田さん人形と林さん人形が出番を待っています。 ネズミもいますが、ネコはいないので、その手を借りることはできません。人の手を! (アルプスの少年) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示の準備、着々進行

夏季展示の準備が伊藤委員長を中心に着々と進んでいます。開幕まであと一週間。チラシの配布がほぼかたづき、つぎは看板の設置や展示資料の搬入など、まだまだ多くの作業が待ち受けています。 今回の展示は足元の紫金山と釈迦ヶ池を中心に、あらためて自然と環境をかんかえてみることにあります。すいはく建設時のボーリング調査で採掘した地層のサンプル、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の吹田市立博物館

トンネルアートをくぐりぬけると、そこは雪国だった。さる2月14日(金)、ほんとうに久しぶりの積雪にすいはくも雪化粧となりました。ここに職員が撮った写真を記録として掲載させていただきます。 雪のため予定していた小学校の来館も延期されました。その振替として本日、3月14日、「むかしのくらしと学校」展への校外学習がおこなわれました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more