メタセコイア植樹祭-春の特別展@すいはく(2)

画像
メタセコイアの化石1939年に100万年以上前の大阪層群から発見され、1941年に学会に発表されました。セコイア(レッドウッド=カリフォルニアの世界一の高さを誇る樹)ににているので、三木茂博士がメタセコイアと名付けたのです。絶滅したとされていましたが、のち中国の四川省で同じ樹が発見され、「生きた化石」として話題になりました。日本には1949年に挿し木と種子がもちこまれましたが、風土にあったのか、育ちがよく、姿も美しいので、各地の公園に植えられるようになりました。吹田でも公園や街路樹としてふつうに見ることが出来ます。
画像
吹田地学会の連々は、三木先生の弟子筋にあたり、メタセコイアについてもじつに話題が豊富でした。
「いまでもところによっては化石がみつかる」、
「アズキ火山灰層まで出るが、その後はなくなる」、
「昭和天皇が愛した木」、
「私市の植物園の枝を、方々に挿し木するのを手伝った」、
「小野原街道の阪大キャンパス沿いにある」、
「高く繁るので、カラスの隠れ家になって困る」、
「ゴールデンウィークにメタセコイア植樹祭をやるのはどうだ」、
「カラスの巣になるぞ」、
「植木鉢でやるか」
などと話はチューハイのコップの数に比例して盛り上がるのでした。(続く)

(カンチョー)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

団塊の婆
2009年05月04日 02:33
お願い 植樹などは、なるべく在来の樹木、現在日本で、吹田で見られる鳥が食べる実のなる樹木、にしてください。
こぼら
2009年05月04日 02:33
先日、五月が丘ミルフィーユ前の団地の生け垣(シャリンバイ)の横を通ったら、風もないのに葉っぱがゆらゆらゆれて、緑色が、ぶれて見える・・・わたしの目も悪くなったなあ・・・と嘆きつつ、よく見たらメジロが、いっぱい、生け垣に出たり入ったりしているのでした。あの実を食べに来ていたのかな。それにしても、あんなにたくさんのメジロが集団でいるのをはじめてみました。
この花さくや姫
2009年05月04日 02:33
そてつさま メタセコイアさまと、顔見知りじゃ、ありませんの?お名前からして、同門でいらっしゃるのかと思ってましたけれど・・・
そてつ
2009年05月04日 02:33
メタセコイアが化石の木とはしりませんでした。どうやってみわけるのですか。吹田のどこにあるんですか。おしえてください。

この記事へのトラックバック