てつの日記 :下呂温泉~飛騨高山の地ビール

先週の日曜は下呂温泉に宿泊した。 宴会のあと、一人で温泉街に地ビール探しに出た。
画像
居酒屋には置いてなかったが、土産物屋の外から、源泉仕込み「下呂麦酒」発見。霊峰御岳の麓、下呂市「湯屋温泉」の胃腸に良いと言われ飲用されている炭酸源泉を仕込水に使っているそうだ。
画像
翌日、宮川朝市へくり出す。
画像
飛騨地ビール「古里古里の国(こりこりのくに)」
画像
「古里古里の国」では、ビールの醸造に関しての電気は、すべて太陽発電でまかなっているという。新エネルギー・産業開発技術機構(NEDO)との共同開発事業に取り組み、ビール作りの仕込み・発酵のための電力を ソーラー発電により、 環境にやさしい地ビール作りをはじめられた。(10.5KWでの規模では岐阜県ではここだけ。)
画像
環境に やさしいといえば、ペットボトル。ビールといえば瓶が主流なのだが、大手メーカーを除いてはほとんどがリサイクルされていないのが現状。ペットボトルを採用することによって、日本全国どこで飲まれてもリサイクル回収ができる、またはしやすいとのこと。(全国の地ビールメーカーで、ペットボトルを採用しているのは古里古里の国を含めて5社しかないらしい。)
[ 注:・・・と、こんなに力をいれてペットボトル入り麦酒の説明しているてつさんが送ってくれた写真は、なぜか瓶入りばかりなのであった。]1リットルビンもあり、\1700。開栓後の予備の栓もついている。

(てつ)

この記事へのコメント

おーぼら
2009年05月19日 22:13
今日8日のカウントは下駄をはいてますね。
arumi
2009年05月19日 22:13
げたばきはこんげつ2どめですか?そういえばキノウはキョウちゃんも。
てつ
2009年05月19日 22:13
いやはや ペットボトル入りビールの話しは聞いたが どこの酒屋でも ビンしか置いてなかったんですm(__)m 今日 映画「まぼろしの邪馬台国」見ました いやぁ けっこう いいですよぉ♪

この記事へのトラックバック