全日本博物館学会の会長さんがご来館

7月14日に、明治大学教授で、全日本博物館学会会長の矢島國雄先生や、お知り合いの研究者、学生さんら8名が、すいはくにご来館されました。私、めいぎゃるも今年、当学会の役員に選出され、また、別の博物館系学会ではすいはくの市民参画について指定討論を依頼されるなどして、博物館学の世界からも少しずつ注目が集まっているからかもしれません。

前半は、すいはくについての概要を、市民参画を中心にご説明。皆さん、興味深そうにメモを取られていました。

後半は、展示室とバックヤードの案内。博物館の専門家集団なだけに、常設展示への食いつきも良かったです。

特に3.11以降、地域のつながりの大切さが見直された今、すいはくが地域の小規模博物館として、地域社会に果たす役割はますます重要になってきています。

これからは、地域博物館が市民とともに歩む姿を、国際博物館会議の活動などを通じて世界に向けても発信していきたいと思っています。すいはくの世界デビューです!

(めいぎゃる)

この記事へのコメント