わたしと万博(5)…神戸港からゾウが歩いてきた

画像
万博は、ちょうど私が千里ニュータウンの東町に越してきた年のことでした。ある日新聞に告知が出て、万博に出演するためタイから船積みされて神戸港に着いたゾウ21匹が、西国街道から北千里を通って会場まで行進してくるというので、当時2歳だった息子と、母と北千里まで見に行きました。

万博には国ごとに「ナショナルデー」という日が会期中に一日あって、その日はお祭り広場で特別な出し物をするのです。そのためにタイでは、はるばるお国からゾウを運んできたのでした。タイを出発したときは20頭でしたが、船の中で赤ちゃんが1頭生まれて、21頭になったということです。今なら港からトレーラーなどで運ぶのでしょうが、そのころはそんなに多くのゾウが運べるクルマもなかったのか、歩いてくることになったのです。
画像
沿道は見物の人たちでにぎわっていましたが、押し合いへしあいというほどでもありません。クルマも今ほど多くなかったから、行進ができたのでしょうね。北千里から藤白台にかかる藤白橋の上のいい場所で、カメラを構えることができました。夏の天気のいい昼下がりで、女の人は日傘をさして待っていました。やがて箕面のほうから、ゾウの群れが歩いてきました。赤ちゃんゾウもしっかりと自分の足で歩いていました。私も息子を連れて、橋の上からシャッターを押しました。

(by Aさん 聞き書き okkun)

※大阪万博のタイ国のナショナルデーは、1970年8月12日(水)でした。
※ゾウは神戸港から万博会場までを1日で歩けず、武庫川の河原で一晩野宿したそうです。
※ゾウはしばらく日本にいて、会場近くの山田の一角に、やたらとたくさんゾウがいたらしいです。

こちらのブログもご覧ください。

この記事へのコメント

okkun
2009年05月03日 12:35
北千里をゾウが行進したのは、このとき限りだったでしょう。箕面の観光馬車の馬丁さんの家が今宮にあったらしく、昔は時々馬車を引いたままの馬がシャンシャンシャン!と鈴を鳴らして北千里まで散歩に来てましたが…。それと数年前、箕面のサルが突然出没したという事件はありましたが。どうも北千里では、動物はいつも箕面のほうから来るようです。
2009年05月03日 12:35
こんにちわ、はじめまして。4月の程さんおいしい展のお手伝いをさせていただく予定で、ググっていたら、こちらにたどりつきました。象行進の写真に大感激です。びっくりいたしました。ちょっと興奮しています。また、上の記事に長瀬さんがいらっしゃるのもトリプルで驚きました。また、おじゃまさせていただいてよろしいでしょうか?
okkun
2009年05月03日 12:35
wakadasさん、ようこそ!もちろんいつでもいらしてください。関連情報をありがとうございます。
アルミ
2009年05月03日 12:35
山田あたりにうじゃうじゃいたゾウの写真を誰か持ってないかしら。吹田で最後にいたゾウだよ。
てつ
2009年05月03日 12:35
音はないんです(^_^; デジタル化 勿論 それも大切な事ですが 千里ニュータウン展の時 そのままの フイルムを あの 昔みた「カタカタ」の音の中で見た 8ミリは それは それで 懐かしく 泣けましたよぉ(^^)

この記事へのトラックバック