本のご紹介: 『吉田牧場-牛と大地とチーズとの25年』

画像吉田全作(著)『吉田牧場-牛と大地とチーズとの25年』 ワニブックス[PLUS]新書 798円
いつもおいしいチーズを送ってもらう吉田全作さんの新書を本屋で偶然見かけ、どんなことが書いてあるのかと読んでみました。若いころ探検にあこがれて北大(畜産学部)へ入学、しかし学業はそっちのけで探検部の活動にうつつをぬかし、牛の体さえ触ったことなく卒業しサラリーマンとなるが、事務職にうんざりして5年目で酪農家を目指して転職。それから25年、困難にあっても「あきらめたらあかん」、自分の足で歩いて確かめ、自分の頭で考える梅棹さんの生きざまをチーズ作りで追求してきたおもしろい話でした。随所で家族との絆や自然との向き合い方、食のあり方など考えさせられることが多く、是非一読をおすすめします。
(長江)

この記事へのコメント