小松ロケット計画(その3): 今週末の予定-着陸船の準備と発進

着陸船の準備と発進
画像
母船は周回軌道上でソーラーパネル展開後、確保した動力で着陸船の機能を始動させます。同時に指向性アンテナをのばし、地球のデータ送信にそなえます。そして、この後いよいよ着陸船が放出され、イオの地表にむかいます。 (H)

3/31 にのいち公演 小松左京原作「逃げていった子」、4/1 土岐憲三氏講演会「災害と文化財」にお越しの際は、ぜひロケットの進化状況もごらんください!
************
ダンボール「小松ロケット」誕生の裏話
画像夕食時、今回の基本案を話し合っていたところ、例によって酒ですっかりゴキゲンのカンチョーは、「小松さんは派手やったから、デッカイロケット!2mぐらいのはどうや。それと、ロシアのコケシみたいに、内から次々にでてくるのもええな。」
続出するアイデアのハチャメチャさに思わず絶句・・・

でもそのカンチョーのモーロー提案から生まれたのが一連のロケットたちです。
画像

(H)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

団塊の婆
2012年03月29日 17:33
その週末の予定とは?31?4/1?
さらに突っ込むと何時から?

情報不足です。
こぼら
2012年03月30日 00:04
カンチョーがお得意の「瞬間芸(術)」を、ダンボールのロケットにさせる、っちゅうことらしいです。
「展示」が進化する、その進化にストーリーがあるんや、とH師匠は言いたいんだと思います。。。実はわたしも理解するのにちょっぴり時間がかかりました(笑)