テーマ:イベント報告【終了】

すいはく初 大フィル演奏会

春の特別展イベントとしてきょうは 大阪フィルのメンバーによるスペシャル・コンサート 出演/大阪フィルハーモニー交響楽団メンバー      ヴァイオリン:崔文洙氏  須山暢大氏      ヴィオラ:木下雄介氏      チェロ:近藤浩志氏 演奏曲目は ドホナーニ(1877~1960)/弦楽三重奏のためのセレナーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成31年度(2019年度)春季特別展開幕

平成31年度(2019年度)春季特別展 音楽家 貴志康一 生誕110年~吹田に生まれた若き天才~ 4月27日(土)午後1時 開幕しました。 【第一部】開会式・コンサート 「貴志康一の生涯と音楽」   出演:アンサンブル・ステッラ       歌:隈本由紀子氏 山崎芳智子氏       ピアノ:中村いく子氏 隈本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春館長講演会「元号と紀年法」(1/6)

暦の研究は中牧カンチョーの分野のひとつ。すいはくの新春を告げる(カレンダーがもらえる)講演会も毎年おなじみになりましたが、今年は特別!「あらかじめ改元が決まっている年」で、ひょっとしたら新元号に関する予想なりコメントが聞けるのでは…?という淡い期待で集まった人もいたのかどうか?講座室は満員!の慶ばしいスタートになりました。 「そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お祭り広場」って何だろう?一大阪万博秘話

2017年、大阪万博から47年目の文化の日。 万博のお祭り広場の設計をなさった上田篤先生の講演がありました。 はじめに中牧館長が(祭りのはっぴを着て)上田先生の紹介を兼ねたあいさつ 上田先生は お祭り広場の設計で有名だがそれだけではない、 たくさんの発見や発明がある例えば、・「五重塔はなぜ倒れないか」を解明された ・…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

春季特別展 開幕 最初の講演会

2016年度春季特別展「“田園都市”千里山~大正時代の理想郷~」 最初の講演会がありました。 演者は神戸芸術工科大学 名誉教授・坂本勝比古さん   お題は「田園都市と阪神郊外住宅地」でレッチワースがどのようにして始まったのか。 そして阪神間の住宅地のコンセプトへ。   (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウム「来場者による大阪万博の経験と長期記憶」

吹田市立博物館 平成27年度 シンポジウム  全日本博物館学会 2015年度 第8回研究会 「来場者による大阪万博の経験と長期記憶」 開会挨拶 吹田市立博物館 館長 中牧 弘允 趣旨説明 全日本博物館学会 委員      吹田市立博物館 学芸員 五月女 賢司 「来場者による大阪万博の経験と長期記憶」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年 観梅会

博物館3階庭園で観梅会開催に先立ち、13時から講座室で講話がありました。 ◆講話 「梅と日本文化」 中牧弘允館長 まず「春」の定義から。 「春とは何ですか?」と問われたらどのように答えるのが正しいのでしょう? 春を決めるのに太陰太陽暦、二十四節季、天文学、気候学に基づく四つの方法があります。 ●太陰太陽暦いわゆる旧暦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みアニメ名曲コンサート

13時半から講座室で紫金山ポップスオーケストラの 「夏休みアニメ名曲コンサート」がはじまりました。 ◆ アンパンマンのマーチ ◆ 夢をかなえてドラえもん ◆ ミッキーマウス・マーチ ◆ 小さな世界 ◆ 「アナと雪の女王」より『ありのままで』 ◆ 「耳をすませば」より『カントリー・ロード』 ◆ 「紅の豚」より『アド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びわ湖環境クルーズ発表会

2015年の夏季展最後のイベントです。 7月28日(火)におこなった「びわ湖クルーズ」に参加した児童がその学習成果を発表しました。   しっかりとポイントをおさえた発表をしていました。 (おーぼら)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子工作 竹ブロックの立体お絵かき

8月21日(金) 10時からと13時半からの2回、SA吹田おもちゃ作り部会のみなさんが4才~小学6年生を対象にした「夏休み 手作り教室」を開きました。   (おーぼら きょーちゃん) 2015年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森のクラフト

8月19日(水)講座室で午前と午後の二回、森のクラフトをしました。 吹田市内に自然が少なくなっています。 しかし 公園にある松の実(マツボックリ)やナンキンハゼの白い実などちょっと気をつけて見ると私たちのまわりには、気づかないままの自然がたくさんあります。 そんな木の実や草を使って工作するといろんなものが作れます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆめはく」が「すいはく」に

8月19日 兵庫県立人と自然の博物館の移動博物館車「ゆめはく」が「すいはく」に来ました。 (おーぼら きょーちゃん) 2015年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田市内の標高5mを歩く

8月16日(日)9:30から11:30の間 市民の目で吹田市内の標高5mを確かめ、減災に活かしましょう ということで 江坂から江坂大池小学校→玉の井公園→垂水神社→ 雉子畷ほ碑→上之川の旧水路跡→リーサイド豊津→ 泉殿宮→旧吹田街道→高浜橋北詰へと約5kmを歩きました。 南海トラフを震源とする巨大地震に伴う津波や 安威…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しく学ぼう!「なにわの伝統野菜」

7月26日(日曜)13時半から講座室で元大阪府食とみどりの総合センター主任研究員の森下正博さんが 「なぜ”伝統野菜”なのか」という講演をしてくださいました。 子どもたちにもわかりやすい説明でした。 (おーぼら) 2015年 夏季展プログラムはこちらから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会「シルクロードの旅 敦煌・タクラマカン砂漠を行く」

7月19日14時から講座室で日本地質学会評議員の芝川明義さんに 「シルクロードの旅 敦煌・タクラマカン砂漠を行く」というお話をしていただきました。一昨年2013年10月のおはなしでした。 講座室には熱心な聴衆80人が耳を傾け、美しいスライドをながめて旅をした気分になりました。 タクラマカン砂漠を反時計回りに移動しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水寺・森清範貫主の講演会「見える命・みえないいのち」

5月31日午後2時、講座室は満員で玄関ロビーの椅子も満席。 聴衆は職員や市長を除いて175人でした。      はじめに後藤市長と中牧館長のあいさつに続いて森清範貫主の講演がありました。 毎年「今年の漢字」を書いてるので有名ですが、マスコミでは背中しか写ってないのでお顔をじっくり拝見するのははじめてでした。 森貫主も…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

菩薩顔のメイクと仏像のコスプレ

5月10日(日)、午後1時から「三十三間堂プロジェクト∞」というワークショップがはじまりました。講師のTETTAさんの仏像解説は如来、菩薩、明王、天部について女性の美術作家ならではのイラスト画像にもとづくものでした。TV番組やマンガのモデルとなった仏像の紹介は意表を突かれた感じでした。たとえば、ウルトラマンやセーラームーン、ゴセイジャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回博物館・お花見コンサート 2015年春季特別展プレ・イベント

4月5日(日)13時から2015年春季特別展プレ・イベントとしてお花見コンサートが開かれました。 第1部      お花見コンサート・プログラム           ●メィ・ウククレレアンサンブル ◇さくらさくら(ウイウレレ2重奏)・・・・・・・・・・・・・・・・・日本古謡 ◇聖者の行進(ウノレレ3重奏)・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山折哲雄氏の講演会(報告)

3月14日(土)、山折哲雄先生(国際日本文化研究センター名誉教授、元所長)の講演会が吹博講座室で開かれました。170の椅子席がほぼ満杯の盛況ぶりでしたが、講演内容も盛りだくさんでした。先生は印相の結び方から説き起こし、神像の文明比較をおこない、日本の仏像や神像の特徴について論じられました。それによると、ギリシャ、インド、中国では神々は肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演「東アジア瓦の歴史」

10月4日(土)13時からの開会式につづいて14時から帝塚山大学附属博物館館長の清水昭博さんの講演がありました。 講演の内容は「瓦の歴史」なかでも 軒平瓦(のき ひらがわら)と軒丸瓦(のき まるがわら)の歴史。 瓦は3000年前の中国ではじまった。はじめは平瓦ばかりで瓦の間からの雨漏りを防ぐため瓦の間の隙間に平瓦を反対に置い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンゴムシ迷路とヒメボタル紙芝居

8月6日(水)、木製のダンゴムシ迷路に本物のダンゴムシをいれ、迷わず出れるかどうかを実験しました。講師は吹田自然観察会の高畠耕一郎さんです。夏季展示の実行委員でもあります。今日一日で、親子連れが70名ほど参加されました。3階のダンボール製のダンゴムシ迷路は子どもたちの人気の的です。 明日、8月7日(木)には吹田ヒメボタルの会による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会「紫金山の植物」

海の日の午後、講座室では神戸大学名誉教授の武田義明先生が「紫金山の植物」を語ってくださいました。 まず紫金山の航空写真をみると 戦争中、紫金山の山から燃料として木々が伐採されていたことが考えられ 戦後まもなくの1948年にはまばらな木が写っています。13年後の1961年でも地面が見えています。しかしその後は燃料として伐採することが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリメンモンスターをさがそう

7月20日13時半から講座室で体験講座「チリモン探して大阪湾の生き物について学ぼう」がありました。 講師は大阪自然環境保全協会から11人のみなさん。 4歳以上の30人が参加しました。 付き添いの大人23人、幼児2人 チリメンモンスターの名前のいわれ=ちりめんじゃこに混じったイワシ類の魚以外の総称=を説明しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春季展「近代趣味人の美意識」が開幕 貴志康一の歌曲とともに

春季展「近代趣味人の美意識ー第11代西尾與右衛門の世界」が開幕しました。井上市長、館長、豊田議長の挨拶のあと、渡嘉敷議員などの紹介もありました。梶谷教育長も参列されました。展示場では旧西尾家住宅の藤原館長が解説をおこない、おおくのひとが詰めかけました。 オープニングイベントは「寺本郁子 貴志康一の歌曲を歌う」でした。まず音楽ライタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館 第8回 お花見コンサート

第8回 お花見コンサート 第1部 ●メイ・ウクレレアンサンブル ◇春の小川 ◇朧月夜 ◇峠の我が家 ◇涙そうそう(フラ) ◇カイマナヒラ(フラ) ●メイヒル男声合唱団 ○羽生の宿 ○おお牧場は緑 ○おおスザンナ ○アニー・ローリー ○おおブレネリ ○宇宙船間大和 ○花 会場に入りきれない人がロビーに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more