鮭の薫製

画像
昨日(6/1)、H師匠のもとに、白老アイヌ民族博物館学芸のNさんより、先日のお礼のサケの薫製が届きました。

Nさんからの手紙
「この冬はけっこうシバレがきつかったのでサケがしまり、熟成もうまくいきました。今日チセから下げ真空にしましたが、保存は冷蔵庫にしてください。」
画像
H師匠、「うまそー」とたいへん喜んでいたそうです。 (こぼら聞き書き)

"鮭の薫製" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント