会期決定 アイデア満載!

画像
千里ニュータウン特別展の会期が決まりました。
2006年4月22日(土)~6月4日(日)の44日間です。

千里ニュータウン展市民委員会は、この会期中の特別展に向けて隔週会議を持っています。展示内容やイベントのアイデアは溢れんばかりで、委員各自が千里ニュータウンに対して一方ならぬ思い入れのあることが伺えます。
それではどんなアイデアか少し披露しましょう。実現できるかどうかは保証の限りではありません。なにせ夢多き奔放な人々の集まりですから。

展示では、当時の都市開発のプロ中のプロが創った『千里の計画』や新しいまちで繰り広げられた『新しいまちの新しい生活』、そして、住民が生活していく中で作り上げてきた『住民が生み出した千里、生きられた千里』を軸に検討を積み上げています。写真は、風呂がなかった府営住宅で、ベランダや室内で使われたユニットバスのさきがけ、『ほくさんバスオール』です。
画像
イベントでは、講演会やセミナー、フォーラムなどシンポジウムのようなもの、演奏や踊り、歌などのアトラクションのようなもの、千里ニュータウンとの交流会や見学会のようなものを考えています。

また、会期が始まるまでにプレイベントを開催して雰囲気を盛り上げていこうというアイデアもあります。千里ニュータウンのまちびらき当時の1960年代を象徴するファッションショーやロックコンサートです。さて、写真のようなミニスカートを身につけて舞台に立つのはどんな方でしょう。
画像
最近流行のミュージアムグッズでは、千里ニュータウンの絵はがきやマップ、太陽の塔をデザインとして使っている吹田市の下水道の蓋に似せた陶板などが候補に上がっています。

これだけではありません。書ききれないのです。このブログではこれらを含む膨大なアイデアの実現過程をお見せします。 (片岡)

大阪府公文書館の企画展 - 新しい住宅都市”千里ニュータウン”

千里ニュータウンに優るとも劣らない阿部野区の帝塚山に大阪府立公文書館があります。公文書館も時代がかった落ち着きのある建物ですが、それにも増して周辺には風情のある立派な住宅がたくさんあります。

 この公文書館は余り聞き慣れない施設ですが、大阪府の行政関係の公文書を保管し、閲覧できる施設です。
画像


ここで、10月28日まで『新しい住宅都市”千里ニュータウン”』という企画展が開催されています。右の写真はその企画展の展示目録です。拡大してご覧ください。
 たくさんの物品を展示しているわけではありません(展示スペースが非常に狭い)が、開発当時の写真や調査報告書、マスタープランの冊子などが所狭しと並べられています。


画像

それ以外にも万博直前のものと思われる絵葉書やまちびらき40周年のニュータウンの様子を伝えるビデオや30周年の記念メダルなども展示されています。当時の街並みは開発直後の粗削りですが新鮮な感じで、とても明るく未来のある雰囲気がします。

画像

私先日見学に行ってきましたが、会場で吹田市立博物館の方お二人に偶然お会いしました。来春の千里ニュータウン展の展示物探しのようでした。私達だけでなく、博物館の方も一生懸命になっておられます。展示内容もレベルの高いものにしたいですね。 (片岡)
画像


注目されています

各地の美術館や博物館は、展示のマンネリや企画に斬新さがないなどにより入館者の確保に苦しみ、その存続自体の問題に直面しているところもあります
このような状況で小山館長は考えたと仰っていました。その結果が、今回の市民主導の特別展の企画・実行です。

多分この点に注目した日本経済新聞は、私達『千里ニュータウン展市民委員会』の活動を取材されています。

日経新聞の地域限定情報サイト『日経千里コンシェルジュ』(URLはこちら)で見ることが出来ます。記事を見るためにID(senri)とパスワード(senri)が必要です。

記者のお話では継続して取材していただけるようです。楽しみですね。

いよいよ始まります!!

吹田市立博物館では、来春市民の実行委員会によって千里ニュータウンの特別展を開催します。

画像


千里ニュータウンという現在進行形の”まち”そのものを展示する大胆な企画です。しかもその企画から準備・運営の一切を市民で進めていくという他では例のないものになります。

画像


やっと実行委員会が立ち上がり、来春に向けて準備がスタートしました委員のみなさん頑張りましょう。市民のみなさんお楽しみに!
画像