わたしと万博(47)…アメリカ館ホステスの思い出

画像
先日、カンチョーの友人で、今(11月まで)国際日本文化研究センター(略称:日文研)の外国人来訪研究者つとめれおられる考古学者、ジナ・バーンズさんがすいはくにいらしゃいました。

この方、実は70年万博のとき、アメリカ館のホステスをしていらっしゃったそうです。アメリカ館でもホステスは厳しい訓練を受け猛勉強したそうですが、開幕してみると、日本のお客さんは入館するなり「月の石」をめがけて突進し、アメリカのさまざまな文化を説明するような場面はほとんどなかったそうです。
そういえばアメリカ館では外で長い行列をしているお客さんのために、時々館の人が外でパフォーマンスをしてお客さんを楽しませたという話を聞いたことがあったので、ジナさんもなさったんですか?とうかがったら、彼女はしていないけれど、男性はM教信者の人が多くて、とてもサービス精神旺盛だったから、時々そういうこともやったのだそうです。
たいへんだったのは、サインすること!腕が疲れるほど、とにかくサインばっかりしていたんですって。(まだ、彼女のサイン持っている人はいないでしょうか?)

アメリカ館でホスト・ホステスをしていた仲間は60人、今、40周年にあたる2010年に日本で同窓会をしようと呼びかけているそうです。そのためにいろいろ調べはじめたら、すいはくのブログにいきあたり、よく見ればカンチョーは、ICU時代から知り合いだった・・・というわけで、訪ねてこられました。
白井さんにも連絡をとって、エキスポカフェにも行ってみたいそうです。その日にあわせて07EXPO70関係者が集まって、ジナさんとお話しできるといいですね。(こぼら)

絵は、(財)日本万国博覧会協会 1969 『日本万国博覧会 公式ガイド』より。

この記事へのコメント

てつ
2009年05月19日 23:36
アメリカ館の コンパニオンさんが来ていると カンチョーから電話があった話は ついさっき エキスポカフェでランチした時に聞きました なんだか 旦那さんは フォークシンガーだとかで ライブの企画もあるとか? 今 大阪万博を話題にするのであれば 今月30日から封切りの映画「20世紀少年」(本格科学冒険映画) はずかしながらつい一ヶ月前まで この漫画は 知ってはいたけど 読んだことがなかったのですが 今 すっかりはまって 読んでます 日本映画史上空前の制作費60億円 すでに34の国と地域 42社からの 海外配給オファーが殺到! キーワードは「大阪万博」です♪
okkun
2009年05月19日 23:36
2010年の同窓会は、ぜひ千里丘陵で!エキスポカフェにいらっしゃるときは、も一回サインの復習してこないと…かも…?

この記事へのトラックバック