わたしと万博(16)…修学旅行で万博へ

画像
わたしの母校、山口県K中学校の修学旅行は2泊3日、近畿地方へいってました。
この年は、万博が組み込まれています。9クラスあり、約400人。何に乗って来たかよく覚えていないのですが、関西では観光バスで回ったとおもいます。

万博会場ではグループ別の自由行動でしたが、わたしのグループは腹痛を起こした人がいたので、介抱のためあまり動けませんでした。だから、入ったパビリオンは鉄鋼館だけだったのですが、スイス館の建物がとてもきれいだったのが印象に残っています。

卒業アルバムをみると、古河パビリオンの前に並んだ男子がおそろいのスカーフを首にまいています。迷子にならないようにするためです(写真)。

博覧会といえば2001年に山口県で「きらら博」が開催されました。会期は79日、約250万人の来場と記録にあります。開催地となった場所は、戦後、干拓事業で開発された土地でしたが、完成時には減反政策のため、農地として利用されることはなく、その後もちあがった工業団地案も、不況の折から企業誘致がうまくすすまず、結局「きらら博」の会場としてつかわれたあと、「スポーツ交流公園」になっています。2005年には道の駅「あじす」ができましたが、野鳥観察場所としてけっこう人が来ているようです。

(Y.F.)

この記事へのコメント

okkun
2009年05月03日 01:45
万博が遺したもの…それは大量の「団体旅行」のノウハウとインフラでした。「ノーキョー」が世界的に有名になりましたね。どこかの外国なんか農協のマークを万博のマークと勘違いしたのか、記念切手に入れちゃったぐらい。東名名神が全通し、伊丹空港は大きくなり、国鉄も大量の臨時列車を増発し、万博終了後にこの車両を余らせないために考えられた広告史上に残る大キャンペーンが「DISCOVER JAPAN」でした。旅は辛くて疲れてできれば行かずに済ませたいものから、積極的にでかけるレジャーに変身したのでした。
てつ
2009年05月03日 01:45
僕は アンチタイガースですが 幼い頃からから甲子園にはずいぶん行った口で・・・ よく ネット裏のボックス席のチケットは貰い 応援に行きました 平松 中塚 山下 ボイヤー シピン 福島 なんてのが好きだったなぁ~ 高校時代は 暇があれば 明治乳業で アイスクリーム(¥150)と テトラパックのコーヒー牛乳(¥80)を売ってました 行きたい時に行き 帰りは 現金を貰えました 帰りは 皆と反対方向に向かい 阪急の今津線だったかな?を使いいつも帰りました 最近は もっぱらバイクだなぁ~ 昨日のセントラルリーグの開幕 投手 星野 捕手 田淵 打者 山本浩二 泣けますなぁ(^^)
アルミ
2009年05月03日 01:45
女の子はどんなえりまきをしてたんだろう。写真ないですか。

この記事へのトラックバック