みんなで楽しむ! 竹の音楽ワークショップ

画像
7月12日(土)午後1時半~3時、民博の寺田吉孝先生をお迎えして、竹の音楽のワークショップがありました。

竹の会のみなさんのご協力をいただき、楽器の準備。竹を適当な長さに切ります。切った竹を地面に打ち付けて音をたしかめながら、セットを組んでいきました。
画像
フィリピンには竹の楽器がいろいろあるそうですが、まず先生がご持参くださったバリンビンを鳴らしてみました。この楽器は、手に打ち付けて音を出します。竹に加工がほどこされていて、ビヨヨーンと響きます。すこしずつ音程の違うものがセットになっていて、5~6人がひと組になり演奏します。
一人一人違うリズムを刻みます。単純なたたき方でも、合わせると複雑な奥行きのある音に!でも、つい、つられて隣の人と同じリズムになっちゃったりして・・・
画像
最初につくった楽器は、このように堅い地面にコンコンと叩きつけて音を出します。

今日は3グループにわかれて、自分たちで叩き方を考え曲をつくり、最後に発表会!?をしました。3曲もつくったグループ、踊りを組み合わせたグループ、曲の終わり方に凝ったグループ、それぞれ個性的な演奏でした。
画像
恒例のカンチョー乱入。今日は、自称「すいたのベートーベン」。

3階ピロティーは、日陰でもとっても暑かったのですが、それにもめげず、みなさん楽しんでいました。またやりたいですね。

(こぼら)

この記事へのコメント