講演「東アジア瓦の歴史」

10月4日(土)13時からの開会式につづいて14時から帝塚山大学附属博物館館長の清水昭博さんの講演がありました。
画像

講演の内容は「瓦の歴史」なかでも 軒平瓦(のき ひらがわら)と軒丸瓦(のき まるがわら)の歴史。
画像

瓦は3000年前の中国ではじまった。はじめは平瓦ばかりで瓦の間からの雨漏りを防ぐため瓦の間の隙間に平瓦を反対に置いていた。それでは多くの材料が必要となるため、紀元前1000年ころ西周の時代に丸瓦が作られた。
江戸時代に丸瓦と平瓦を一枚にした桟(さん)瓦が作られ今日に至る。
画像

軒部分の瓦の形は紀元前は半円形だった。紀元前から後にかけて軒部分が丸瓦になった。そこのデザインが時代によって流行が変わっていった。
画像

漢の時代には漢字がデザインされていた。6世紀、南北朝時代に中国に仏教が入ってくるとロータス(蓮)のデザインになり、その後動物(龍)も出てきた。しかし朝鮮半島にはロータス(ハス)模様のみ伝わった。しかし高句麗、新羅、百済で異なる進化をしている。
画像

その後当然日本にもハスのデザインが伝わった。538年仏教が日本に伝わり、50年後の588年に日本で最初に作られた飛鳥寺にある平隆寺の瓦は百済から来た技術者(瓦博士)4人が飛鳥で作ったとのこと。
(ちなみに、その後660年に百済は(唐と新羅連合軍に大敗し)滅びたため百済からの大量移民が日本に来たと思われる。その中に瓦職人も大勢いたことが考えられる。)
画像

ハスの花びら(花弁)の形が時代とともに単なる花びら=素弁・単弁=から(ひとつの花びらに二つの花びらが入るなど)複雑に=複弁=なっていき、平安時代からは、周囲にポツポツした点が連続する朱文(しゅもん)が現れてきた。(朝鮮では671年からの統一新羅の丸瓦に見られる。)
(複弁ができる頃百済が滅びた。複弁を作ってた職人が移民してきて、飛鳥で複葉の丸瓦を作ったのではないだろうかと演者の清水さんは考えているそうです)
ロータスのデザインは鎌倉時代になると巴(ともえ)のデザインになり、大仏殿では漢字で「東大寺大仏殿」と銘文が刻まれている。←展示室で確認してください。

以上、たかが瓦、されど瓦といった講演会でした。

(おーぼら)  思い違い、誤解による誤記があればお知らせください。

五本指の黄龍

帝塚山大学附属博物館から借用した一片の瓦―五本指(爪)の黄龍。正式には黄釉(おうゆう)龍文(りゅうもん)軒平瓦(のきひらがわら)といいます。これが本ブログのデザインとなっています。展示場ではおなじ黄釉龍文の軒丸瓦(のきまるがわら)と一緒に並びます。
画像


この龍はただの龍ではありません。五本指で、黄色です。五本指の龍は皇帝のシンボルです。瓦であっても皇帝の建物以外に使用されることは原則、禁止されています。そのため、中国では龍のデザインは皇帝に関するもの以外、指は3本か4本です。ちなみに日本では3本、韓国では4本だそうです。

では黄色い龍は何を意味するのでしょうか。陰陽五行説では東西南北はそれぞれ青、白、赤、黒に配されます。それに動物があてられ、青龍、白虎、朱雀、玄武となります。これが四神です。高松塚古墳の壁画にはこれらの四神(ししん)が描かれています。そして、黄龍は四神の真ん中に陣取ります。五行思想では五色の中央は黄色です。したがって、黄龍は四神の長ともいわれ、中央を守るのが任務です。

陰陽五行思想の五色がなぜこのような配置になるのか、地質学者や土壌学者による興味深い学説があります。詳しくは秋季特別展の『展示図録』にゆずりますが、五色は中国の地質(土壌)と関係があるといいます。すなわち、中央は黄土(こうど)平原を支配する皇帝を意味し、黄龍で象徴されるというわけです。

ちなみに、東の青龍は東シナ海、ないし青色を示す鉄分の多い土壌が想定され、西の白虎は西域の砂漠の砂の色、あるいは石灰質の白色の色とされます。他方、南の朱雀はテラロッサとよばれる赤土であり、玄武岩の語源ともなった北の玄武はモンゴル草原の枯死した有機物で構成される黒色土です。

このように、陰陽五行説には中国の地質学的世界観が潜んでおり、黄龍の瓦片もそうした脈絡で解釈する必要があるようです。

10月4日(土)には13時から開会式と館長・学芸員による展示場案内、それから帝塚山大学附属博物館の清水昭博館長による講演会があります。なお、この日は無料観覧日となっています。
http://www.suita.ed.jp/hak/moy/moy2.html
(アルプスの少年)

秋季展示に大阪城の金の鯱がお目見えします

秋季展示「一片の瓦からー東アジアにふれる」が10月4日(土)からはじまります。それにむけて、いちはやく大阪城の金の鯱(しゃち)と唐招提寺の鴟尾(しび)が収蔵庫に搬入されました。いずれも原寸大のレプリカですが、鴟尾のほうは約200kgと推定される重量級の資料です。

金の鯱といえば名古屋城のものが有名ですが、大阪城の天守閣にも金の鯱が睨みをきかせているのをご存知でしょうか。もともと秀吉が築造した大坂城には金色に輝く鯱瓦が大天守を飾っていました。平成8年(1996年)に修復されたとき、現在の鯱がつくられました。実物は青銅製の鋳物に金箔を貼り付けたもので、金箔が三度押しで3360枚も使われています。

展示の資料は2010年の上海万博の大阪館でも飾られていました。その記憶があったので、今回の展示会にも大阪城天守閣からお借りすることになりました。一対の鯱は阿吽(オスとメス)の形をしており、借用の資料は口を閉じた吽(メス)のほうです。鯱は火伏の意味があるとともに魔よけでもあります。
画像
            上海万博に展示された大阪城の鯱(複製)

同様のことは鴟尾についても言えます。唐招提寺の本物の鴟尾は国宝です。最初に見たのは高校の修学旅行の時でした。「紅顔の美少年」の頃でした。まさかそのレプリカを年老いてお借りすることになるとは夢想だにしませんでした。しかし、古代における魔よけの瓦のイメージはもちつづけました。
画像
             唐招提寺の鴟尾(複製)

展示のねらいは瓦をとおしてふれる東アジア世界です。金の鯱と古代の鴟尾がその導入役を果たしてくれることを願っています。追々、瓦の記事を掲載いたします。瓦がモノを言う世界がひらけてくるはずです。ご期待ください。

(アルプスの少年)

夏季展示の見どころ、楽しみどころが「館長のページ」に載っています

夏季展示「紫金山と釈迦ヶ池-まもる自然・つくる環境」の見どころ、楽しみどころが「館長のページ」に掲載されています。少々長文ですが、4頁で21枚の写真がのっています。これを見て、大人たちがすこしでもこどもたちを連れてきてくれるとうれしいのですが。
http://www.suita.ed.jp/hak/kanchou/kanchou.html
画像

(アルプスの少年)

2014年 夏季展プログラムはこちらから

ダンゴムシ迷路とヒメボタル紙芝居

8月6日(水)、木製のダンゴムシ迷路に本物のダンゴムシをいれ、迷わず出れるかどうかを実験しました。講師は吹田自然観察会の高畠耕一郎さんです。夏季展示の実行委員でもあります。今日一日で、親子連れが70名ほど参加されました。3階のダンボール製のダンゴムシ迷路は子どもたちの人気の的です。
画像

明日、8月7日(木)には吹田ヒメボタルの会による「ヒメボタル紙芝居」があります。13:00,14:00,15:00の3回で、各回約30分。場所は2階の講義室です。
展示場にはヒメボタルの大型模型があり、ボタンを押すとお尻が点滅します。
画像

(アルプスの少年)





夏季展示がJ:COMでとりあげられています

J:COMの「お元気ですか!市民のみなさん」で夏季展示のオープニングイベントが「吹田のトピックス」のひとつとして取り上げられています。放送時間は昼の3時と夜の10時です。8月10日まで。

吹田市のホームページの動画配信チャンネルならいつでも見れます。
http://www.city.suita.osaka.jp/home/movie.html
博物館夏季展示「紫金山と釈迦ヶ池―まもる自然・つくる環境―」・オープニングイベント(7月19日~8月24日市立博物館)

(アルプスの少年)

2014年 夏季展プログラムはこちらから


「ゆめはく、虫いろいろ」でヘラクレスオオカブトやモルフォチョウがやってきます!

こどもたちに大人気のヘラクレスオオカブトやモルフォチョウがすいはくにやってきます。ひとはく(兵庫県立人と自然の博物館」の移動博物館車「ゆめはく」が7月29日(火)にはるばる三田から来館です。時間帯は11:00~16:00です。
画像
画像

今回はカブトムシやクワガタ、モルフォチョウなどと出会うことができます。
画像
画像

スズメバチの模型も見るだけでなく、遊ぶことができます。
画像

(アルプスの少年)

講演会「紫金山の植物」

海の日の午後、講座室では神戸大学名誉教授の武田義明先生が「紫金山の植物」を語ってくださいました。
画像
まず紫金山の航空写真をみると
戦争中、紫金山の山から燃料として木々が伐採されていたことが考えられ
画像
戦後まもなくの1948年にはまばらな木が写っています。13年後の1961年でも地面が見えています。しかしその後は燃料として伐採することがなくなり最近の写真ではうっそうとした森になってきています。

紫金山はコバノミツバツツジ(小葉の三つ葉つつじ)が満開になったとき全山が紫色に染まることから名づけられたとの説があります。
画像
しかし木々、特に常緑樹が繁ると低木のツツジに光が当たらず花を咲かせなくなります。
1995年ころには紫金山のコバノミツバツツジがほとんど咲かなくなりました。
画像
そこで紫金山みどりの会という民間団体が行政(公園課)と協働して1998年から紫金山公園で里山管理を始めたことで最近は数多くのコバノミツバツツジが美しく咲くようになってきました。

それでも紫金山公園から消えていった植物がアキノキリンソウやイチョウウキゴケなど数種類あります。
画像
逆に外来種がどんどん紫金山に入ってきています。ナルトサワギクといった特定外来植物も見るようになっています。

(おーぼら)

2014年 夏季展プログラムはこちらから

チリメンモンスターをさがそう

7月20日13時半から講座室で体験講座「チリモン探して大阪湾の生き物について学ぼう」がありました。
画像

講師は大阪自然環境保全協会から11人のみなさん。
画像

4歳以上の30人が参加しました。
付き添いの大人23人、幼児2人
画像

チリメンモンスターの名前のいわれ=ちりめんじゃこに混じったイワシ類の魚以外の総称=を説明しました。
大阪湾でちりめんじゃこをどのようにして捕ってるかという約7分間の映画をみてから実習が始まりました。
画像

イワシ以外の見つかった生き物をスタッフが板書していきました。
画像

夏休みの宿題のひとつが完成しました!!

(おーぼら きょーちゃん)

2014年 夏季展プログラムはこちらから


夏季展示はじまりました

2014年の夏季展示が佐井寺中学校吹奏楽部のファンファーレではじまりました。
画像


館長が挨拶しました。
画像


市長、議長、実行委員長が挨拶しました。
画像


展示室へ
画像


実行委員長と館長が展示の説明をしました。
画像


14時から屋外で佐井寺中学校吹奏楽部の演奏がありました。
画像


14:45から展示室でくり抜き水路の入り口近くにお住まいの中方敏夫氏がくり抜き水路の成り立ちや、釈迦が池との関連など、古老としての思い出などお話ししてくださいました。
画像


開会のファンファーレ      JOY  ←前列のパフォーマンスは一年生部員です。

(おーぼら)
2014年 夏季展プログラムはこちらから

夏季展示、開幕まであと3日

展示の準備が進んでいます。イノシシをはさんでタヌキとキツネ。ばかされないように。
画像

釈迦ヶ池のカモ猟のコーナーもあります。
画像

塩田さんの昆虫標本もならびます。
画像

その塩田さん人形と林さん人形が出番を待っています。
画像

ネズミもいますが、ネコはいないので、その手を借りることはできません。人の手を!
(アルプスの少年)


2014年 夏季展プログラムはこちらから

夏季展示の準備、着々進行

夏季展示の準備が伊藤委員長を中心に着々と進んでいます。開幕まであと一週間。チラシの配布がほぼかたづき、つぎは看板の設置や展示資料の搬入など、まだまだ多くの作業が待ち受けています。
画像

今回の展示は足元の紫金山と釈迦ヶ池を中心に、あらためて自然と環境をかんかえてみることにあります。すいはく建設時のボーリング調査で採掘した地層のサンプル、紫金山に咲く野草の数々、飛び交う蝶や野鳥、あるいはタヌキやイノシシなど、自然史博物館のような気分をちょっぴり味わえるはずです。

釈迦ヶ池の樋開けの映像も撮影しました。また折々の空中写真から紫金山周辺の環境の変化をさぐります。ヒメボタルが点滅する模型も完成しました。吹田くわいも大阪の伝統野菜に仲間入りして別の顔をみせるはずです。

ロビーではダンゴムシ迷路を設置し、こどもたちに楽しんでもらいます。イベントも連日のように盛りだくさんです。
http://www.suita.ed.jp/hak/moy/moy1.html

市民に子連れで楽しんでもらえるよう、開幕(夏休み)までもうひとふんばりです。
(アルプスの少年)

今年の「さわる展」、千里ニュータウンの資料を中心に開幕

「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」が今年も開催されています。千里ニュータウン関連の資料と仏像・楽器が特別展示場にはならんでいます。バスオールを体験する人、むかしのタイプライターを打つ子どもたち、楽器であそぶ来館者、いろいろです。また、展示物が「市報吹田」やニュータウンの新聞でどう取り上げられたかを知ることもできます。
画像

画像

画像

14日には各種の団体による「わくわく体験」も催されました。
画像

関連記事は「館長のページ」にも載っていますので、ご覧ください。
http://www.suita.ed.jp/hak/kanchou/kanchou.html
(アルプスの少年)

テレビ東京の取材―たけしのニッポンのミカタ

テレビ東京に「たけしのニッポンのミカタ」という番組がある。といっても、見たことはない。本ブログにのっている大阪万博のユニフォームに関する記事を見て、すいはくに取材の申し込みがあったのだ。電話を受けた学芸員のはからいで、紆余曲折の末、番組の企画がとおり、本日、録画撮りがおこなわれた。すいはくのPRになることを願って、ミニスカートの万博ユニフォームについて解説をしたのだが、どんな編集をされるやら。

放映予定日は7月11日(金)の夜10時から。テレビ大阪などテレビ東京系の全国ネットで。文字どおり、ご笑覧あれ。
(アルプスの少年)

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」と吹田氏

先週織田信長に対して謀反を起こした荒木村重が、妻子を残して有岡城を脱出し尼崎城に入ったところが放映されました。平成21年度秋季特別展「北摂の戦国時代」で紹介したように、このとき城の女性たちの警護のために残ったのが吹田氏です。

吹田氏は信長配下の高槻城主和田惟政に元亀2年(1571年)滅ぼされました。その後、荒木村重の弟が吹田因幡の娘をめとって吹田村氏を名乗りました。村重が謀反を起こし、有岡城を脱出して、有岡城が落城したため、信長は見せしめとして村重の妻をはじめとする一族を京で処刑しました。このとき、城を守っていた吹田村氏とその妻(吹田因幡の娘)も処刑されたのでした。まだ、20才と16才の若い二人でした。荒木氏とつながることで命脈を保っていた吹田氏は滅亡してしまったのです。8日(日曜)は処刑のことが放送されると思います。吹田氏のことは出てこないとは思いますが、吹田氏に思いをはせて見ていただけたらと思います。
(I)

春季展もあと二日 千家十職釜師の講演と大大阪ジャズ大会のみ

春季展「近代趣味人の美意識ー第11代西尾與右衛門の世界」も残すところあと2日となりました。千家十職釜師の第16代大西清右衛門氏の講演「茶の湯釜の美と鑑賞」(5月31日(土)午後2:00~3:30)と「大大阪ジャズ大会」(6月1日(日)午後1:30~3:00)のみとなりました。

さる25日には中村昌生先生(京都工芸繊維大学名誉教授)による講演「数寄者の住まいと西尾家について」がありました。旧西尾家の家屋は二階建てではあるが、そびえたつようにではなく、環境に溶け込むようなたたずまいを心がけていて、これが数寄者の思想(美意識)であると指摘されました。また、町屋大工の成熟期は明治・大正・昭和初期にあたり、その時代の大工技術を世界無形文化遺産に登録したいものだ、とアピールされました。和食にしても大工技術にしても、危機的状況にあるようです。夏季展の副題は「まもる自然・つくる環境」ですが、「まもる技術・つくる建物」という発想も大切だと感じました。伊勢神宮の式年遷宮はまさにその好例ですが、古民家にもあてはまるとおもいます。

中村先生の講演のあと、西尾和子さんと西尾祥子さんも交え、応接室で歓談のひとときをすごしました。
画像

(アルプスの少年)