胴回りの不自由な人: 小松さんとわたし(16)

画像あの頃の小松さんはまるまるして腹も出っ張っていた。それでもエネルギッシュにとびまわって東奔西走。ちょうどマスコミが差別語についてやかまし く言いだした頃だったが、自ら曰く
「わしは胴回りの不自由な人」。

(SK)














♪本日(4/8)のイベント♪
13:30~
「お花見コンサート-小松左京 宇宙に翔く夢-」

紫金山グリーン合奏団
メイ・ウクレレアンサンブル
女性合唱団「コーラス・ビータ」

コンサートなのに、カンチョーが乱入?します♪(歌ではなく、トークで、ですが・・・)
みなさん、博物館ですてきな春の午後のひとときを♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

T
2012年04月10日 09:02
胴廻りの寸法とフットワークの軽さは、正比例しないものとわたくしは推測します(爆)