テーマ:館長ノート

放送大学の「博物館展示論」で吹田市立博物館が取り上げられます(初回は6月1日20:45~21:30)

2016年度の4月から放送大学の「博物館展示論」(担当:稲村哲也教授、毎週1回、全15回)がはじまり、当館が地域密着型の博物館の事例として取り上げられます。吹博が登場するのは第8回の講義です。 8回目の講義のテーマは「歴史系博物館の展示-国立歴史民俗博物館と地方の博物館」です。その講義概要をみると「本章では、まず国立歴史民俗博物館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館長ギャラリートーク―行基図を中心に 25日(日)2時から

吹田市役所のFBに掲載された記事を本ブログでも紹介させていただきます。 【秋季特別展展示資料紹介+週末イベント情報:吹田市立博物館】 現在博物館にて開催しております、秋季特別展「絵図っておもしろい―国絵図と村絵図―」では、吹田の村絵図と摂津の国絵図にまじって、江戸時代の日本国図も7点展示されています。そのうちのひとつは『行基菩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尼崎市立田能資料館訪問記-ハイジをたずねて

先日、尼崎市内での教養講座をすませてから、夕やみ迫った田能(たの)資料館をはじめて訪問しました。そこは猪名川の北岸の土手に沿ったところにあり、対岸には地図を見ると園田競馬場があるようです。伊丹空港からも近く、尼崎ではあっても伊丹や豊中と隣接し、尼崎市の最北端に位置しています。田能資料館は弥生遺跡で知られる田能遺跡のだだなかに建てられたサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国では蓮華文がデパ地下のインテリアデザインに!

国際研究フォーラムで訪れた韓国ではソウルのデパ地下で蓮華文の軒丸瓦に遭遇しました。なんと、インテリアデザインとして重々しく壁面を飾っているではありませんか。そこは伝統料理のお餅を現代感覚で味わい、また贈答品としても購入できる店でした。宮廷料理伝承者で「無形文化財(人間国宝)」に登録されているパク・キョンミ先生と伝統料理の専門家であるアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷の「年暮る」

東京は渋谷区広尾にある山種美術館をのぞいてみました。現在開催中の特別展「没後15周年記念 東山魁夷と日本の四季」を見たかったからです。お目当ては「年暮(く)る」。年の瀬の季節感もさりながら、瓦展の余韻を楽しみたかったからでもあります。旧京都ホテルの屋上から眺めた祇園方面の冬景色。それは見事な「甍(いらか)の波」でもありました。展示図録(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示の見どころ、楽しみどころが「館長のページ」に載っています

夏季展示「紫金山と釈迦ヶ池-まもる自然・つくる環境」の見どころ、楽しみどころが「館長のページ」に掲載されています。少々長文ですが、4頁で21枚の写真がのっています。これを見て、大人たちがすこしでもこどもたちを連れてきてくれるとうれしいのですが。 http://www.suita.ed.jp/hak/kanchou/kanchou.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春季展もあと二日 千家十職釜師の講演と大大阪ジャズ大会のみ

春季展「近代趣味人の美意識ー第11代西尾與右衛門の世界」も残すところあと2日となりました。千家十職釜師の第16代大西清右衛門氏の講演「茶の湯釜の美と鑑賞」(5月31日(土)午後2:00~3:30)と「大大阪ジャズ大会」(6月1日(日)午後1:30~3:00)のみとなりました。 さる25日には中村昌生先生(京都工芸繊維大学名誉教授)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎訪問あれこれ

久しぶりの長崎。春節のお祝いムードのなかで博物館をかけめぐりました。出島、長崎歴史文化博物館、シーボルト記念館、長崎原爆資料館などです。すいはくHPの「長崎訪問記―出島と長崎歴史文化博物館」もご覧ください。http://www.suita.ed.jp/hak/kanchou/kanchou.html (アルプスの少年)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かやの外!?

先週金曜日、次号『博物館だより』の「館長インタビュー」のために大阪大学総合学術博物館を訪問しました。同館の館長、橋爪節也教授は大阪の近代美術史を専門とする碩学です。吹博の美術関係の展示では、講師をつとめていただくばかりか、いろいろアドバイスもしてもらっています。また、北大阪ミュージアム・ネットワークでも強力な支援を惜しまず、ミュージアム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

影武者の年頭所感

甲午の新年おめでとうございます。旧年中はお世話になりました。         <新芦屋古墳の副葬品馬具を復元したロビー展示> さて、今年のNHK大河ドラマは「軍師 官兵衛」です。戦国物に再帰ですね。企業戦士たちの関心をよぶこと、たぶん請け合いでしょう。その分、女性軍の支持を失うかもしれません。でも、主役の岡田准一は女性にも人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しめ縄作りのイベント

すこし前にFacebookにアップされた吹博アルバイト学生さんの感想がとてもよかったので、みなさまとシェアしたいと思います。(以下、写真付き引用) 今日は、アルバイト先の博物館で しめ縄作りのイベントが開催されました。 前日は材料のチェックと袋詰め、 当日はワラ叩き用の切り株(丸太)の運搬、受付、 材料のお渡し、お客さ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カフエーパウリスタ箕面店が移築され、豊中クラブ自治会館となり、10月に解体されます。

旧カフエーパウリスタについて高知新聞の記事が出ました。保存用部材の取り外しは月曜日(9月30日)から準備が始まるのかどうか未確認ですが、10月1日(火)には終わるようです。それからショベルカーやカニバザミなど重機による解体がおこなわれます。現場に行き、最後の姿を見届けようと思っています。ちかい将来、復元ができるといいのですが。  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

8月30日(金) 文化人類学講座 あんない

夏季展が終わった週の週末、中牧館長が浜屋敷で「カミとホトケの国・日本」という文化人類学講座の講師をなさいます。 まだ座席に余裕があります。浜屋敷に早めに申し込んでください。先着50名です。 夏季展プログラムはこちらから (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中牧館長が表紙を飾る!!

中牧館長が2013年8月31日発行の吹田市立男女共同参画センターだよりの表紙を飾っています。 このセンター便りは残念ながら吹田市のホームページからダウンロードできないみたいなので写真をアップします。 (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のお告げ

故米山俊直先生(京都大学名誉教授、元大手前大学学長、文化人類学)が夢にあらわれた。顔をつけるように至近距離で話をしていたら、目が覚めてしまった。夢のなかには畏友のKK氏やHK氏らがいて、貴人とおぼしき高貴な方がたもおられた。何やら御進講のような、密談のような、得体のしれない情景であった。 米山先生は行基展の映像で流れている。大手前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近鉄奈良駅の行基像に傘がさしかけられています

近鉄奈良駅の行基像は待ちあわせ場所として有名ですが、近頃、工事中でした。何の工事をしているのかと思いきや、どうも行基さまに傘をさしかけようということのようです。本日、その前をバスで通った友人が写真を届けてくれました。アーケード並みに雨をよける天井がついたようです。吹博の行基展の開幕に合わせるかのようなタイミングです。行基さまの功徳でしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千里ニュータウンの創世記と出エジプト記

ロケットスタート?!を切った行基展を気にかけながら、神話の里、宮崎に飛んできました。AJJ (Anthropology of Japan in Japan) という学会で千里ニュータウンのことを発表するためです。ピッツバーグのJAWS報告(*)をさらにバージョンアップして千里ニュータウンの神話物語を語ってきました。テーマは標題のとおりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行基展がはじまりました。ロケットスタートです!?

行基展の初日、何とか演示を終えて、無事スタートしました。解説プレートがひとつ、逆さまにおかれていたのはご愛嬌。中国の旧正月では「副」の字を逆さに張り付けたりします。「到福」といって転倒した福は「福が来る」という意味になります。もちろんすぐ直しました。 開会式には竹内忍一議長が駆けつけてくださり、「三世一身法」に言及し、それが行基の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日(20日、土)から行基展がはじまります

いよいよ明日(20日)から春季特別展「大僧正行基展 なぜ菩薩とよばれたか」がはじまります。目下、演示作業に大わらわです。唐招提寺からお借りした重文の行基菩薩像も無事安置されました。吹田市内のお寺から借用した資料もスタンバイしています。http://www.suita.ed.jp/hak/moy/moy2.html 初日は無料観覧日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいポスターを新しいボードに

行基展のポスターとチラシができてきました。展示は4月20日(土)から6月2日(日)まで開催されます。行基は吹田にも堀川を掘り、宿泊施設の布施屋をつくったと記録されています。行基は寺にこもらず、実践的宗教家として苦しむ民衆の救済にたちあがりました。弟子たちを率い、地元の人たちと協力しながら、橋や池をつくり、福祉施設や宗教施設をたてました。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

引越しの季節-続-

民博の梅棹資料室は図書室横に引っ越しの真っ最中です。資料室からアーカイブズへの格上げにともなう移動です。スペースは倍加し、サービスも向上するにちがいありません。万民にひらかれたアーカイブズになる日がたのしみです。 梅棹忠夫先生愛用の机や応接セットも所定の場所を確保しました。 (アルプスの少年)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館長連続講演会「暦とくらし-日本編-」

博物館階段上のハス池に薄氷が張っている1月19日午前10時 講座室はほぼ満席の80人が集まりました。 日本の新年はグレゴリオ暦にもとづいて盛大に祝う。こんな国は世界でもめずらしい。欧米ではクリスマス、また日本を除く東アジアでは春節(旧正月)のほうが重要である。最近の日本では、癒し系のカレンダーに人気があり、旧暦もスローライフがら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

館長連続講演会「カレンダーとくらし-世界編-」

中牧館長がはじめての館長講演会をひらきました。 お題は「カレンダーとくらし-世界編-」 中牧館長の民博時代の学生さんが友情出演。自分の国のカレンダーを説明しました。 左から金セッピョルさん(総研大院生/韓国)、 マリア・ヨトヴァさん(民博外来研究員/ブルガリア)、 曹建南さん(上海師範大学副教授、民博客員/中国)、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more