わたしと万博(20)…クリエーター・大高猛Ⅱ

画像
万博開催の前年・1969年に制作されたポスターである。

デザイナー・亀倉雄策、フォトグラファー・早崎治、とりまとめのアートディレクターが、関西を代表するクリエーター・大高猛。先生の苦労は並大抵ではなかったことは容易にうなずける。開幕にふさわしく、華やかなお祭りを表現できるもの・・・。

「リオのカーニバルの日本版のような、熱気が伝わるものを・・・」

宝塚映画の大スタジオを借り、15種類の日本を代表する舞踊を集めたという。リハーサルもなしで、100以上の踊り手が一斉に踊る中での本番撮影。鐘・太鼓・笛・・・すさまじい音が響き渡る中での撮影。交渉から仕上げまで、大高先生が一人で受け持ったという。そのご苦労の裏話には、想像を超えるすさまじいものがあった。

秘話づくしの万博、当時の日本を代表するクリエーターたちの、汗が染み込んだ博覧会だったのだ。

(あかちゃん)

※このブログは、この記事からの続きです。

この記事へのコメント

okkun
2009年04月29日 12:53
合成なんかじゃないのですね…頭が下がります。