わたしと万博(11)…万博とひだびと

遠く飛騨から投稿をいただきました。飛騨は一昨年の愛知万博では(隣の県ですから)かなり盛り上がったようです。(okkun)
=================================================================
画像
大阪万博には父親が行っただけで、月の石を見てくることができたのかどうか、今は土産にもらった記念切手が残っているだけです。この記念切手はやがて通っていた小学校ではじまる「にわか切手集めブーム」で注目を集める切手となっていきました。

さて、一昨年の愛知万博では、ネット情報が大変役に立ちました。休日は朝からパソコンの前に貼りつき、予約チケットを手に入れるのに苦心しました。チケットを手に入れると、見学先の情報あれこれは、裏情報を紹介するHPを手がかりにしました。渋滞の避け方から便利な駐車場の場所とその料金、身支度から入退場のシステム案内まで、まるでダイヤモンド社の「地球の歩き方」のような貴重な情報がいくつも出ていました。おかげで、人気の企業パビリオンへもスムーズに行け、がっちり楽しんでくることができました。

印象的だったのはモンゴル館のソフトクリーム。岩塩ソフトという、魅惑的な青色のソフトクリームは、なんじゃこれは!という、爽やかさのかけらもない味わいでした。暑かった愛知万博。弁当の持ち込み騒動に首相までが出動していました。
画像
愛知万博開幕の1ヶ月前。広報のためにモリゾー・キッコロが職場のイベントに宣伝に来て、子どもたちとじゃれていました。キッコロの着ぐるみは、小さく、視界も狭いため、舞台裏では中に入っている人が1ステージ終わるたびに汗だくになっていたことを思いだします。前評判は高くなく、無理矢理チケットを買わされたという同じ職場の人は、しかしやがてハマってしまい、やがてボランティアとして万博に参加されたようです。

(akakage・ぽてじん)

"わたしと万博(11)…万博とひだびと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント