千里ニュータウンの未来を語る。 :半世紀展大団円!(11/24)

フォーラム「

11月24日(土) 13:30‐16:00
2階講座室
申込不要・参加無料・先着120名 

第1部講演:中牧弘允(当館館長)
画像「見せたい住宅、住みたいタウン
-千里ニュータウンの軌跡-」


千里ニュータウンは造られた町である。天地開闢神話が存在し、トイレットペーパー騒動などの物語が形成されている。オカミは「見せたい住宅」を供給し、しもじもは「住みたいタウン」を標榜している。神話をキーワードにその軌跡をたどってみたい。

第2部 輪になって語ろう
画像「ニュータウンの未来・DREAM
-市民とともに、実行委員も参加して-」

進行役:大阪学院大学教授鎌苅宏司

まちびらきから50年、千里ニュータウンは計画者にとっても、行政にとっても、住民にとっても大きな夢・希望に満ちていました。これから50年、どんな未来を創るか、夢は…!
画像会場の皆さんと一緒にキーワードを探しましょう。どなたでも参加いただけます。ぜひあなたの夢を語ってください。
キューカンチョーも参加します。


画像

※「ニュータウン半世紀展」は11/25が最終日です。

この記事へのコメント