テーマ:麦酒展

11/9(日)講演会 夜久亢宥さん 「思い出のビール造り」

11月9日(日曜)午後2時からアサヒビール株式会社名誉顧問で吹田商工会議所会頭の夜久亢宥(やく たかひろ)さんによる講演会「思い出のビール造り」 がありました。講演は次の目次で始まりました。 1)昭和26年(1951年)入社のころ2)古代から中世のビール(BC7千年~AD1800年ころ)3)日本のビールのはじまり4)ビールの味の変遷5…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

11/8(土)入江亮一さん講演会「現在のビール創り-嗜好の変化」

11月8日(土)1時30分~3時、入江亮一さん(アサヒビール吹田工場醸造部長)の講演会「現在のビール創り-嗜好の変化」が、すいはく講座室で開催されました。内容は・・・1.ビールの歴史2.ビールの定義(酒税法の話)3.ビールの原料について4.ビールの創り方5.嗜好の変化について(1)お客様の購買の決めて 味評価(2)「この味が、ビールの流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のビール大集合

「世界のビール」が続々あつまってきています。さっそく飾り付けがはじまりました!毎週木曜日のビールテイスティングも好評(写真は11/6のようす)。(写真・きょうちゃん) 四国のスーパードライはこんな包装です。(おーぼら)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベルギー発泡酒 ヒュールガルデン・禁断の木の実

このビールを見たとき原料はハダカ麦に違いないと思いましたが・・・。麦芽、ホップ、コリアンダー、オレンジピール、糖類、酵母でした。ベルギー発泡酒、ヒュールガルデン・禁断の木の実。オレンジがかった淡い焦げ茶色、甘いカラメル香、ふくよかな甘みと柔らかい苦み、旨口タイプとあります。発泡酒とは「何でもあり」の世界なんだ。 (カンチョー)ラベルをよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

吹田市立博物館盛り上げ企画 ~ワンコインビヤパーティin博物館~

マイジョッキで世界のビールを飲み干そう!11月30日のビール展最終日に、盛り上げの忘年会を兼ねてビアパーティを企画しています。紫金山グリーン合奏団の島田さんも音楽演奏企画案ではアコーディオン・ヴァイオリン・ピアノのトリオ演奏をしてくださるそうです。(1)ビア樽ポルカやドイツの古い民族音楽 (2)フニクラ・フニクラなどの世界のポピュラー …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

わが町のビール

ボン市内のお店でビールと注文すれば、運ばれてくるのはケルシュ(Kölsch)…Kölnを日本語ではケルンと書くのでケルシュと書きましたが「ö」(オー・ウムラウト)はケの少し混じったコの音みたいで、とっても発音が難しい!コルシュっていう音の方がいくぶん近いような気がします。写真(撮影:2000年6月、当時カン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界をかけるビール: まずビール、そして白酒! お酒の飲み方、2段階論

たとえば居酒屋に行くと、「とりあえず,ビール!」とよく聞こえてきます。明らかに「ぷはっ」とやりたそうにしていれば,「生中でよろしいですね?」とお店の方から、たずねてくれます。すでに、当たり前の光景になってきた感があります。しかし,考えてみれば10数年前はまだそんなことはなかったのではないでしょうか?もっと前は,「生中」より瓶ビールだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たんぽぽ主催・ビール展盛り上げ企画のお知らせ: マイカップで乾杯!

ビール展の盛り上げ企画・ワン・コイン・パーティー ビール展最終日の11/30(日)11:00~博物館3F広場にてたんぽぽ主催によるビールパーティーをおこないます。生ビールに焼き鳥を楽しみませんか。ワンコイン(=500円)と、マイカップ・マイジョッキをご持参ください!実家が焼鳥屋だったAさんはもう特製のタレの仕込みをはじめたとか。火起こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学術ビール

「早稲田大学のエジプト考古学と京都大学の植物遺伝学が出合い、現代に甦った古代エジブト文明。WHITE NILEはその研究成果を生かし京都の地下水で製造した小麦入りビール。(・・・)本品が濁っているのは、緩やかな濾過により酵母が生きているためです」と裏ラベルにある。原材料は麦芽、ホップ、エンマー小麦。ほかにブルーナイル(発泡酒:ゆず、コリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

味噌ラガー

京都駅にあるISETAN百貨店には外国産や地ビールがたくさん置いてあることで有名です。地ビールはフレイバーが売りのようですが、日本以外では絶対作られないだろうというのを見つけました。名付けて「岡崎八丁味噌ラガー」、原料は麦芽、ホップのほか豆みそとある。時々アテに味噌をなめることはありますが、これならアテなしでいけるのかしら?シャンプーす…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

10/26(日)博物館トーク 柴山照夫さん 「吹田にあったビールチョウ(麦酒町)」

10月26日(日曜)午後2時から大日本麦酒会社時代から親子三代にわたってアサヒビールにおつとめだった柴山照夫さんに当時の社宅や、その場所・・・ビールチョウについて語って頂きました。柴山さんは祖父、父もアサヒビール(当時の大阪麦酒会社)にお勤めでした。おじいさんは明治22年大阪麦酒会社の創業当初からお勤めでした。お父さんも大阪麦酒会社にお…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

10/25(土)講演会 川島智生 「近代日本のビール醸造所建築」

1:30~アサヒビール・ゲストハウスで建築史の川島さんの講演会がありました。120枚のスライドを使ってビール工場の建築の歴史が紹介されました。日本の麦酒工場の建物は大きく3つの時期にわかれます。 1)まず始まりの明治初期の建築はレンガづくりでした。西洋的な風景を具現して、文明開化期の風潮をよくあらわしています。レンガ製の建物は、まだ札…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

てつの日記: ロハスフェスタのビールの思い出

ロハスフェスタで 出会ったビールで印象にのこったものが、まだまだあるオーガニックビール信州燦燦氷りの中で がんがんに冷えていたドイツ産有機麦芽100%使用 すっきりとした飲み味の中にも ビール本来の素材を感じさせる味エベレストビール世界一の最高峰・エベレスト登頂50年を記念したラベルベルギーで学んだブルーマスターの技術でネパールの麦とヒ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

吹田ケーブルテレビで「ビールが村に・・・」

24日(金)から30日(木)の間、吹田ケーブルテレビの「お元気ですか、市民のみなさん」の特集コーナーでビール展が取り上げられています。9,12,15,18,21時07分ころから13分間の番組です。(おーぼら)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界をかけるビール: 中国ビールが変化している!

数日前のブログで、吹田駅でのアジアンフェアにて中国ビールも出ていたことを知りました。燕京ビールは、日本ではなかなか手に入りません。日本人にとって、中国ビールと言えば、青島ビール。しかし、中国に行ってみると、各都市で所謂「地ビール」があります。北京:北京ビール、燕京ビール、五星ビール西安:漢斯ビール、西安ビール青島:青島ビール、匯泉ビール…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

おかげさまで25万アクセス達成

PM8:40ゲット プレミアムモルツ黒がローソンに売ってたんで乾杯♪ちなみに サントリー工場売店にも黒は売ってなかった(^-^) 250000アクセスゲットしたら 飲もうと思い 買ってきたサントリー京都工場見学の時 黒はどこで飲めるか聞いたけど まさか ローソンに売ってるとは(^-^) しかし ちと高い\257 特別な時に飲むビールだ♪…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

酒の飲み方(2) 狩猟採集民の場合

アーネムランドでアボリジニの村に住んでいたころ、心底おどろいたのは彼らの酒の飲み方のスザマジさだった。マニングリダという町(地方行政の中心)には、月に2回、ダーウィンから食糧など生活必需品を積んだ船がやってくる。潮の加減で入港時間は決まっていないが、頃合になると男たちがぞくぞくと集まってくる。荷揚げがすむと、広場にたくさんの小さな輪がで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビールは宇宙酒

2週間ほど前ですか、宇宙ステーションでいろいろ栽培してみたら大麦が一番よかったという記事を見ました。ムギ類は乾燥に強く、野生種に近いたくましさがあるからいいのでしょう。もし人間が、将来、地球をコワしてしまって、宇宙に住むようになれば、主食はオオムギ、酒はビールに。ホップですか、あれはアサ科だから、多分、大丈夫でしょう。「ビールは永遠に不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てつのビール三昧日記:先週日曜は、ビール工場見学してましたぁ

サントリービール京都工場で、「ザ・プレミアムモルツ講座」という通常の工場見学とは異なる講座があった。通常の工場見学や夏休み限定の親子見学会は60分。この講座は、90分と内容が濃い。少人数(私の行った日は、午前・午後の2回で定員36名)。一ヶ月前にネットで申し込んだ。先着順である。「世界最高峰のビールをつくりたい」 開発者の熱い想いを、講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんが:レモン・ハート

私がくに(故郷)に帰った時の定宿には、マンガなど雑然とつめた本棚があります。そのなかに、『レモンハート』というマンガがあり寝るとき取り出して時々よみます。著者は古谷三敏、(そこにあった)最新巻は2006年の#22、#1はなんと1986年という息の長いシリーズです。酒なら何でもそろっているバーの蘊蓄マスターと、フリーライターの松ちゃん、正…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

10/19講演会 「アサヒビールの赤レンガ建物」 ~煉瓦の歴史~

10月19日(日)の講演会は、藤原学芸員の「有限責任大阪麦酒会社吹田村醸造所創業期の赤煉瓦建物~煉瓦の歴史から見る~」のお話でした。明治5年(1872年)2月26日東京の京橋、銀座、築地でのちに「明治5年の大火」と呼ばれる大火がありました。類焼町数41ヵ所、罹災人口19,872人、焼死者8人、負傷者65人を出したこの火災の教訓として銀座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR吹田駅前でアジアのビールが飲める!今日までだよぉ~

アジアンフェア(JR吹田駅前で開催)で、アジアのビールを飲んできた。まず、中国の「ヤンジン(燕京)ビール」\400。個人的には「青島(ちんたお)」より美味しいと感じた。チャイナドレスの綺麗なお姉さんが、すいたの博物館を気に入ってくれた。中華粥も出している。タイの三輪タクシー 「トゥクトゥク」実動車も来ている。フィリピンのビール「サンミゲ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10/18(土)~10/24(金)の博物館イベント案内

「ビールが村にやってきた!」展・今週のカレンダー 10/18(土) 市内小中学生は土曜日無料 14:00~15:00 展示解説 10/19(日) 14:00~15:30 講演会「アサヒビールの赤レンガ建物」 藤原学(すいはく学芸員) 10/20(月) 休館 10/22(水) …11月3日14:00~15:3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライ麦のビール

先日のロハスフェスタ中、何度も、何度も行ったブースが、地ビールを常時80種とりあつかっているという京都千本「山岡酒店」。その山岡酒店がプロデュースし、新潟麦酒が醸造した地ビールが、ライ麦ビール「京都ぐるり」です。原材料の半分がライ麦ですが、ライ麦を麦芽にしていないため、酒税法上は発泡酒の扱い。日本のおかしな税法のため、発泡酒は安酒のイメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界をかけるビール(ニューヨーク特派員だより4 :ドイツの燻製ビール)

もうひとつ、変わったビールの話題をおとどけします。ニューヨークでは、スーパーでもパブでも日本より品揃えがいろいろあるので、昔ドイツやベルギーで飲んだビールがあって楽しいです。これはこちらで再会したビールです。「Rauch Bier -ラオホビア」。ラオホはドイツ語で「煙」、ビアはもちろん「ビール」。直訳すると「煙ビール」ですが、一般的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は生が好き?

ニワカ勉強に疲れたのでチョット寄り道。日本人ってほうんとうに「生」がすきなんですねー。スシがそうです。「米飯でつくったボールの上にサカナをのっけて生で食うなんてなんて気持ちわるーい」とアメリカ人によくいわれました。そういえばアボリジニの人たちが大阪に来たとき、刺身をだしたら「なんと野蛮な!」と叱られました。食べ物にはかならず火を通すのが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

10/13講演会 「ビール醸造技術の移入と近代日本ビール業の成立」

10月13日(月・体育の日)の講演会は、今回の企画を担当した藤井さんの「日本のビール史」のお話でした。日本でビールをつくった人は1.技術を持った外国人:W.コープランド2.海外留学をして学んだ日本人3.オランダの書物を呼んでつくった人(川本幸民、蘭学者、板書調所教授)の3カテゴリーがあるそうです。生産はコープランドが明治2年(1869)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てつの日記 @連休2日目も万博公園

10月12日は、朝から万博公園に出動。マニアエキスポでは、Breath Sound(ブリーズサウンド)女性ボーカルに男性ギターのデュオが、70年代ミュージック中心のステージを。1.この広い野原いっぱい、2.ジョニーへの伝言、3.テネシーワルツ、4.クロース・トゥ・ユー(カーペンターズ)、5.翼を下さい、6.行こう、7.空と風(6.7は …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

博物館トーク /酒屋の息子のひとりごと

10月12日(日曜)午後2時~、博物館トーク「酒屋の息子のひとりごと」がありました。タイトルは「ひとりごと」なのにカンチョーは「きょうはトークショーにしましょう」とひとり言。参加者でテーブルを移動させて「トークショー」がはじまりました。酒屋の息子だったカンチョーのお話に参加者が突っ込みをいれるという進行で吹田市商工会議所会頭でアサヒビー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more