テーマ:展示案内

2016年 夏季展示 開幕しました

平成28年度(2016年度)夏季展示 まもる自然・つくる環境Ⅲ どっちがどっち!?-ちかくの自然をよくみてみよう- 会期/平成28年(2016年)7月16日(土曜)~8月24日(水曜)   いきものには、ぱっと見た目はそっくりさん、だけどよくみればちがう種類というものがたくさんいます。 ちがいはわかるけど、それじゃあ?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田操車場遺跡・明和池遺跡の出土品展

吹田市立博物館の受付前で吹田操車場遺跡・明和池遺跡の出土品展示をおこなっています。奈良時代の人面墨書土器や変わった形の須恵器などが3つのケースに陳列されています。 2月14日(日曜日)まで。 普段はチラシなどを置いている場所なので、無料で観覧できます。 (アルプスの少年)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田ではツバメの巣が12年間に3分の1に減少

「すいたの自然はっけんシート」にツバメの巣を描いてくれた小学4年生の作品がいくつかあります。ロビーに展示してありますが、その一つを紹介しましょう。 最初はいたヒナが次にはいなくなったことをしっかり観察しています。このようなツバメの「はっけんシート」を参考に展示部会の実行委員さんたちはツバメの巣をつくりました。また、吹田市ではツバメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五本指の黄龍

帝塚山大学附属博物館から借用した一片の瓦―五本指(爪)の黄龍。正式には黄釉(おうゆう)龍文(りゅうもん)軒平瓦(のきひらがわら)といいます。これが本ブログのデザインとなっています。展示場ではおなじ黄釉龍文の軒丸瓦(のきまるがわら)と一緒に並びます。 この龍はただの龍ではありません。五本指で、黄色です。五本指の龍は皇帝のシンボル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋季展示に大阪城の金の鯱がお目見えします

秋季展示「一片の瓦からー東アジアにふれる」が10月4日(土)からはじまります。それにむけて、いちはやく大阪城の金の鯱(しゃち)と唐招提寺の鴟尾(しび)が収蔵庫に搬入されました。いずれも原寸大のレプリカですが、鴟尾のほうは約200kgと推定される重量級の資料です。 金の鯱といえば名古屋城のものが有名ですが、大阪城の天守閣にも金の鯱が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の「さわる展」、千里ニュータウンの資料を中心に開幕

「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」が今年も開催されています。千里ニュータウン関連の資料と仏像・楽器が特別展示場にはならんでいます。バスオールを体験する人、むかしのタイプライターを打つ子どもたち、楽器であそぶ来館者、いろいろです。また、展示物が「市報吹田」やニュータウンの新聞でどう取り上げられたかを知ることもできます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥瞰図絵師・吉田初三郎の生誕130年~記念に3/30まで『吹田市鳥瞰図』を展示します。

吹田市公式Facebook( https://www.facebook.com/suita.city?ref=stream&hc_location=stream )に、以下の記事が掲載されました。 本日(3月4日)は、鳥瞰図の絵師である吉田初三郎の生誕130年の日です。大手検索サイトGoogleのトップページでは、初三郎の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ニュータウン半世紀展」、この週末で延長もラスト!

日本最初の大規模ニュータウン「千里ニュータウン」はどのように造られたのか…?10月以来好評をいただいてきた「ニュータウン半世紀展」、延長展示の最後を飾るミニ企画!この週末はぜひ「すいはく」へ!●開発記録映画上映会 ◎1月19日(土) 14:00-15:30 ◎2階講座室(入場無料) 「ひらけゆく千里丘陵-計画篇-」(1961) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニュータウン半世紀展」を見逃した方に!

あけましておめでとうございます。すいはくはきょう1月4日から開館!ただいま、毎冬おなじみの「むかしのくらしと学校」と、昨秋の特別展「ニュータウン半世紀展」の延長ミニ展示をやっています! ●ダンボールで作った感涙モノの展望台の模型… ●世界でもここだけのバスオール三代そろいぶみ… ●リカちゃん人形で再現した1964年の夢の団地ラ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

むかしのはきもの

昔の子供たちはこんな下駄や草履をはいていた…これも新しい「再現もの」だと思いますが、こうやって見ると「鼻緒」がおしゃれのポイントだということが、よくわかりますね。 「むかしのくらしと学校」展、開催中!(12/29-1/3は休みだよ~ん) (by okkun)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきたよ! 半世紀展延長ミニ展示

ニュータウン世紀展は終わったものの ロビーに飛び出して来た というので 見に行ってきた。 なんと、会期が終わってるのに まだ 神戸女子大の方が手直し?? いやいや 実は 卒論書く為に 改めて模型の実測を行っているとのこと どんどん団地を卒論の題材にしてくださいな(#^.^#) (てつ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかしのくらしはガッタンギー…

すいはく冬の名物「むかしのくらしと学校」展。特別展示場をのぞいてみると…「鶴の恩返し」の絵本で見たことある機織り機で学芸員の池田さんがガッタンギー… これ、実際にさわって昔の機織りが経験できるそうです。こんな機械が昔の吹田にもあったのでしょうか… (12/16追記) これは「さをり織り」という今売ってる機織り機だそうです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ニュータウン半世紀展」延長ミニ展示をもう少し…

すいはく名物、ダンボール製の千里中央公園展望台も必見!(すいはくにおけるダンボール作品の華麗なる系譜はこちらやこちらやこちらやこちら)リカちゃん団地模型は台の上で横からご覧になっていただけます。(窓からのぞくとよりリアル!)右手に貼ってある模型の設定も凝ってるから見てね。多くの団地で採用されたステンレスキッチン(特製レプリカ)、団地の扉…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

おおお!バスオール3代そろいぶみ!

「ニュータウン半世紀展」が終わったはずの吹田市立博物館ではなんと…おおお!南千里の「千里ニュータウン情報館」から戻ってきたバスオールとあわせて、3代のバスオールがそろいぶみ!世界の博物館でも、バスオールがこれだけ揃って見られるのは、今だけ!吹田市立博物館だけではないでしょうか?(世界中調べたわけじゃないけど…)一番右が初代機。左に向かっ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「付録」ふたたび… :ニュータウン半世紀展

12月4日(火)より、すいはく恒例の名物企画「むかしのくらしと学校」がはじまりますが、同日より2013年1月20日(日)まで、 3Fロビーで ミニ展示 「ニュータウン半世紀展」を開催 (だそうです→くわしくは公式HPをごらんください。) ニュータウン展は「付録」つきがお約束か!?2匹目×2回目のどぜう、がんばります(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団地のドアは国電生まれだった!(最終日発掘話)

「ニュータウン半世紀展~千里発・DREAM」は11月25日(日)で終わりましたが、最終日、びっくりするような話が出てきました。最後のお客様は東大阪にある鉄道車両メーカーの大手、近畿車両にお勤めだった方。この方が「団地のドアは一時期うちが全体の8割ぐらい作ってました」と貴重な証言をしてくださいました! 同じ型の大量のドアを同時に制作…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

館長ギャラリートーク(3階ロビー)

見どころいっぱいの「ニュータウン半世紀展」も、きょう11月25日が最終日! 館長のギャラリートークは宗教人類学者らしくユダヤ教から日本の神話もまぜこんで千里ニュータウンを解説しました。 そして「最後の晩餐」のような記念撮影をして秋季特別展は閉幕しました。 (おーぼら) 【ふろく】  開幕翌日10月14…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

きょうが最終日!「ニュータウン半世紀展~千里発・DREAM」

ダンボールで造った展望台や… DREAMいっぱいのリカちゃん人形による団地生活模型や… 団地愛好家集団特製の千里ニュータウン団地図鑑や… 本物の団地パーツで構成した「ニュータウン遺跡」インスタレーションや…見どころいっぱいの「ニュータウン半世紀展」も、きょう11月25日が最終日!(観覧は17時15分まで) 午後には中牧館長+…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どんどん進化する展示

11月15日 奥の壁いっぱいにリカちゃん団地模型の設定が展示されました 大阪大学総合学術博物館館長 橋爪節也氏いわく 展覧会 最終日が展示の完成だと・・・ (てつ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニュータウンの遺跡」を表現する :アーティストからのメッセージ

『市報すいた』11月号の表紙をかざるニュータウン半世紀展「ニュータウンの死と再生」コーナーのディスプレイを担当してくださったアーティスト・安芸早穂子さんからメッセージをいただきました。「作品」は特別展会場を入ってすぐ右側にあります。流している映像も安芸さんが編集された力作です。ぜひ展示場で実物をご鑑賞ください!(鑑賞用の椅子も用意されて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

市報すいた11月号の表紙になりました!

じゃーん!吹田市の世帯数は約16万!それだけに配布される市報はけっこうな「マスメディア」と言えるのですが、その表紙を「ニュータウン半世紀展」の展示が飾りました! このコーナーは「ニュータウン遺跡」。建替で解体された団地から貰い受けた住棟番号、ダストシュートのフタ、ベランダの柵、牛乳箱、洋式便器にトイレットペーパーホルダー…ついこな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

読売新聞(11/2夕刊)で紹介されました!

これまでいろ、いろ、いろ、いろ、メディアに紹介されている「ニュータウン半世紀展」ですが、また紹介していただきました!(画像をクリックすると大きくなります)●記事の前半、「大きな本」の活動は11/3に講演していただいた太田博一さんも加わっているユニークな活動です。中心になっているのは阪大グループ+新千里東町の皆さん。 ●そして記事の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

進化する展示! 府営住宅のリカちゃん

「ニュータウン半世紀展」で話題の神戸女子大〔平成生まれの女子大生チーム〕によるリカちゃんサイズの団地模型!公社のリカちゃんにつづいて府営にもリカちゃんが転校してきました。 この2つの精巧な団地模型は、1962年築の千里ニュータウンの団地の1964年10月18日(日)(公社)と、10月19日(月)(府営)の生活を再現した設定になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化する展示 ロビー編

吹田市立博物館で開会中の「ニュータウン半世紀展」、 ロビー、エントランスも進化しています 看板の下のコラージュはokkun秘蔵の千里のマンションのチラシ! こんなこともあろうかと長年収集していたものを惜しげもなく供出しました。 A画伯の手にかかるとこの様に ビューチフルなオブジェに! 展望台はH巨匠による珠玉のダンボール作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝日新聞(10/29朝刊)に「団地図鑑」が紹介されました!

今回の「ニュータウン半世紀展」では、団地愛好家集団「プロジェクトD」の協力も大きな見どころ。特製の千里ニュータウン団地図鑑を作っていただきました!朝日新聞で紹介していただきました。展示はこれ。セレクト分を壁面展示し、フルバージョンはファイルになっていて横の机で手にとって見られます。もっと情報を集めて充実させていきたい…という野望もアリ!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニュータウン半世紀展開幕!

ニュータウン半世紀展が開幕しました。 9時30分に桃山台駅からスタートした「おでかけイベント 千里緑地体験ウォーク」はグリーンベルトを縫うように歩いて2時間半、ちょうど正午に博物館に到着しました。途中、稲刈り風景やアオサギが目を楽しませてくれました。 オープニングの式典には井上哲也市長、竹内忍一市議会議長がお越しくださり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いよいよ開幕!今日から「ニュータウン半世紀展─千里発・DREAM─」

1960年代── みんながビートルズに熱狂し、「ミニの女王」ツィッギーが一世を風靡した時代… 人類が初めて宇宙に飛び立ち、月面に降り立った時代… そんな時代に大阪は千里の地で日本初、アジア初のニュータウンがその歩みを始めました。 それから半世紀、人の暮らしは様変わりし、まちの景観は変貌を遂げてきました。 でも、いま振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たちには明日しかない!(神戸女子大バージョン)

10/13から始まる「ニュータウン半世紀展~千里発・DREAM」。 毎回繰り返される「俺たちには明日しかない!」の追い込みですが、展示場でA画伯がとんだりはねたり奮闘しているころ、西へ40km離れた神戸須磨では、神戸女子大チームが平清盛よろしく天下統一の野望を胸に、DREAMいっぱいの団地模型製作に必死のぱっちで合宿状態なのであり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more