テーマ:私たちの活動

駐車場から吹博への案内表示が完成!

地域の小中学生の協力を得てつくった横断幕がお目見えです。駐車場からトンネルをぬけて吹博に至るルートはいっそうわかりやすくなりました。吹博は「トンネルの向こう」です。秋の特別展は8日(土)からはじまります。 (アルプスの少年)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学の「博物館展示論」で吹田市立博物館が取り上げられます(初回は6月1日20:45~21:30)

2016年度の4月から放送大学の「博物館展示論」(担当:稲村哲也教授、毎週1回、全15回)がはじまり、当館が地域密着型の博物館の事例として取り上げられます。吹博が登場するのは第8回の講義です。 8回目の講義のテーマは「歴史系博物館の展示-国立歴史民俗博物館と地方の博物館」です。その講義概要をみると「本章では、まず国立歴史民俗博物館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アイデアいっぱい!千里の一戸建て」展@千里ニュータウン情報館

南千里駅改札から徒歩30秒の千里ニュータウンプラザ内に「千里ニュータウン情報館」があるのをご存じでしょうか?ニュータウンに関する資料を集めている市の施設で、すいはくから「千里ニュータウン展」が飛び出したような施設ですが、こちらではただいま秋の特別展示「アイデアいっぱい!千里の一戸建て」をやっています。 約6,000戸ある千里ニュータウ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏展の準備がはじまっています

夏季展示「まもる自然・つくる環境―こんなのみつけたよ」の準備が本格的になっています。土曜日(18日)がオープンです。今日(15日)は外看板の据え付けが完了し、台風への備えも講じました。 一方、講座室では展示の準備が着々と進んでいます。すいはくにレストランがオープンし、チョウや鳥たちがやってくるという画期的なこころみです。 す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館で吹きまくった風が…!(@千里ニュータウン情報館)

またこの場をお借りして、お知らせです。というか、博物館で火がついた市民の「愛吹精神」(っていうの?)は、こんなところにも進出しているというお話。 阪急南千里駅の改札から歩いて30秒、「千里ニュータウン情報館」があります。改札を出て左、「千里ニュータウンプラザ」の建物に入って、改札と同じフロアの左奥。千里ニュータウンのことがかなりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「千里キャンドルロード2014」は今週土曜(11/8)!

すいはくを席巻したニュータウンの市民パワーが、今年もすごい景色を作ります!千里ニュータウンの人口にちなんだ90,000本のキャンドルを公園にともす千里キャンドルロード!今年は千里南公園!(去年と違うので気をつけてね)点灯時間帯は16:00~20:00ごろです。見るだけじゃなくて「キャンドルを並べたい!」「つけたい!」という方はできるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FM千里「馬場章夫のぼらぼら千里」の取材がありました。放送は8日(土)10:00~13:00です。

MBSラジオのかつての長寿番組「ごめんやす馬場章夫(ばんばふみお)です」で人気のあった馬場さんが本日(5日)、吹博に取材に来られました。いまはFM千里の番組「馬場章夫のぼらぼら千里」を10月から担当されています。3時間近く吹博に滞在され、特別展示、常設展示を観覧し、収蔵庫も見てもらいました。市民実行委員会によるニュータウン展や万博展、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫金山自然観察会

8月12日10時から紫金山自然観察会(野鳥・植物)がありました。 講師は吹田野鳥の会幹事の平(ひら)軍二さん 11組17人(うち子ども7人)の申込みがあり、当日参加と実行委員など合計25人の観察会でした。 (おーぼら) 2014年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示、開幕まであと3日

展示の準備が進んでいます。イノシシをはさんでタヌキとキツネ。ばかされないように。 釈迦ヶ池のカモ猟のコーナーもあります。 塩田さんの昆虫標本もならびます。 その塩田さん人形と林さん人形が出番を待っています。 ネズミもいますが、ネコはいないので、その手を借りることはできません。人の手を! (アルプスの少年) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示の準備、着々進行

夏季展示の準備が伊藤委員長を中心に着々と進んでいます。開幕まであと一週間。チラシの配布がほぼかたづき、つぎは看板の設置や展示資料の搬入など、まだまだ多くの作業が待ち受けています。 今回の展示は足元の紫金山と釈迦ヶ池を中心に、あらためて自然と環境をかんかえてみることにあります。すいはく建設時のボーリング調査で採掘した地層のサンプル、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J:COM吹田 博物館とボランティア

J:COM吹田の「お元気ですか!市民のみなさん」で「博物館とボランティア」の特集が放映されています。吹博の「むかしのくらしと学校」がとりあげられています。期間は2月1日(土)から10日(火)まで。午後3時と10時の2回、放映されます。吹田市の公式ホームページからは随時見ることができます。http://www.city.suita.o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展のボランティア募集中

吹田市立博物館では夏休み期間中に「吹田の自然・環境」をテーマにした展示の企画運営を行うボランティアスタッフ(市民実行委員)を募集しています。展示の内容を考えたり、イベントを企画・実施したり、と幅広く市民の方に取り組んでいただいています。自然や環境問題(社会環境を含む)に興味を持っている方、博物館で展示をしてみたい方、イベントのアイデアを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇団にのいち「こぶとりじいさん-博物館バージョン-」

劇団「にのいち」が公演しました。 2006年6月28日『わが家にバスオールが来た日』 2009年8月29日『すいたくわいが 笑った!』 2010年6月30日『暗くなるまで待って! 飛べないヒメちゃんが輝く日』 2012年3月31日『逃げていった子』 2012年8月26日『ええもん見~つけた!~山田さんちの半世紀~』 につ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山手子ども会が博物館を見学に来ました

7月23日、子供会50名が夏季展示を見学に来ました。 厚紙とんぼ、ヘリコプターやストローとんぼを作ったり 釣り堀で魚釣りしてたっぷりと楽しんでいました。 展示室には琵琶湖、淀川、大阪湾の魚がおよいでいる釣り堀があります。 夏季展プログラムはこちらから (T.Ogawa  おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季展示開幕しました!

夏休みになった7月20日、夏季展示が開幕しました。 夏季展プログラムはこちらから 井上哲也市長のあいさつ 博物館ではここ数年毎年、企画の段階から市民が参画して、吹田の自然や環境をみなさんにわかりやすく展示してきました。今年はあそびをテーマにしました。 公募に応じた19人の市民委員のみなさんが企画し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏季展示の準備が進んでいます。

展示室では説明用パネルの作成と平行して展示の準備が進んでいます。 開幕まで24時間を切りました。 大階段の下では恐竜のお絵かきちゅーです。 夏季展プログラムはこちらから (団塊の婆)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月20日から夏季展示がはじまります

15日 海の日 夏季展の3枚の看板をつくりました。 1枚目は展示室前の室内用です。 完成後、現場につるしました。 1階資材置き場から先日まで使われていた行基展の看板を講座室にもってきて表紙の貼りかえをしました。 2枚目は五月が丘側の博物館入り口用の看板です。 3枚目は博物館正面階段下に設置し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

復興支援すいた市民会議 3.10JR吹田駅サンクス広場で

吹田市内のNPOや多くのボランティア団体が「復興支援すいた市民会議」を作っています。 昨年11月18日に吹田市立博物館で開いた東日本復興支援チャリティーコンサートは大好評でした。 震災から2年目を前にして3月10日JR吹田駅前サンクス広場で 東日本復興支援チャリティーイベントを開きます。 主催は「復興支援すいた市民会…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2012年秋季展実行委員会が解散!

12月22日、2012年秋季特別展『ニュータウン半世紀展-千里発・DREAM-』の会計監査が完了して、実行委員会の打上げ会が今夜ありました。実行委員会の解散式でもあります。 二次会はおきまりの・・・ 午前1時になっても館長は歌ってたと・・・やら。 (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

団地のドアは国電生まれだった!(最終日発掘話)

「ニュータウン半世紀展~千里発・DREAM」は11月25日(日)で終わりましたが、最終日、びっくりするような話が出てきました。最後のお客様は東大阪にある鉄道車両メーカーの大手、近畿車両にお勤めだった方。この方が「団地のドアは一時期うちが全体の8割ぐらい作ってました」と貴重な証言をしてくださいました! 同じ型の大量のドアを同時に制作…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東日本復興支援チャリティーコンサート

すいはく20周年記念東日本復興支援すいた市民会議(復吹会:ふくすいかい)が 宮城県と山形県のいも煮をしました。とても美味しくて200食が完売しました。 エコおもちゃ作り市民塾も出展しました。 東日本復興支援すいた市民会議は市内のボランティア団体の連合体です。社会福祉協議会を含めNPOや任意団体の20近くの団体で構成されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売新聞(11/2夕刊)で紹介されました!

これまでいろ、いろ、いろ、いろ、メディアに紹介されている「ニュータウン半世紀展」ですが、また紹介していただきました!(画像をクリックすると大きくなります)●記事の前半、「大きな本」の活動は11/3に講演していただいた太田博一さんも加わっているユニークな活動です。中心になっているのは阪大グループ+新千里東町の皆さん。 ●そして記事の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ニュータウン半世紀展」の図録ができました!

じゃ~ん!遅くなりましたがようやくできました!ニュータウン50年間のDREAMがいっぱいの図録です!表紙のデザインはA画伯アレンジによる1962年当時流行った「シャーベット・トーン」でございます。これをガイドに展示を見るとさらに楽しい!博物館受付で1部150円で販売中… (by okkun)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千里ニュータウン半世紀展をみれば縄文がわかる!?

千里ニュータウン半世紀展のチラシデザインや展示でご協力をいただいている安芸早穂子さんが、青森県の縄文ファンサイトに連載されているエッセイ「縄文探検に連れてって!」で、この度の展覧会について書いてくださいました! ↓ 第51回 台地にかえった日本人?―ニュータウンを遺跡化するー 2012年10月17日
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私たちには明日しかない!(神戸女子大バージョン)

10/13から始まる「ニュータウン半世紀展~千里発・DREAM」。 毎回繰り返される「俺たちには明日しかない!」の追い込みですが、展示場でA画伯がとんだりはねたり奮闘しているころ、西へ40km離れた神戸須磨では、神戸女子大チームが平清盛よろしく天下統一の野望を胸に、DREAMいっぱいの団地模型製作に必死のぱっちで合宿状態なのであり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

開幕まであともう4日・・・果たして間に合うか!?「ニュータウン半世紀」展

ご無沙汰してました。展示部会のZです。 オープンまで一週間となった先週末の博物館での模様をお届けします。 <「さわる」展の展示品が撤去された会場> この空間がどのように変貌を遂げるのか、乞うご期待。 <バスオールはいまこの場所に> めいぎゃるさんがリポートしてくれた「帰ってきたバスオール」。 実際に、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more