わたしと万博(9-1)…民放はじめての共同中継

画像
在阪のテレビ局を引退して十余年、得意の絵に専念して、今は画家として活躍されているKさん(K画伯とお呼びすべきか)宅に、話を聞きに押しかけました。3回に分けてお届けします。
画像
万博当時は、入社して約十年、働き盛りの35歳。まだパビリオンが建設中のうちから、会場内に記者クラブがつくられ、閉会するまでほとんど会社には行かず、ずっとそこに詰めていたそうです。毎日、パビリオンができあがっていくようすは、「毒キノコがにょきにょき出てくるような感じやったわ」。
画像
シロウトの8ミリでもみんな興奮するんだから、プロの映像があれば、と誰でも思うのですが、1970年頃というのは、まだVTRのフィルムが高く、さすがのテレビ局でも使いまわしていたのだそうです(皆様の受信料で成り立っている、どこぞの公共放送は別だろうけど)。ですから残念ながら、この当時の番組VTRはほとんど残っていないのです。では、どんな番組をやっていたのか、知る方法は・・・驚くべきは、このKさん宅に、万博関連番組の台本が残されていました。さすがにガリ版からは一歩すすんでいますが、まだ文字はまだ手書きです。ふと目にしたのが、わざわざ<カラー多元中継>と冠がついている台本。えっ、放送時間は3月14日の午前10時半~午後1時半。そうか、開会式をまるまる放送しているんだ!こういう番組が成り立つほどに、万博が注目されていたのですね。
画像
Kさんによると、この民放がすべて同じ映像をながす「民放共同中継」というのは、万博の開会式で初めておこなわれたことで、画期的だったそうです。Kさんは所属する局の代表として奔走されました。例の台本には中継車の位置や担当が書き込まれて、現場の緊張感が漂っています。Kさんの話には、ほとんどNHKのことが出てこないのですが、おそらく、さまざまな制約で苦しんでいた民放がNHKに対抗するためにとった苦肉の策だったのでしょうね。これ以降、大きな事件がある時に、しばしばおこなわれたそうです。

(聞き書き・こぼら)

この記事へのコメント

okkun
2009年05月03日 01:45
公共放送でもVTRが高価で使い回していたのは同じで、かなり人気を博した番組でも、驚くほど記録が残っていません。なので「ひょっこりひょうたん島」などは後年、再制作したぐらい(その台本も局にはなく、熱烈なマニアの中学生が記録していた)。オリジナルの「ひょうたん島」は、ごく数本、研究用と称してテレビ画面を再撮影したものが残っているだけです。「放送」というものは名のとおり「送りっ放し」というのが当時の常識だったんですね。初代自動改札機もどこにも残ってないし、30-50年ぐらい前のものというのは、意外と記録の盲点になっているところがあります。ひたすら前に突っ走ってた時代ということもあるでしょうね。その中では万博の記録は、まだあるほう。それだけインパクトが大きかったのでしょう。

この記事へのトラックバック