市長が「ナツカシー!」と叫んだ写真

画像
市長がこのブログをご覧になっているかどうかわかりませんが…?

ただいま博物館で開催中の「吹田のアルバム」展は、館企画の部分(部屋のぐるり)と市民企画の部分(部屋のセンター)からなっていますが、きのう、市民企画part1「千里ニュータウン」の最終日夕方、阪口市長が見にこられました。

ある一枚の前で足を止め、「ナツカシー!」と叫んだのが右の写真。

1964年ごろ、当時終点だった「新千里山駅」(現・南千里駅)のホームの端から、北西方向を向いて撮った写真です。千里中央線と右の津雲台はできていますが道路の左の山林は…そう、ここが現在の「竹見台」(その頃はまだ名前ついてませんでした)。

「この松の山、うちの山だったんですよ!このへんは松林で…」と市長…。

(じゃあ「竹見台」じゃなくて「松見台」にすればよかったのに…と思いましたが、千里丘陵は竹!というイメージ戦略が勝ったのでしょうか?…当時の人に聞かないとわからないですね。そう言えば千里山から初めてのバス路線ができたとき、企業局の若手であった片寄先生がバス停の名前までつけさせられ、なーんにも他に目印がなかったので「一本松」という名前をつけたらその松が枯れてしまった…という逸話もありました。「一本松」ですよ!時代劇ですね…。ちなみにあわてて植えた二代目の一本松は、南千里駅前交差点の北東角に今もあります。)

自宅は現在の市役所南千里庁舎のあたりにあったそうです。

野口昭雄さんが撮られた50年ほど前の千里山駅の写真を見ては「うちの祖父は延長前の千里山駅の最後の助役で…」と思い出しきり。(※助役というのは全部の駅にいるわけではないので、千里山終点当時は千里山に、新千里山終点当時は新千里山に、現在は北千里に配置されているようです。)
画像
●ちなみに下の写真が同じ場所の現在。(と、急に定点観測の話になる)線路の角度がビミョーに違いますが、白線の内側でシャッター押したからです!元の写真は明らかに白線の外に出ないとこの位置関係でシャッター押せないことが現地に立つとわかりますが、当時は終点だったから危なくもなかったんでしょう。

松林は竹見台の高層住宅に変わったわけですが、その姿もホーム屋根に隠れてあまり見えません。

向かい側にもホームができたうえに北にも延長されていて、「どうしてこれが同じポイントだとわかるのか?」ですが、ヒントは架線柱にあります。この写真外、ホームの右手に、今は使われていない線路の跡があり、この線路は延長されていないので、このポイントが昔のホームの北端だったとわかり、架線柱から位置を同定できたわけです。

…という私のオタクな展示は終わり、きょうからは市民展示part2の「吹田を歩く、撮る」が始まっています!

(by okkun)

"市長が「ナツカシー!」と叫んだ写真" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント