四金会と小松左京さんの思い出: 小松さんとわたし(9)

画像大学の一年先輩に小松という男がいることは、友人の高田宏から聞いて60年も前から何となく知っていた。だが当時会った覚えはない。卒業後私は放送会社に入り、いまは有名人になったその男に時々テレビ出演をお願いした。しかし本当に親しくさせていただくようになったのは、20年ほど前からである。毎月第四金曜日の夜、梅棹忠夫、小松左京、石毛直道の三氏を中心に千里クラブに十人ほどが集った。ここで小松さんは縦横無尽に喋り飲んだ。無闇に楽しい会だった。でも梅棹、小松の両氏はすでにいない。会場だった千里クラブも廃業した。諸行無常である。

(辻 一郎)

◆フォーラムのお知らせ◆
3月18日()14:00~15:30
「小松左京を語る」

石毛直道(国立民族学博物館名誉教授)
辻 一郎(大手前大学評議員)
小山修三(すいはく館長)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント