テーマ:小松さん

名作は萌芽より芳し: 小松さんとわたし(8)

たぶん1953年の初夏の頃、ぼくが京大の図書館でモーパッサンを読んでいたとき、閲覧室に入ってきた小松実(のちの左京)に呼ばれて廊下へ出た。書き上げたばかりの短編小説をここで読んでくれという。かすかな記憶だが、痩せつづける男の話だった。面白かった。当時痩せていた小松がニコリとした。 20年近く経って『日本アパッチ族』を読んだとき、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EXPO‘70「万国博を考える会議事録」幻の資料発見: 小松左京写真展で展示されます!

昨年、7月26日(火)に亡くなった小松左京の写真展開催に伴い、保存されていた資料を調査した結果、これまで存在が確認されていなかった、1970年の大阪万博の理念を構築し、岡本太郎氏の大阪万博の展示プロデューサー就任のきっかっけともなった、「万国博を考える会」の関連資料が大量に発見されました。 「万国博を考える会」は、日本の文化人類学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松左京研究会: 小松さんとわたし(7)

「小松左京研究会」は、小松左京を研究する会ではなく、小松左京先生とファンが、一緒に見学に行ったり、夜を徹して語り合ったりする楽しくも刺激的な研究会でした。1978年にはじまり、月例会の他、年に2・3回小松先生と親しく交流する会をもっていました。 (中西 秀彦) 小松左京研究会のホームページは→こちら すいはくの小松左京写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三内丸山遺跡訪問: 小松さんとわたし(6)

1996年9月6日 復元大型住居の前で (撮影 NPO法人三内丸山縄文発信の会) ピーターパンの踊り 1996年の『縄文鼎談三内丸山の世界』(山川出版社)の出版記念パーティーだったと思います。 余興で、太鼓と笛でねぶた囃子が始まりました。その時に地元青森の「若いもん」に「ハネトやれー」となり、県職員のSさんと私がステージ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

走れ!サキョ~: 小松さんとわたし(5)

小松さんもわたしも、学生時代ラグビーをやっていた。 平原とはいえ、地面はグラウンドと違って、でこぼこ! このあと、小松さんは転んでしまい、翌日左手がグローブのように腫れあがった。それを見た若いディレクターが言った。 「小松さん、今日は野球でっか?」 (古吟勳一) 小松左京写真展はイベントも充実! ■3月開催の講演会&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松左京コーパス: 小松さんとわたし(4)

小松さんとの最初の出会いがいつであったかは定かでないが,たしか1990年代の初めごろだったと思う。国立民族学博物館にいた小山修三氏の紹介だった。その後,総合研究大学院大学の地域社会交流プログラムや科学研究費プロジェクトのシンポジウムなど,いろいろなイベントに小松さんをひっぱりだし,おしゃべりをしてもらった。そして,そのころ日本語教育のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『二十一世紀の日本を考える』の思い出: 小松さんとわたし(3)

あと四半世紀で二十一世紀(二〇〇一)になるという一九七六年秋。民間放送二十五周年記念行事として、おそらく日本で最初の二十一世紀の日本を論じたシンポジウムがホテルオークラでおこなわれた。フジテレビにいた私は事務局として、小松さんに総合司会をお願いしたのは、その一年前だった。小松さんは「未来論はいろいろあるけれど二十一世紀論はまだ見かけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『青い宇宙の冒険』との出会い: 小松さんとわたし(2)

中学生の時、図書室で見つけた『青い宇宙の冒険』。不思議な音の原因を探るうちに宇宙の異変に気づき、救うという、インナースペース的ではあるけど、とても想像をかきたてられる内容で、登場人物の描写がとても魅力的な一編です。わたしは学校の図書室から二週間ごとに借りかえて1年間独占するほど(!)この本に夢中になりました。 その後(1984年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イースター島にて: 小松さんとわたし(1) 

1979年5月、日本テレビ・土曜スペシャルの取材で、イースター島を訪れた。 モアイという巨石像の間に立つ小松さん。モアイは小松さんの巨体がよくにあう。 モアイをつくる凝灰岩の岩場で憩う小松さんとわたし。 (石毛直道) ------------- 「小松左京写真展 -宇宙に翔く夢」がいよいよ今月(3月)17日(土)よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小松左京写真展」開催が、産経新聞で紹介されました!

産経新聞で2012年2月23日(木)の産経新聞朝刊で、3月17日から開催される「小松左京写真展 宇宙に翔く夢」が紹介されました。ご期待下さい。 また、現在【2月24日(金)~3月1日(木)】、吹田ケーブルテレビ「お元気ですか 市民の皆さん」では、みんぱくが特集でとりあげられています(特集「地の先へ 地の奥へ 国立民族学博物館」)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松左京写真展: 宇宙に翔く夢

3月17日から小松左京写真展がはじまります。 先日、カンチョーは、ダンボール・小松ロケット(原画はとり・みき氏)を持って、小松左京事務所が主催するフロンティア3000の研究会で概要を説明してまいりました。 小松左京さんの多彩な活動を網羅したイベントを組みました! 【イベント日程】 3月18日(日曜) 14:00~15:30 フ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小松ロケット

ロビー正面にかざる「小松ロケット」のミニチュア・モデルができました。このままでも使えそうなので、ラジコンの車に乗せてはしらせるとか、軽くしてヘリで運ぶなどの案もでました。ペットボトル・ロケットを水の力で飛ばすというのも。子供たちが楽しめるイベントができるといいですね。 (カンチョー)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「鉄になる日」 :小松左京さん原作のラジオドラマ放送のお知らせ

すいはくでは、3月17日から「小松左京写真展-宇宙にはばたく夢-」を計画しています。 その小松左京さんの長編『日本アパッチ族』を原作にしたラジオドラマ「鉄になる日」が文化庁芸術祭大賞を受賞しました。今夜、再放送があるそうです。 「鉄になる日」 http://www.mbs1179.com/art.shtml ◆2012年2月…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小松左京写真展 ただいま準備中

小松左京写真展が3月17日(土)~4月22日(日)におこなわれます。 その準備が着々とすすんでいます。 ロビーを無料で開放して、小松さんの活躍のあとを展示します。昨年春の企画「梅棹忠夫写真展」はたいへん好評でしたがその第2弾といえるものです。 すいはくは小松さんには一方ならぬお世話になりました。2005年の特別展「足とはきもの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小松左京の二金会

小松左京さんは、二金会という毎月一回の会合をやってました。みんなで、酒を飲みながらたのしく、それぞれの分野のトレンド(とくに若手の)を知るための、小松さん独特のアンテナ的装置だったようです。それは、いまも続けておこなわれており、昨日(10/14)がその日でした。神戸文学館 でおこなわれた「小松左京展」について、学芸員の義根益美さんが話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松左京さんと大震災

カンチョーが、「小松左京さんと大震災」というエッセイを書きました。 ↓ 縄文ファン「小山センセイの縄文徒然草」3 http://aomori-jomon.jp/essay/?p=3566 ご一読頂ければ幸いです。(こぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅棹先生と小松左京

梅棹先生は 「鬼太郎」といわれていただけに、 不死鳥の如く、なんども窮地を脱してこられましたね。 おしゃれで、いつもセンスのよい服装をなさっていた先生。 小松は、梅棹先生という大きくて柔軟な存在がいらしたので、 どんな球を投げてもよい、という安心感があったようです。 駆け出しの作家の時に、あのような知的環境を 梅棹先生と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more