竹の足場 @ムンバイ

画像
インドのムンバイ(旧ボンベイ)からH師匠の写真が届きました。

公園の近く、高級住宅地の一角、6階建てマンションが建設中で、外壁の足場には竹が使われていたそうです。竹の足場は香港、台湾などでよく見掛けたものですが、インドにあるとは意外だったそうです。素材はデカン高原からもってきたものらしい。
画像
ムンバイでは、竹をしばるのに、マニラロープを使っていますが、中国系では、竹が使用されていたはずだとか。
最近、台湾に行ったカンチョーは「全然見なかったなー」といっていたのですが、湾では、建設システムが現代化してしまったのかもしれません。その原因の1つは地震ではないかと思われます。しかし、地震のすくない香港では、おどろくほど高層のビルでも竹の足場が組まれていて、竹利用の伝統を踏まえた、独自の技術体系が発達しているのかもしれません。 (KS)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

okkun
2009年04月19日 14:04
記憶違いかな…?昔の映像ぼけてて実ははっきりわからないんす。主要部は節があって竹じゃない細い木材みたいなんですが。もう一度見てみよう。
てつ
2009年04月19日 14:04
今日 元大手ゼネコンにお勤めの方に聞いたところ
日本では 竹の足場は 聞いた事がないとの事 幻か?
これは また ニュータウンの映像チェックの必要ありですなぁ(^^ゞ
ところで 戦中 戦後の 物資不足により 竹筋(ちっきん)コンクリートによる構造物が まだ 国内に残っていると教えられ
ネットでいろいろ検索すると 面白いもんです
教えてくれたのは 西宮の喫茶「笹舟倶楽部」のマスター(^^)
こぼら
2009年04月19日 14:04
竹だった????木材(細めの丸太?)じゃなかったですか?