テーマ:西村公朝

清水寺・森清範貫主の講演会「見える命・みえないいのち」

5月31日午後2時、講座室は満員で玄関ロビーの椅子も満席。 聴衆は職員や市長を除いて175人でした。      はじめに後藤市長と中牧館長のあいさつに続いて森清範貫主の講演がありました。 毎年「今年の漢字」を書いてるので有名ですが、マスコミでは背中しか写ってないのでお顔をじっくり拝見するのははじめてでした。 森貫主も…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

清水寺・森清範貫主の講演会が5月31日(日)に開催されます。

清水寺の年末行事としてすっかり定着した感のある「今年の漢字」。大きな筆を右手に持ち、一気呵成に書き上げるのが森清範貫主です。2014年の一字は「税」、さて今年はどうなるでしょうか。 その森清範貫主が吹田市立博物館にお越しになられます。目下開催中の「生誕100年 西村公朝展」にあわせた講演会で来る5月31日(日)2:00からです。講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J:comとYouTubeで西村公朝展が紹介されています

吹田市のホームページからYouTubeにアクセスできます。 http://www.city.suita.osaka.jp/home/movie.html [特集]生誕100年西村公朝展-ほとけの姿を求めて- 仏像修理技術者と仏師、僧侶、市立博物館館長としての顔を持つ西村公朝さんの足跡を、仏像修理技術者を中心に修理に携わった仏像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菩薩顔のメイクと仏像のコスプレ

5月10日(日)、午後1時から「三十三間堂プロジェクト∞」というワークショップがはじまりました。講師のTETTAさんの仏像解説は如来、菩薩、明王、天部について女性の美術作家ならではのイラスト画像にもとづくものでした。TV番組やマンガのモデルとなった仏像の紹介は意表を突かれた感じでした。たとえば、ウルトラマンやセーラームーン、ゴセイジャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新納忠之介と西村公朝

本日(5月10日)、仏像修理の先覚者、新納(にいろ)忠之介をとりあげたNHK・Eテレの日曜美術館を見ました。タイトルは「百済観音 千手観音 国宝の仏像をよみがえられた男」です。新納の流れが美術院国宝修理所につながって、西村公朝(美術院第3代所長、吹田市立博物館初代館長)に引き継がれました。西村の出番は来週17日(日)の同番組アートシーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音さまのお面をつくろう!

仏師だった西村公朝の生誕100年を記念する展覧会にちなんで、「観音さまのお面をつくろう!」というワークショップが来たる5月23日(土)と30日(土)にひらかれます。このたび、その観音さまのお面のモデルができあがりました。紙製の十一面観音です。指導してくださる版画家の田主誠氏によると、老若男女を問わず一人でも参加できますが、親子で一緒に制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西村公朝展 初日の25日(土)にはシンセサイザーの生演奏があります

西村公朝展は25日(土曜日)に開幕です。目下、着々と準備が進んでいます。当日は、13:30からの開会式のあと、ご子息の西村公栄氏による「祈りの調べ2015」がおこなわれます。シンセサイザーの生演奏です。わたしはまだCDしか聴いていませんが、喜多郎に勝るとも劣らないと思っていますので、とても楽しみです。会期中もサウンドスケープとして公栄氏…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山折哲雄氏の講演会(報告)

3月14日(土)、山折哲雄先生(国際日本文化研究センター名誉教授、元所長)の講演会が吹博講座室で開かれました。170の椅子席がほぼ満杯の盛況ぶりでしたが、講演内容も盛りだくさんでした。先生は印相の結び方から説き起こし、神像の文明比較をおこない、日本の仏像や神像の特徴について論じられました。それによると、ギリシャ、インド、中国では神々は肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西村公朝写真展と山折哲雄氏の講演会

4月25日(土)から西村公朝展がはじまりますが、それに先立ち写真展が3月14日(土)から開催されます。初日の14日には午後2時から山折哲雄氏の講演会が開かれます。山折氏は国際日本文化研究センターの第3代所長をつとめ、宗教評論家としても高名な方です。「仏像と仏教」というタイトルの講演ですが、概要は吹博の公式HPを参照してください。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公朝先生と清水寺

西村公朝展の最終日を前に6月21日は清水寺の森貫主が来館され「公朝先生と清水寺」というテーマでお話しされました。その暖かみのある仏像、仏画で吹田市民には圧倒的に人気のある公朝先生が清水寺の信徒総代を長く務められていたとは・・不覚にも知らなかった! それにしても森貫主の人気のすごさ。120人定員の講座室に市長をはじめとして250人以上の入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月4日(水)22:30~放映されていました

6月4日(水)22:30からSUTV「なりきり歴史探訪」という15分番組で西村公朝展をとりあげていました。吹田市立博物館の先代カンチョーの公朝さんから直接指導を受けた滝沢学芸員が実に上手な説明をしていました。東京美術学校時代の作品「聖汗」若々しい肉体をノミの跡を残しながら作っている・・・と説明してました。東京美術学校卒後、中学校の美術教…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

満員御礼の講演会

ガソリン代が一挙に10円以上値上がりした6月1日(日)午後2時から宝塚造形芸術大学教授 西村公泉氏(西村公朝氏のご長男)の講演「西村公朝のたどり来し道」が始まりましたが、2時直前に来た人は講座室には入れない状態。あふれる聴衆に対して講座室ドアを開放で応対。館内にあるすべての椅子、もちろん喫茶ミリカの椅子も並べられてました。講演が始まって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月1日の講師 西村公泉さんの思い出 :てつのアルバムから

西村公朝氏のご長男、公泉氏の講演会があります。◆6月1日(日) 午後2時~◆「西村公朝のたどり来し道」講師 宝塚造形芸術大学教授 西村公泉氏場所 すいはく講座室前回の平成17年秋の特別展「西村公朝 祈りの造形」の図録のあとがきに、「・・・頼むから現代彫刻家になってくれと、息子に頼む親など聞いたことがない。彫刻家になろうとする息子をやめさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

愛宕念仏寺の羅漢さん

西村公朝さんが住職をつとめられた愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)の見学会が、今回の特別展中2回企画されていました。(一回目は5月21日でした。次回は6月8日(日)ですが、こちらも残念ながら抽選は終わっています。) すいはくには、現在の羅漢さんの写真が展示されています。皆、ものすごい苔に覆われいて、訪ねた方から「かなり昔に彫られたもんですか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お昼のNHK-TVニュース

なぜこの時期?と思いましたが・・・・、5月16日のお昼のNHKですいはくで西村公朝展が開かれてるよと、展示物を紹介しながら報道していました。(おーぼら)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長渕剛さんからだっ!

今すいはくに・・・1.長渕剛さんからおくりもの(幸福の木、ドラセナかな?)が・・・!長渕剛さんは、ある日、愛宕念仏寺にやってきて、公朝さんと話をして、仏画を描くようになりました。公朝先生も、長渕さんの歌が好きで、コンサートに行ったりしていました。二人でコラボしたCDがあるのは、このブログでもてつさんがコメントしていましたね。今回、特別公…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シンセサイザー演奏会「祈りの調べ」

音楽が大好きなみなさん!4月27日(日)午後2時から、愛宕念仏寺住職の西村公栄氏によるシンセサイザー演奏会「祈りの調べ」がありました。 すいはくでは、一昨年(H17)の秋期特別展「祈りの造形」の時に、講座室でされたそうです。今回は 3階 ロビーにて・・・3階ロビーといえば、昨年のゴールデンウイーク、段ボールのワニ作りとてつのファルトカヌ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西村公朝-たどり来し道-はじまりました!!

公朝さんが大好きなみなさん!今日4月26日(土)から平成20年度春季特別展 「西村公朝-たどり来し道-」 がはじまりました。朝10時半からオープニングの式典があり、関係者をふくめ50名ちかくの出席がありました。カンチョー、来賓のあいさつのあと、市の花サツキがそえられたケーキとコーヒーでしばし歓談。その後、担当の滝沢幸恵学芸員の案内で、展…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more