2005/10-2009/2の博物館全ブログ復元完了!

2005年10月に「千里ニュータウン展」の市民委員会が始まって以来、愛用してきたdoblogが突然のサーバーダウンに見舞われたのが今年2月9日…。doblogのダウンはそれまでも時折あったので再開を待つも、どーも様子が尋常ならざることを察知して「引越し」を決断し、このウェブリブログで新しいブログを開設したのが2月24日

そこで問題になったのが「過去の記事」をどうするか?「doblogもやがて復旧するだろうし、古いのはそのまま置いておいたら?」という意見も多かったのですが、いやこれだけの深刻なダウンを起こしたらきっとdoblogはサービスやめちゃうだろうと考えた日から、2005/10-2009/2のdoblogの記事を、ウェブリブログに「移し変える」はてしない作業が始まりました。だって皆があれだけ一所懸命書いたもん、読めなくなったら悔しいじゃないですか。

はたしてdoblogは5月30日限りでのサービス終了を発表し、過去のデータがダウンロードできる「移行措置」を始めたのですが、ブログはサービス会社によって仕様が異なるため、ボタン一発ポン!でするすると…は移行できず、doblogからダウンロードしたデータを、ウェブリブログでキレイに表示されるよう、手作業で一件一件加工してからアップロードし直さなくてはなりません。

ダウンロードしたデータは文章も絵もバラバラ…。たとえば文章(本文+コメント)はこんな感じ。
画像
まさに呪文状態。これは文章にプラスして、「ここにこの番号の絵を入れる」「ここは太字」「ここはリンク」という記号がついているわけです。テキストデータで4MB以上ありました。

このテキストデータを、ウェブリブログでキレイに表示されるよう、手作業で加工してアップロードします。この段階では画像ははまっていません。文字だけだとまだ魂が抜けたみたい…。
画像
これに、呪文で指定された番号の画像を1枚ずつ加えていって復元完了!doblogでは左に文章、右に画像とレイアウトが固定されていましたが、ウェブリブログでは画像が大きく表示され、上下に並べたほうがキレイなので、そのあたりもふまえて調整します。必要に応じて記事相互のリンクもつけかえなくてはなりません。
画像
この機会に、千里ニュータウン展が終わるまでの「初代ブログ」(276記事)と、終わってから立ち上げた「二代目ブログ」(2009/2/9までで1106記事)も一つにまとめました。あわせて1382記事。一つのブログに写真が平均3枚ついているとして、写真約4000枚…われながら、よーやるわ…。

けっきょく、半年かかった…。ブログの破片と日々格闘するうちに、須恵器の破片を見ると目がらんらんと輝く心境がわかってきたりして…

「過去の記録は過去のものでしかない」わけだし、このブログの記録も「おしゃべり」みたいな内容もたくさんありますが、千里ニュータウン展や万博展の記録本が出せなくても、このブログに戻れば記録がある…と思ってきたから安心していられたのだし、1ヵ所にまとめることで活用もされやすくなる…ことを願っています。

さすがに4年分の蓄積は膨大な量で、その考察は別の稿にしたいと思いますが、「テーマ」のつけ方も整理しましたし、画面右の「ブログ内検索」もご活用ください。

4年間の皆の足跡、すごいです!

(by okkun)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

みっちゃん
2009年08月31日 09:17
okkunさん、もうお疲れさんとしか言いようがありません。私なんかには想像もできないし、お手伝いこともできない膨大な作業だったんでしょう。
でも、御蔭でこの5年ほど、博物館で積み上げた活動がしっかり記録として残すことができましたね。
有難うございました。
おーぼら
2009年08月31日 09:56
当初私も1382記事、約4000枚の写真のうち、片手ほどの記事と10数枚の写真のアップに協力したのですが・・・
ボーダイな数に挫折していました。その間にokkunが・・・
4年間の皆の足跡はすごいですが、okkunの根気もすごい!!
皆既日食の恨みが晴れたでしょう。(ん?カンケない?)
団塊の婆
2009年08月31日 17:51
う~ん、すごい!!
根気、執念、いや、若さと体力!!

お疲れ様でした。
カンチョー
2009年08月31日 19:01
いろいろ書き散らしてきた当事者の一人として、okkunの記録復元作業を、「まー、この程度のことをモノズキな」くらいにしか見てなかったのですが、「歴史」に憑かれる人がいること、そして「歴史」が取り上げ方によっては、カンドー的な力を持ってることを感じました。わたしたちは、ブログ史に残る仕事をやってるのかもしれません。
Shouchan-O
2009年09月01日 01:49
すごい! これだけのボリュームを。驚きと感謝、感謝。
 お陰で、この4年間のすべてがわかります。
2009年09月01日 03:46
呪文のようなデータに手を加えてブログに復元していると、「過去は単に過去なのか?」という哲学的というか神学的?な問いに直面しているような…ツタンカーメンのミイラから復元やっているというか保存食にお湯かけて戻しているみたいというか…だんだんそのときの感情が甦ってくるんですよ。人間の営みはすべて、現れるそばから過去になっていく現実を今につなぎとめようとする行為なのかもしれません。(大げさか?)

ブログがすごいというか、皆がこれだけのことをやってきたのがすごい。盛り上がったりダレたり、オーバーヒートしたり気を取り直したり、ほんとに生き物みたいです。いやしかし、もうサーバー飛ばないでほしいっす。
たかちゃん
2009年09月01日 09:13
すごい。本当にすごい。
こんな事を本気になって、やってのける
根気とやる気に完全に脱帽。
時々の行事に係わっても、ブログに載せるだけでもなかなかできない私にとっては、別世界の人です。
しかし、読むだんになると、ちゃっかり恩恵だけは受け取っている私です。
今の吹田博物館で起こっている公立博物館とそれに係わる市民達の歴史(記録ではなく、あえて歴史にした)は、記録されるべきだし多くの人に伝える手段として利用すべきだと思っています。
OKKUNを再度、見直しました。