スイタクワイから見た吹田の自然と文化

画像8月29日(土)午後1時から阪本寧男(さかもとさだお)先生に、吹田の伝統野菜スイタクワイについてご講演いただきます。阪本先生は、京都大学名誉教授で、ご専門は民族植物学。主な著書に『雑穀が来た道』『モチの文化史』などがあります。スイタクワイは、野生と栽培の中間的な半栽培植物だという見解を示しておられます。1970年代半ばに吹田で精力的に調査をされたそうで、興味深いお話がうかがえると思います。どうぞお楽しみに。
(こぼら)


************ ************
スイタクワイが伝統野菜なら、こちらは新参ものの野菜のニュース
************ ************
アーカイブ展第3期「吹田市の自然物語」の開幕にあわせて作った博物館前ひろばの‘みどりのカーテン’
カーテンと言えるほどまでには育ちませんでしたが、ゴーヤは収穫できました。
画像

画像

(おーぼら)

この記事へのコメント