ニュータウン半世紀展開幕!

ニュータウン半世紀展が開幕しました。

9時30分に桃山台駅からスタートした「おでかけイベント 千里緑地体験ウォーク」はグリーンベルトを縫うように歩いて2時間半、ちょうど正午に博物館に到着しました。途中、稲刈り風景やアオサギが目を楽しませてくれました。
画像
画像

画像

オープニングの式典には井上哲也市長、竹内忍一市議会議長がお越しくださり、それぞれ挨拶と祝辞を述べられました。西川俊孝教育長も参列されました。そのあと奥居武実行委員長の案内で展示を見ていただきました。とくにリカちゃんハウスの2DKの模型にはみな興味津々、製作した神戸女子大学の学生さんも得意げでした。
画像

千里ドリーム・コンサートではまず紫金山グリーン合奏団が聞きなれたロシア民謡を7曲メドレーで合奏し、むかし懐かしいビートルズのヒット曲をこれまたメドレーで10曲披露してくださいました。
画像

つづいて女声アンサンブル アトリエの皆さんが総勢40名ほどで「ひたすらな道」より「姫」を、「この地上」より「鱒」を、さらに「美しい日本の歌」として「花」「夏の思い出」「砂山」を美しい歌声で合唱し、最後は「故郷」で締めました。心が洗われる思いでした。
画像

講演会では江川直樹先生(関西大学教授)が「団地再生の夢」と題して、広島市営庚午南住宅や芦屋市若宮地区の再生事例、さらに海外のイギリスやドイツの取り組みなどを紹介しながら、多様性を追求した再生計画について熱く論じました。ニュータウン展における一連の講演会の嚆矢を飾るにふさわしい問題提起でした。
画像

(カンチョー)

この記事へのコメント

てつ
2012年10月20日 15:51
今回のチラシのサブタイトルに 千里「発」・DREAM と 発 が入ってるところに感動しています。たまたま先月、青春18きっぷ鈍行列車の旅に、下呂温泉に行ったんですが訪ねた博物館が、下呂温泉「発」温泉博物館となってて なんだかいい言葉の響きだなと思ってましたので!