第8回 千里の竹あかり

画像
行きたい行きたいと思っていた「千里の竹あかり」(日時:10月4日(土)18:00~20:00、会場:北千里市民体育館前竹林)に行ってきた。今年は、すいはくで「千里の竹」をしたばかり。とても興味があった。到着はまだ多少明るい時。北千里高校の生徒さん達が総出で吹奏楽部のチラシを配っていた。まず 普段閉じられている入り口から青少年野外活動センターの「竹のあかり」を見に行く。すごい ビューティフル よくもこれだけの数の竹を切り出し並べたものだ(^^)
画像
竹の節から計算された位置で斜めに切断。水を入れておもりの入った特殊な蝋燭に火を点し、自作の針金の入れ物でそっと浮かべるそうだ。市販の特殊な蝋燭は芯が細く、すべてボランティアさんによって太い芯に入れ替えている苦労も聞いた。だいたい2時間半程度もつそうだ。
画像
北千里高校となりの演奏会場。まず「リーリン&フレンズ」による二胡・琴・キーボードによる演奏、全7曲。蘇州夜曲は会場から思わず口ずさむ声が多く聞こえた。涙そうそう、千の風になって 等、知った曲も演奏された。後半は北千里高校吹奏学部72名による演奏(残念ながら夜の野外、私のデジカメではうまく写らず ^_^;) 3部構成で、1部は日本の情景「秋」というテーマで、お馴染みの秋の曲、7曲のメドレー。思わずみんな口づさんでいた。2部はミュージック・オブ・ディズニーランド。これも知った曲が多く楽しめた。その上に、ほんとうの秋の虫の鳴き声がかぶり、最高だった。3部は、崖の上のポニョ。吹奏楽の前で、部長含む数名の美声と踊り。準備に数十時間、イベントは2時間。天気は竹のあかりにもっとも良い無風。寒くもなく、僕の数えるところ約500名ほどの観客。皆が楽しみ、帰路についた。
(てつ)
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック