学術ビール

画像
「早稲田大学のエジプト考古学と京都大学の植物遺伝学が出合い、現代に甦った古代エジブト文明。WHITE NILEはその研究成果を生かし京都の地下水で製造した小麦入りビール。(・・・)本品が濁っているのは、緩やかな濾過により酵母が生きているためです」と裏ラベルにある。原材料は麦芽、ホップ、エンマー小麦。

ほかにブルーナイル(発泡酒:ゆず、コリアンダー、デュラム小麦)、ルビーナイル(デュラム小麦、2009年夏ビラミダーレ小麦に変更予定)があります。京大、黄桜酒造、A社も技術協力した、とテイスティングの説明に来た人が、胸を張って答えておりました。

どこかのブログで、京大総長が味見をして、こりゃいける、売りだそうといったそうで、なかなかの商魂。すいはくでもつくればよかったなー。
330ml、415円 :ビールのてつ人が、今、ハマってるけど、とにかく地ビールは高いですねー。

(カンチョー)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きょうちゃん
2009年05月19日 23:16
水」・「水」のとこが、頭を回り出しました。 ・北海道の「湖」は、数十億年の「水」/新聞記事で読んだことがある ・京都<盆地>の水は、琵琶湖の水と兄弟・・伏見の酒巡りの際・・伏流水やとか
てつ
2009年05月19日 23:16
そんなもんやなかった^_^; 昨日 加賀藩 文化村ってとこの 石川県内の 地酒、地ビールを揃えたお店 白山わくわくビールは コシヒカリエールとゴールドエールと アンバーエールの三種 330ml 一本¥700 三本買ったんで \2100 しかし 帰りのハイウエイオアシスで 同じのが一本\578 ぐやじぃ~~~(*_*)

この記事へのトラックバック