人生の最大幸福の出会い: 小松さんとわたし(11)

画像小松さんには、公私ともに本当にお世話になりました。仕事の場や酒の席で、いろんなお話も聞かせていただきました。
それらを思い出すたびに、 「優しい人だったなあ」「親切な人だったなあ」、そして「ヒューマニストだったなあ」「ロマンチストだったなあ」と、感慨が広がります。

我が人生の最大幸福は、心から尊敬できる人を複数持てたことだと思っておりますが、小松さんはその筆頭となる方です。ありがとうございました。 

写真は、1983年10月 星新一さんの「ショートショート1001編をねぎらう会」にて     

(かんべ むさし)

"人生の最大幸福の出会い: 小松さんとわたし(11)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント