アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「イベント報告【終了】」のブログ記事

みんなの「イベント報告【終了】」ブログ


“田園都市”千里山 〜大正時代の理想郷〜 最終日

2016/06/05 22:24
“田園都市”千里山 〜大正時代の理想郷〜の最終日
齊木崇人氏(神戸芸術工科大学 学長・教授)の
イギリスの田園都市 レッチワースと千里山
という講演がありました。
画像

画像


画像

画像


画像


画像


画像



(おーぼら)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第9回博物館・お花見コンサート 2015年春季特別展プレ・イベント

2015/04/06 23:46
4月5日(日)13時から2015年春季特別展プレ・イベントとしてお花見コンサートが開かれました。

画像

第1部      お花見コンサート・プログラム
          ●メィ・ウククレレアンサンブル
◇さくらさくら(ウイウレレ2重奏)・・・・・・・・・・・・・・・・・日本古謡
◇聖者の行進(ウノレレ3重奏)・・・・・・・・・・・・・・・・・アメリカ民謡
◆ハワイの結婚式の歌(フラ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハワイ曲
◆ハワイアン・パラダイス(歌)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハワイ曲
◆バリバリの浜辺(フラ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハワイ曲
◆マリヒニ・メレ(フラ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハワイ曲

画像

●メンネルコール・シルバー&メイヒル男声合唱団(合同演奏)
○花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・武島羽衣作詞・瀧 蓮太郎作曲
○アニー・ローリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・スコットランド民謡
  ○思い出のグリーングラス・・・・・・・・・・・・・カントリー・ウエスタン
○上を向いて歩こう・・・・・・・・・・・・・・坂本 九作詞・中村八大作曲
○幸せ運べるように(東日本震災復興の歌)・・・・・・・・・ 白井真作詞作曲
    ・ピアノ伴奏・指揮:坂本倭淑子

画像

●女声合唱団「コーラス・ビータ」
☆山は心のふるさと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 赤星正明作詞作曲
★赤い花白い花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中村三重作詞作曲
・指揮:山崎 芳智子   ・ピアノ伴奏(コーラス):中村 悠子


第2部
画像

●紫金山グリーン合奏団
◇オリーブの首飾り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モルガン作曲
◇バラ色のメヌエット・・・・・・・・・・・・・・・・・・ポールモーリア作曲
◇ドナウ川のさざ波・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イワノビッチ作曲
◆合奏曲「花見」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 貴志康一作曲
◆チャールダシュ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モンティ作曲
            ◆ヴァイオリン独奏:木村修子
◇篤姫のテーマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉俣 良作曲
◇NHKマッサン主題歌 「麦の」唄」・・・・・・・・・・  島みゆき作詞作曲
◇ふるさと(会場合唱)・・・・・・・・・・・・・・ 野辰之作詞・岡野貞一作曲
◇花は咲く・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩井俊二作詞・菅野よう子作曲
編曲・指揮:島田一郎

画像

画像

(強ちゃん おーぼら)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


中牧館長、千里ニュータウンを語る!

2013/06/23 14:49
画像
6月22日、「建築士の会 北摂」というカタそ〜うな集まりで、中牧館長のヤワラカ〜い千里ニュータウンの話がありました。

タイトルは「北摂の民族学−“原住民”と“新住民”の暮らしと文化」

どんな話かと思ったら、例の「見せたい住宅、住みたいタウン」というダジャレ攻撃で幕をあけ、建築士の皆さんは最初これは笑っていいものかどうかとまどっておられましたが、国生み神話や創世記など東西かまわず動員された「見立て」の連発に、おおいに千里丘陵のおごそかさ、神秘性を感じておられたようです。

バスオール番組や、吹田の旧名家三姉妹(気比家=浜屋敷西尾家、中西家)、秋の交通特別展の宣伝もしっかり盛り込んでました。

館長は海外で千里ニュータウンの話をするときも、「見せたい住宅、住みたいタウン」というダジャレを外国語でどうやって言ってるんだろうか…?と思いました。

(by okkun)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大仏さまのお面をつくろう!

2013/05/05 16:37
画像
4月27日、28日の2日間東大寺の大仏のお面を作るワークショップが開かれました。講師は版画家の田主誠さんです。型紙を切り抜き、参加者がそれぞれ思い思いの色を塗り、完成させました。子どもさんだけでなく、大人も童心にかえって夢中になっていましたよ。ロビーで完成写真を公開しています。

(池池子゛子゛)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


行基展がはじまりました。ロケットスタートです!?

2013/04/20 23:02
行基展の初日、何とか演示を終えて、無事スタートしました。解説プレートがひとつ、逆さまにおかれていたのはご愛嬌。中国の旧正月では「副」の字を逆さに張り付けたりします。「到福」といって転倒した福は「福が来る」という意味になります。もちろんすぐ直しました。

開会式には竹内忍一議長が駆けつけてくださり、「三世一身法」に言及し、それが行基の土木事業や開墾事業の前提であると指摘され、今日における意義についても示唆されました。西川俊孝教育長も川下貴弘地域教育部長もお越しくださいました。

天理大学雅楽部による管弦、謡、舞楽は行基が活動した天平の時代に聴衆をいざないました。佐藤浩司教授の解説もまた独特の味わいがありました。アンケートをみると絶賛にちかいものでした。古代にタイムスリップしたような気分になった人も多かったようです。6月1日(土)には雅楽の楽器を奏で、舞楽の衣装を身につけて踊るワークショップが開かれます。天理大学雅楽部の学生さんたちが今度は手取り足取りで教えてくれることになっています。
画像

吹田高校の学生さんたちが作ってくれた古代の「蘇」もふるまわれました。今日は古代づくめで楽しんでいただきましたが、展示場の入館者は260名を越え、開会式、雅楽、講演会も用意した椅子がほぼ満席でした。「痩せ馬の先走り」にならないことを願っています。(アルプスの少年)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


館長ギャラリートーク(3階ロビー)

2012/11/25 22:19
見どころいっぱいの「ニュータウン半世紀展」も、きょう11月25日が最終日!
館長のギャラリートークは宗教人類学者らしくユダヤ教から日本の神話もまぜこんで千里ニュータウンを解説しました。
画像


画像


そして「最後の晩餐」のような記念撮影をして秋季特別展は閉幕しました。
画像


(おーぼら)

【ふろく】  開幕翌日10月14日の北海道新聞にニュータウン半世紀展/バスオールの記事が出ていました!
画像
 
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


輪になって語りました!フォーラム「千里ニュータウンの未来を語る」(11/24)

2012/11/24 16:30
まずは中牧館長によるオリエン的講演「見せたい住宅、住みたいタウン −千里ニュータウンの軌跡−」から…
画像

ダジャレの連発で千里ニュータウンの物語が解き明かされていきます…(館長の専門は宗教人類学なんです)
画像

実行委員も観客の方も輪になって語りました!
画像

キーワードがいっぱい出ました。(この方式だとブログにするの楽やわ〜→画像をクリックすると大きくなります)
画像


まさに車座になってのフラットなセッションでした。

(by okkun)

セッションがおわって
画像

(おーぼら)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


すいはく突発的大盛況!

2012/11/24 03:05
11月25日までの「ニュータウン半世紀展」、11月23日は神戸女子大デーということで、リカちゃん団地模型に関するお話がありました。

まずは五月女学芸員から前説…
画像

梶木先生、目〜あけて〜!
画像

模型製作の苦労を明るく語る神戸女子大の皆さん
画像

パワーポイントもDREAMいっぱい!
画像

そのあと展示室に移って…この盛況はすいはく開闢以来?
画像

そのあとの「日本のニュータウン、世界のニュータウン」も好評でした。遠くはソウル、つくば、名張からも聴講に来ていただきました。
画像

「ニュータウン半世紀展」、25日まで!

(by okkun)
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


おでかけイベント「団地名勝見て歩き UR千里竹見台団地〜新千里東町団地」を行いました!(11/18)

2012/11/18 23:44
11月18日(日)、今年は紅葉がひときわ鮮やかな千里の団地を、団地鑑賞の名手「プロジェクトD」の皆さんの案内で歩きました!

●団地ファンには有名なUR千里竹見台団地から…2歳児もパパの肩に乗って歩きます。「おりるおりる〜!」…ここは高層スターハウスでよく知られますが、1970年の万博開催中は東側諸国の外国人ホステスなどの宿舎でもありました。
画像

●こちら中層棟。公園の作り方ひとつにも、設計者の心づかいがこもっています。妻面の「壁画」は景観に変化を持たせるため1980年代から全国の公団団地で描かれたもので、公園に面した棟が目印になるよう描かれています。今では樹が大きくなって住棟を隠してしまうので、団地の建物観賞にいい季節は冬だそうです。
画像

●つづいて訪ねたUR新千里東町団地は、URの団地配置の最高傑作とも…ここも万博開催中は西側諸国の外国人ホステスなどの宿舎として使われ、天井が少し高いのです。「万博外人村」って言われてました。東側諸国と西側諸国の宿舎を分けてたんですね…って、今の若い人にわかるかな?東にあるのが東側諸国じゃないですよ…
画像

●最後はみんなでパチリ!画面の左奥には、外国人たちが水浴びをしたという浅〜いプールの跡が…ここに住んでたという方も参加してましたよ。何とか雨は逃げ切りました。
画像

千里ニュータウンはまさに「団地のメッカ」!半日歩いただけで、いろんな物語が発掘できました。

(きょうちゃん okkun)
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


東日本復興支援チャリティーコンサート

2012/11/18 18:32
すいはく20周年記念東日本復興支援すいた市民会議(復吹会:ふくすいかい)が
宮城県と山形県のいも煮をしました。とても美味しくて200食が完売しました。
画像

エコおもちゃ作り市民塾も出展しました。

東日本復興支援すいた市民会議は市内のボランティア団体の連合体です。社会福祉協議会を含めNPOや任意団体の20近くの団体で構成されています。毎月会議があります。議事録はこちら


講座室ではチャリティーコンサートがありました。
画像




画像


画像






画像


(おーぼら)
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
みんなで祝おう! 博物館で結婚式!
みんなで祝おう! 博物館で結婚式! 「ニュータウン半世紀」を記念し、このまちがずっと幸せに続くことを願って、千里ニュータウンに40年以上お住まいの二組のご夫婦に、「博物館で結婚式」をあげていただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/17 16:50
こんなんあってん!: 「地域でがんばるいろいろミュージアム」シンポジウム@すいはく
こんなんあってん!: 「地域でがんばるいろいろミュージアム」シンポジウム@すいはく 11月15日ですいはく20周年 その記念の北大阪ミュージアムネットワークシンポジウム 「こんなんあるねん!地域でがんばるいろいろミュージアム」に行ってきた ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/15 18:30
敷地に価値なし、エリアに価値あり―世界遺産クラス?: 館長のページ新記事アップ
敷地に価値なし、エリアに価値あり―世界遺産クラス?: 館長のページ新記事アップ すいはく公式サイトの館長のページに、ニュータウン半世紀展の3つの講演(10/28 藤本英子先生、11/3 太田博一先生、11/4 片寄俊秀先生)によせた記事がアップされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/11/11 22:40
3階広場は異文化交流  食べ物編
3階広場は異文化交流  食べ物編 ★3階広場は異文化交流  食べ物編 【ベトナム】 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/10 23:42
ニッポン建設映像祭 番外編 in 千里ニュータウン(11/10)
ニッポン建設映像祭 番外編 in 千里ニュータウン(11/10) 11月10日 10時から講座室ではニッポン建設映像祭 番外編 in 千里ニュータウン 解説はアンダーコンストラクション・フィルム・アーカイブ(UCFA)代表の吉永健一さん。プロジェクトDでご活躍の吉永さんですが、きょうはこの立場で登場。UCFAはこんな活動をやっているグループですが、このような「建設映像」には、●当時の建築が写っている●当時の建設技術、工法が写っている●当時の風俗、生活が写っている…そしてこのような映像はフィルムのままひっそり倉庫に眠っていることも多いため、発掘してデジタル化し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/10 23:41
団地再生見て歩き『新千里南町〜桃山台〜佐竹台』 :おでかけイベント
団地再生見て歩き『新千里南町〜桃山台〜佐竹台』 :おでかけイベント さわやかな秋晴れがつづいていますね。おでかけイベント全8回のうち、11月7日(水)で7回目となりました。この日は、団地再生見て歩きのテーマで『新千里南町〜桃山台〜佐竹台』を歩きました。新しい団地にも見どころがたくさんありました。 (きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/10 10:00
講演会「千里ニュータウンを世界遺産に」(11/4)
講演会「千里ニュータウンを世界遺産に」(11/4) 11月4日午後2時半から講座室では大阪人間科学大学教授の片寄俊秀さんの講演会。片寄先生がすいはくで講演するのは今回が4回目です。 1回目2006/04/23、2回目2007/10/26、3回目2011/03/31 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/08 00:18
にぎわいイベント「ミゼットがやってきた!」
にぎわいイベント「ミゼットがやってきた!」 11月4日午前10時前、博物館にミゼットがやってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/04 17:19
講演会 理想都市『千里ニュータウン』の計画と現状(11/3)
講演会 理想都市『千里ニュータウン』の計画と現状(11/3) 11月3日(土曜・祝)午後2時〜4時 都市デザイナー太田博一さんの講演会がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/03 22:37
すいはくで吉永小百合に逢おう!
すいはくで吉永小百合に逢おう! 千里ニュータウンで撮影された「青春のお通り」は秋季特別展期間中に3回上映されました。 11月2日と3日はその二回目と三回目(最終回)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/03 18:53
講演会「造られたまちから創るまちへ」(10/28)
講演会「造られたまちから創るまちへ」(10/28) 10月28日(日曜)午後2時〜4時 カンチョーあいさつから始まりました。 今日の午後は晴れてよかった。この10年、Creative Cityという言葉が脚光を浴びている。 金沢市、横浜市、大阪市などはCreative Cityをめざして、さまざまな活動を行っている。しかし男性中心のCreative City論が多いようだが、今日の講師は女性。 きょうのレジメに世界感という文字が観光の観ではなく感覚の感と書かれている。女性ならではの感性とまちづくりが話題となるだろうことを期待しています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/28 23:09
講演会「熟年留学生の見たオランダの住宅事情と千里再生への提案」(10/27)
講演会「熟年留学生の見たオランダの住宅事情と千里再生への提案」(10/27) 大阪府に勤めていた角橋さんが還暦を迎えたころ、かつて大阪府企業局に勤めていたときに留学したことのあるハーグにある社会科学研究所から学生を紹介してほしいと要請があった。めぼしい学生がいなかったので(還暦を迎え)熟年の自分が行くことにしたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/27 23:42
フォーラム「ご当地 自慢!」
フォーラム「ご当地 自慢!」 10月21日(日)午後2時から千里ニュータウンおよびその周辺にお住まいの地域の重要人物が集まって半世紀を迎えた千里ニュータウンの現状と今後の夢を語るフォーラムがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/21 21:47
すいはくで吉永小百合に逢おう!
すいはくで吉永小百合に逢おう! 10月19日(金曜)午後1時30分〜3時15分すいはく講座室で日活映画 吉永小百合主演 青春のお通りが上映されました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/19 22:31
10/14陳秘秀先生講演会「韓国ニュータウンの形成」の報告
10/14陳秘秀先生講演会「韓国ニュータウンの形成」の報告 10月14日(日)の午後2時から、陳泌秀先生の講演会「韓国ニュータウンの形成過程と現状―故郷をつくらないノマドたちの町」がありました。内容については、中牧館長が2012.10.19にアップされたすいはく公式HPの館長ページ「韓国学中央研究院の文玉杓教授が来館」にわかりやすく書いてくださっていますので、ごらんくださいませ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/19 22:01
ニュータウン半世紀展開幕!
ニュータウン半世紀展開幕! ニュータウン半世紀展が開幕しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/14 11:26
さわって楽しむはくぶつかんinすいた 上々のスタート
さわって楽しむはくぶつかんinすいた 上々のスタート 9月2日(日)、「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」の企画展が上々のスタートを切りました。オープニングイベントの参加者は約120名、展示の見学者も80名を越えました。展示場には親子連れが目立ち、小太鼓や三味線の音が響き渡っていました。学芸員実習を兼ねて展示を企画した学生さんたちもそれぞれの持ち場で展示を解説し、来館者に目を配っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/03 10:20
2012年度 夏季展が閉幕しました
2012年度 夏季展が閉幕しました 小中学校の夏休みの終了とともに、すいはくの夏季展も終了です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/26 22:20
夏季展 千秋楽は 劇団 にのいち公演
夏季展 千秋楽は 劇団 にのいち公演 2012年の夏季展はきょうが千秋楽。 この楽日、トリのイベントは劇団「にのいち」が演じました。 題して「ええもん見〜つけた!〜山田さんちの半世紀〜」 昭和31年から今年までの山田さんちの半世紀を劇で笑わせてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 21:08
講演会 吹田市の巨大災害シナリオ
講演会 吹田市の巨大災害シナリオ 今年の夏季展は残すところあと2日となった8月25日(土)午後2時から関西大学社会安全学部准教授の永松伸吾が「吹田市の巨大災害シナリオ−市民はいかに備えるべきか−」という講演会をしました。    東日本大震災がおきて2日後には釜石市に入ったそうです。そのなまなましい被災地の状況を説明しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/25 22:01
講演会 正雀川と鴨川のほとりで考える
講演会 正雀川と鴨川のほとりで考える 8月24日(金曜) 14:00から講演会「正雀川と鴨川のほとりで考える−社会的不利条件を生きる−」がありました。 講師は大阪人間科学大学准教授の石川久仁子さん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/24 20:53
「絵本がいっぱい」最終日
「絵本がいっぱい」最終日 8月22日火曜日 「絵本がいっぱい」の最終日です。 すいはく3階ロビーには吹田お話の会から3名がやってきて「お話しスペシャル」を披露しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/22 20:09
森のクラフト
森のクラフト 夏休み最後の週になった8月21日講座室で午前10時と午後1時半から 身近な植物の実などを利用した森のクラフト講座を2回にわたって開きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/21 22:40
たそがれコンサート&講演会
たそがれコンサート&講演会 お盆休みの最終日、8月19日(日)午後4時から講座室で紫金山グリーン合奏団のたそがれコンサートがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/19 22:33
講演「未来の子どもたちに残す吹田の環境」
講演「未来の子どもたちに残す吹田の環境」 8月18日午後2時から中牧館長が「夏季展は第4コーナーを回ったところだ。最後の直線を前に環境政策室長の講演を楽しみにしている」とのあいさつがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/18 21:24
歴史講座「水辺の環境と生業」
歴史講座「水辺の環境と生業」 8月18日午前10時半から博物館の藤井学芸員の歴史講座「水辺の環境と生業」がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/18 19:53
講演会 生物多様性に配慮した庭づくり
講演会 生物多様性に配慮した庭づくり 8月15日午後2時から講座室で生物多様性に配慮した庭づくり 〜ベランダや屋上のみどり〜という内容の講座がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/15 18:46
フォーラム『子どもと環境』
フォーラム『子どもと環境』 8月12日(日)午後2時から講座室でフォーラム『子どもと環境』がありました。 出演者はひごろ「環境」を通して子どもたちと交流している人たちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/12 23:07
講演会 あなたの住まいの土地環境
講演会 あなたの住まいの土地環境 11日(土曜) 14:00から大阪市立大学大学院教授  三田村宗樹さんが「あなたの住まいの土地環境 〜地震災害にかかわる宅地造成地の特性〜の講演をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/11 23:03
歴史講座 考古学と環境
歴史講座 考古学と環境 お盆休みに入った11日午前10時半から学芸員の高橋さんが歴史講座「考古学と環境」をしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 22:20
フォーラム スイタクワイの食と文化
フォーラム スイタクワイの食と文化 8月4日(土)午後2時から 吹田慈姑保存会のみなさんがフォーラムをしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/04 23:29
ゴーヤジュース そうめんながし そして すいはく満員
ゴーヤジュース そうめんながし そして すいはく満員 8月2日 講座室では 木っ端細工:クラフトがひらかれ 3階広場ではそうめん流しに並行してゴーヤジュースのふるまいがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/03 22:14
そうめん流し
そうめん流し やや遅れて 正午過ぎにすいはくに行ったんだけど  え?なななんだ?椎名誠でも来るのか? ってぐらい 駐車場は満車 博物館下には自転車が溢れ 3階に上がると長蛇の列 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/02 22:11
親子工作教室
親子工作教室 8月に入って子どもたちが宿題の作品づくり ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/02 20:48
「ちりめんモンスターを探そう」@すいはく
「ちりめんモンスターを探そう」@すいはく 「チリモン(ちりめんモンスター)」を探そう!は 毎回 大人気 今年は 4倍の抽選で当たった 8月1日 午前30名 午後30名の児童が参加した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/01 09:38
子どもミュージカル 小さな葉っぱの物語
子どもミュージカル  小さな葉っぱの物語 音楽雑技団CoroBacio(コーロバーチョ)が 子どもミュージカル「LITTLE LEAF'S STORY:小さな葉っぱの物語」を演じました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/29 12:33
ストリートダンス コレクション
ストリートダンス コレクション 今日(7月28日)の最高気温35.9度が出たのが午後3時51分。 その直後の午後4時から市内で活躍している10組のストリートダンスチームが演技を披露してくれました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/29 00:07
JAZZのつどい  ディキシーからスイングまで
JAZZのつどい  ディキシーからスイングまで 夏季展は2回目の土曜日を迎えました。暑さも最高潮。 きょう(28日)大阪の最高気温は35.9℃とやら・・・ふーーー、めまいがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/28 18:41
森のクラフト
森のクラフト 7/25(水)午前、午後と講座室では「森のクラフト」が開かれました。 材料のほとんどが吹田市内の公園などにある木の実や草の実などを乾燥させたもので、何十種類にもなります。 身近なところにちょっと眼をこらすといろいろなものが見えます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/25 22:03
フォーラム「明日の吹田 私たちの夢見る環境」
フォーラム「明日の吹田 私たちの夢見る環境」 夏季展二日目(7月22日)は市内の高校生、大学生が『私たちの夢見る環境』というテーマでワークショップ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/23 12:37
夏季展オープニングイベント
PM1時45分から夏季展の開幕式があり中牧館長と喜田実行委員長が挨拶しました。 中牧館長のあいさつ:  この夏季展開催にあたっては実行委員会のみなさんや公民館のグループなど多くの市民のみなさんのお世話になった。 イベントのプログラムを見ると多彩なイベントに驚く。まさに月月火水木金金だ。過去現在未来の環境を考えるイベントが目白押しだ。市民の熱情とパワーがさく裂した展示とイベントです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 19:32
金環日食観察会が吹田ケーブルテレビで放送
夏季特別展のプレイベントとして5月21日に行いました金環日食観察会の模様が下記の日程で吹田ケーブルテレビ(11チャンネル)で放送されますのでお知らせします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/29 18:46
金環日食観察会@すいはく
2012年5月21日早朝、金環食を見るために約150人が博物館の広場に集まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/22 00:02
自分で着物を着てみよう: カンチョー乱入はできませんでした。
カンチョーの退館記念講演があった5月20日(日曜)、午前中(10時〜正午)には、きもの着付「自分で着物を着てみよう」(講師 西田智誉氏)が、講座室でありました。 ようすを見に来たカンチョーですが… 男子禁制! 扉にもしっかり鍵がかかっていて、入れませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/21 19:17
小山カンチョー退官記念講義
2004年6月から2012年5月までの8年間、吹田市立博物館の館長をつとめた小山修三館長が今月末退官します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/20 20:20
金環食のお勉強と日食メガネ工作
5月19日(土)博物館の講座室では金環日食当日の時刻近くの時刻=朝8時から講座がありました。 講師は神戸市立青少年科学館の杉野文昂(ふみたか)さん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/19 11:06
「大庄屋 中西家名品展」開幕
「大庄屋 中西家名品展」がはじまりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/28 19:32
小松左京写真展 宇宙に翔く夢 千秋楽
朝から雨模様の4月22日(日)… しかし、すいはくは熱かった! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/22 18:27
にのいち「逃げていった子」再上演
先月末に上演後に再演の希望がたくさんあったので劇団にのいちが再演してくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/15 23:40
第6回 お花見コンサート 2012
2012小松左京写真展関連イベントとして 『お花見コンサート−小松左京 宇宙に翔く夢−』が開かれました。 会場は超満員で立ち見もでました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/04/08 18:51
講演会「災害から文化財を守る」文化遺産は次世代への贈りもの
4月1日(日曜)14:00〜15:30 講演会「災害から文化財を守る」文化遺産は次世代への贈りもの  土岐憲三氏(立命館大学歴史都市防災研究センター長) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/02 00:05
アンテナ伸展: 小松ロケット計画(その5)
2012/4/1 小松ロケット状況報告 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/01 23:11
着陸船出現: 小松ロケット計画(その4)
2012/3/31 小松ロケット状況報告 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/01 10:01
にのいち「逃げていった子」上演
●演劇 3月31日(土曜) 14:00〜15:00 小松左京原作・増本伎共子脚本「逃げていった子」 劇団にのいち 兄:金子真佐美 妹:岸 浩子 母:上田昌代 叔父:鈴木和子 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

2012/03/31 18:35
アートよもやま話 ”20世紀少年”は私かも −第五回内国勧業博覧会からEXPO’70へ−
氷が降った3月24日(土)、午後2時から大阪大学総合学術博物館長・教授の橋爪節也先生の 「アートよもやま話  ”20世紀少年”は私かも −第五回内国勧業博覧会からEXPO’70へ−」がありました。 今日は、「私の万博ツアー」「小松左京 新発見資料」「ハンパクニュース」「第五回内国勧業博覧会」の4つを柱にお話いただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/25 23:11
フォーラム「テレビの時代」
3月25日(日曜) 14:00〜15:30 フォーラム「テレビの時代」  古吟勳一氏(元関西テレビディレクター)  桑原征平氏(大阪芸術大学教授・フリーアナウンサー) 館長の指名で飛び入りの高田公理氏(佛教大学教授) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/25 21:54
フォーラム「ラジオの時代」
3月20日(火曜・祝)14:00〜15:30 フォーラム「ラジオの時代」  小佐田定雄氏(落語作家)  かんべむさし氏(SF作家)  堀 晃氏(SF作家) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/03/20 22:12
フォーラム「小松左京を語る 」
3月18日(日曜) 14:00〜講座室には大勢の聴衆が集まりました。 石毛直道氏(国立民族学博物館名誉教授)、 辻一郎氏(大手前大学評議員)とカンチョーが小松左京さんを語りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/18 20:28
小松・水ロケット 飛んだ〜
3月18日、吹田市立片山中学校の理科部の生徒たちが、とり・みきさんデザインの小松ロケットつけた水ロケットを制作すいはくの前の広場で、開幕を祝って(2日目だけど)華々しく飛ばしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/18 20:01
「千里でやってみたいこと」大プレゼン大会!(2/25)
このブログでもお知らせした千里市民フォーラム主催の「第10回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム」が2月25日、千里中央の「コラボ」で開催され、14組の市民が「千里でやってみたいこと」を発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/01 02:10
勾玉作り
本日(2月26日)、親子体験講座「勾玉作り」がありました。参加者は午前の部が57人(親25,子ども32)、午後の部は47人(親22、子ども25)で、合計104人です。 参加者は勾玉を削った粉にまみれながらも親子で協力して勾玉を作っていきました。子どもたちは皆、出来上がった勾玉を早速首からさげ、嬉しそうにニコニコと帰っていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/26 17:35
さわる実験講演 女神の旅
1月14日(日)午前10時から、カンチョーのさわる実験講演「女神の旅」がありました。今回は、パワポはつかわない!視覚ではなく、触覚をつかって理解してもらおうという試みです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/14 19:34
2011年「どんじ祭」展・観覧者数速報
吹田市無形民俗文化財指定記念展示「どんじ祭り−古式を伝える祭祀−」の観覧者数(カウンターの前を通って展示を観覧した人数)のとりあえずの集計ができましたのでご報告します。 会期は2011年10月22日〜11月27日の30日間で、観覧者の合計は730人でした。ちなみに、10/22および11/19、20は無料観覧日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/01 21:35
どんじ展関連歴史講座「水辺の祭祀−宗教考古学の視点から−」
「どんじ祭」展もいよいよ今日が最終日。ロビーには、どんじ祭の幟(のぼり)とどんじ祭の由来になった伝説を描いた屏風が飾られています。この屏風、アニメ日本昔ばなしみたいで、かわい〜の! ところで、昨日(11月26日・土)午後2時から、小山修三館長と高橋真希学芸員による歴史講座「水辺の祭祀−宗教考古学の視点から−」がありました。 最初に、小山館長が「オーストラリア・アボリジニと水」について話しました。概要は昨日のブログのとおり。スクリーンに映っているのが、「点描画」で、同心円文がたくさん描かれてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/27 09:16
高校生と博物館
昨日(11/23)は「岸辺の民話の読み語りと紙芝居」が行われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/24 10:09
カンチョー@益田清風高校 2日目
小山先生にはこれまで5年連続して、「地域研究」や「観光地理」の授業で講義いただいています。 地域の食文化を知ろうという目的で、本日(11/22)の授業を行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/22 19:55
鳥浜貝塚発見50周年パネルディスカッション  :11/19カンチョー@若狭三方縄文博物館隣
トリハマ貝塚のパネルディスカッションは梅原猛先生の講演のあとを受けてはじまりました。 この小さな町*に300人をこす人があつまったのにはいまさらながら驚きました。そのあとはじめたのですが、1/3の観客が去っていました。それでも、200人なので大盛況と言うべきでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/20 20:42
一夜官女のまつりをたずねて :黒田一充氏講演会「宮座の祭り―供物を捧げる女性たち―」
一夜官女はどんじ祭りの背景となっている物語、司馬遼太郎は1962年に書いた小説で、なにわの津にそそぐ中津川のほとりにある、野里村の住吉神社の儀礼を題材にしています。旅の途上にあった小若という女性が村人の頼みを受け入れて人身御供となり、本殿で(自ら神だという)岩見重太郎と一夜を過ごす話。小若の上品な色気と青年剣士、岩見重太郎の涼やかさは、のちの「竜馬が行く」の登場を予言するような小品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/17 07:07
リモセン学会@弘前大学の報告 写真版
11月12日のブログでカンチョーが11月10〜11日に弘前大学であったリモートセンシング学会の報告をいたしましたが、そのときの写真を入手いたしましたのでご紹介いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/16 07:05
石ころアート :すいはくで子ども向けイベントがありました
11月12日(土曜)、子どもたちが、石ころアートをつくりました。午前10時〜12時と午後1時30分〜3時30分の2回、指導は吹田イラストレーター育成塾のみなさんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/13 09:19
「一夜官女とその周辺−淀川河口部地域の民俗文化−」講演要旨
11月6日(日曜)午後2時〜3時30分、澤井浩一氏(大阪歴史博物館学芸員)の講演会「一夜官女とその周辺−淀川河口部地域の民俗文化−」がありました。 大阪市西淀川区野里の住吉神社の一夜官女祭は、どんじ祭りと同じく神饌を作って神社に奉納し、その際に人身御供とされる少女が供物を奉納することに特徴があります。江戸時代から人身御供の奇抜さから奇祭として地誌や絵画資料にも取り上げられてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 07:01
笑い弾ける♪ 秋のコンサート @すいはく
今日は、紫金山グリーン合奏団のコンサートでした。博物館が立地する「紫金山公園」からとった、地域密着型の名前がいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/06 00:40
熱気にあふれるシンポジウム: 「手学問のすゝめ」みんぱく公開シンポ報告
すでに報告したように、10月29日と30日にみんぱくで「ユニバーサル・ミュージアムの理論と実践―博物館から始まる「手学問のすゝめ」―」が行われました。チラシをつくり100名の定員と一般によびかけましたが、早々に定員をオーバーして〆切らざるをえず、お断りがたいへんだったそうです。こういうオカタイ会はアキが出ることが多いのですが、北海道から九州までかけつけてきて、長丁場になのに帰る人もなく、両日とも部屋いっぱい、大変な熱気、フロアからの発言も活発でした。ろう(聾)のかたの参加もありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/11/01 07:31
公開シンポ「ユニバーサル・ミュージアムの理論と実践―博物館から始まる「手学問のすゝめ」―」@みんぱく
昨日(10月29日)午後から、民博公開シンポジウム「ユニバーサル・ミュージアムの理論と実践―博物館から始まる「手学問のすゝめ」―」がはじまりました。北は北海道から南は九州まで、全国から参加申込みがあったそうで、募集開始まもなく定員オーバーしてしまい、ずいぶんお断りしなければならなかったそうです。 シンポジウム会場外の通路には、さまざまな「さわる」ことのできる展示物や作品が持ち込まれ、さながら臨時「さわる」展覧会の様相に。。。↓広瀬先生がさわっているのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 06:35
カンチョー、縄文人の社会を語る @三鷹市
カンチョーが「武蔵野台地の大集落と中期縄文人の社会」について講演しました。 (10月23日(日)三鷹市教育委員会主催 東京三鷹産業プラザにて) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/25 00:00
歴史講座「吹田市無形民俗文化財になった吉志部神社の「どんじ祭り」」
10月23日(日)午後2時から約1時40分、藤井学芸員の「吹田市無形民族文化財になった吉志部神社の「どんじ祭り」」というお話をお聞きしました。 地域を見直すよい機会となりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/24 19:09
「どんじ祭り」展がはじまりました!
吹田市無形民俗文化財指定記念展示「どんじ祭り−古式を伝える祭祀−」がはじまりました。この展覧会では、神社祭礼の古い形態が残されているどんじ祭りを詳細に紹介しています。昨日(10/22)は、その初日。観覧無料日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 16:47
どんじ祭を見に行く
10月17日(月)午前、どんじ祭がはじまりました。今日のおでかけに参加希望していたカンチョーは寝過ごして、最初の行列を見逃したそうです。今年のおちごさんは、年長さん2人、小学校1年生1人、2年生1人の計4人でした。「かわいらしい〜」 今回のどんじ祭につかわれたさまざまなものが、10月22日(土)からすいはくで展示されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/17 15:14
講演『水と吹田−水がつづる吹田の歴史−』 :西国街道連携事業
すいはくは昨年度に引き続き、今年度も西国街道連携事業に参加しています。 今年のテーマは「水」。10月〜12月に西国街道周辺の市町村、美術館博物館・資料館で様々なイベントが催されます。すいはくでは、10月8日(土)14:00〜15:30、加賀眞砂子先生(吹田郷土史研究会顧問)に「水と吹田 水がつづる吹田の歴史」と題したお話をして頂きました。 吹田の名水 まず登場したのは、「吹田の三名水」・・・垂水の滝、泉殿宮の霊泉、佐井の清水。 昔から吹田の水は、景勝地として、また、特別な霊験を持った水と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/10 13:41
タンデム自転車(2人乗り自転車)で楽しもう!
9月25日(日)、さわやかな秋晴れになりました。各地で運動会が行われていたようですが、すいはくではタンデム自転車(2人乗り自転車)で楽しもう!がありました。 このイベントは、タンデムのうしろにのって自転車のスピードを楽しみたいという視覚障害者のみなさんからの要望をうけて実現しました。 盲導犬も4匹きてくれてました盲導犬は展示場にも一緒に入って触学をたすけていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/25 22:55
琵琶を触って、聴いて、魅了され・・・た!
9月23日午後、「琵琶を触って、聴いて、魅了されて」がおこなわれました。講演と筑前琵琶の弾き語り。 場所はロビー、なんと、あの馬の台の上でした。いろいろ使い方があるもんでんねー。 講師のS.ギニャール旭西さんはスイス生まれ、ショパンのワルツ研究でチューリッヒ国立大で博士号取得、そのあと日本に留学して琵琶を人間国宝、 山崎旭翠に学んだ後、大阪学院大教授になったという異色の経歴の方です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/23 21:29
さわればわかる!  −−「手学問のすゝめ」 広瀬先生のワークショップ
報告が遅れましたが、9月17日午後1:30〜と15:00〜の2回、みんぱくの広瀬浩二郎先生のワークショップがありました。 先生は、さわることの奥深さをどうすればよいかと、いつも考えているようです。過去5回のすいはくの実験展は大変刺激になったそうです。今回「手学問」というキャッチを出して、新しい形を考え、午後二回にわたってワークショップをやったのですが、力が入りすぎて?まるで講演会のようでした。 みんぱくのミュージアムショップから選んだモノ、とくに丸いモノがあつめられていました。グアテマラの毬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/22 19:29
ギター演奏会 ♪残暑を吹き飛ばせ!ジョイントコンサート♪
9月19日(月・祝日)、14:00〜15:30、秋田克英氏と福田由紀雄氏ほかによるギター演奏会「♪残暑を吹き飛ばせ!ジョイントコンサート♪」がありました。 秋田さんは、東日本大震災からの復興を願う歌や、故郷への思いを込めたメンバー作詞作曲の歌などを歌いました。 中途視覚障害者の福田さんは、目が見えなくなってから、空(宇宙)について想像を巡らすことが多くなったと語り、「上を向いて歩こう」や「見上げて夜の星を」などを歌いました。 最後の2曲はお客さんも含めみんなで歌い、アンコールもありました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/19 17:58
まん○粘土制作なう @ すいはく
9月18日午後、すいはく講座室でまん○粘土をつくるイベントをやっています。今日の作品は滋賀県陶芸の森での展覧会に出品されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/18 14:49
和楽器に親しむ --さわる展@すいはく
さわる展はいよいよ中盤に差しかかりました。展示室では大人も子どももさわることをたのしんでいました。琴、三味線、尺八などの楽器も並べられて いますが、なかなか上手に引いている子がいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/17 18:44
タイで「さわる展」があるかもね! JICA博物館学集中コース@みんぱく ファイナルレポート&修了式
JICA博物館学集中コースに参加した10人の研修員から、3か月間にわたる日本での博物館学研修と帰国後の予定についての発表が行われました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/13 06:14
文書レスキュー隊育成講座
9月11日(日)、まだ、すこし暑ったけど、さわやかな秋晴れの一日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/12 06:22
「さわる みんなで楽しむ博物館」開幕! 今日はお茶会がありました〜♪
台風一過の9月4日(日)、秋季特別展「さわる みんなで楽しむ博物館」がはじまりました。 11:00〜11:05 小山館長あいさつ たくさんの方々のご協力で開催にいたりました。ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/09/04 17:00
森のクラフト 2回目
8月24日(水)午前10時〜正午と午後1時半〜3時半の二回にわたって8月4日と同じように市内の里山などであつめた素材を使って、すいた市民環境会議のみなさんの指導のもと、参加者はおもいおもいの作品をつくりました。夏休みの宿題として最高の作品ができました。明日から二学期が始まります。 すいはくの夏期特別展はこのイベントで無事終了しました。 掲載もれしたイベントも少々あります。順次これからゆっくりとアップしていきます。 (おーぼら) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/25 14:02
ガーデニングが地域の自然を壊す!?−生物多様性に配慮した庭づくりの方法−
8月23日(火)午前10時30分から兵庫県立淡路景観園芸学校景観園芸専門員で兵庫県立大学大学院 緑環境景観マネジメント研究科 景観植物資源部門 講師の澤田佳宏さんが講座室で「ガーデニングが地域の自然を壊す!?−生物多様性に配慮した庭づくりの方法−」という講演をしました。講演は「生物多様性とは?」という問いからはじまりました。生物多様性とは@いろんな種類の生きものがいること(種の多様性)とAその種のなかで遺伝子の変異があって(遺伝子の多様性)、B湿原の生態系、砂丘の生態系、里地や里山の生態系、農... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/24 17:33
「福島原発事故−なぜ起きた?防げたのか?今後どうなる?−」
8月21日(日曜)午後2時から講座室は満席になりました。 (株)日本システム安全研究所社長 吉岡 律夫氏による講演会「福島原発事故−なぜ起きた?防げたのか?今後どうなる?−」がありました。講演では福島第一原子力発電所での事故の推移をかたり事故の核心部分の水素爆発の説明や我々はどこで間違えたのかなどを説明しました。 詳細は失敗学会のホームページにゆずります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/22 19:12
森のコンサートと紫金山(里山)の講演会
夏休み最後の日曜日のおひる講座室は明るい音楽につつまれました。 ◇第一部 夏の朝一番を爽やかな歌声で!藤本清夏/Soprano、木村修子/Violin、橘 麻記/Pianoの三人による演奏でした。 「オズの魔法使い」より『虹の彼方に』 タイム・トウ・セイ・グッバイ Time to Say Goodbye 「マイ。フェアレディ」より『踊り明かそう』 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/21 22:01
吹田の災害−昭和9年室戸台風の記憶−
8月20日(土曜)午後1時30分から講座室では昭和9年のおはなしがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/20 23:14
チリメンモンスターをさがそう
夏休みもあとわずか。8月19日午後1時半から厳正なる抽選で当選した40人とJICAの研修生も参加してチリメンモンスターをさがそうが開かれました。ちりめんじゃこの説明からはじまりました。 みんなはいろんなモンスターを発見しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/19 17:07
★身近な材料で宿題を作ろう
8月18日(木)、「身近な材料で宿題を作ろう」がありました。牛乳パックをつかって、風車小屋、泳ぐ鯉、バタバタボート、貯金箱、水車ボート、パクパク人形のなかから好きなものをつくりました。午前の部のようすです。みんな、がんばって作っています。博物館外1階では、つくったおもちゃをビニルプールに浮かべてあそびました!(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/18 13:50
「身の回りの放射能測定」
8月17日(水)午後2時から、「身の回りの放射能測定」がありました。講師は、自然環境研究センターの柴山元彦先生です。放射能についての基本説明のあと、実際に講座室や人形峠の土を焼いたものなどの数値を測定しました。 吹田市立博物館周辺では、水辺の数値が低くなっているそうです。 今日は、質疑応答がずーっとつづきました。(こぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 18:28
霧箱作りと放射線のお話
8月16日(火曜)午後1時30分〜3時、「霧箱作りと放射線のお話」がありました。講師は、大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻の帆足英二先生と牟田浩明先生です。放射線の基礎のお話をしていただき そのあと、霧箱工作をして、放射線の観察をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 21:13
講演会 東日本大震災と大阪の地震
8月13日(土)午後2時から産業技術総合研究所の寒川 旭さんが「東日本大震災と大阪の地震−地震考古学からみた21世紀の大地震−」というテーマで東北地方の地震の歴史と、やがて来る南海地震について講演会されました。 寒川さんは香川県出身。香川県では寒川を「さんがわ」と読むそうです。将来は漫画家になりたいと思ってたそうです。講座室には120余名の聴衆があつまり、今年最高を記録しました。もう少しで立ち見がでるところでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/14 21:57
災害と医療
8月14日(日)午後2時から「災害と医療」という講演会がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/14 19:51
バックヤードツアー
博物館の展示室にある標本のかずはごく限られたもので、収蔵庫には100倍以上の標本があります。だから、本当に博物館を楽しもうと思ったら、裏手に回ること、つまりバックヤードツアーがいいということになるでしょう。今回は、収蔵庫の中をはじめ、消毒や防腐、発掘遺物の修理の様子、などを紹介しました。 宣伝が不足かと心配していたのですが子供から大人まで20人近い人が来たので胸をなでおろしました。裏手から見た感想、これを使ってこんな企画をやればおもしろいとか、みなさんの意見を聞きたいと思っています。博物館は市... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/13 12:27
タンデム自転車とゴーヤジュース
9日につづいて酷暑の10日、博物館前はタンデム自転車に乗る人・人・ヒト ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/08/10 20:07
シンポジウム 災害と博物館
8月7日午後2時からは吹田市立博物館と日本ミュージアム・マネージメント(JMMA)学会近畿支部とが主催するシンポジウム「災害と博物館−災害時に博物館ができること−」がありました。国立民族学博物館准教授の林勲男さんはみんぱくの取組みとして文化財レスキュー事業に参加し、これに基づく有形・無形文化の再生支援や被災市町村の関係資料や記録のリスト作成を紹介しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/07 19:48
フォーラム 吹田の自然−私のとっておき吹田の生き物−
8月6日(土曜)午後1時30分から市内で活躍する自然系の団体が「吹田の自然−私のとっておき吹田の生き物−」というテーマでフォーラムを開きました。 吹田ヒメボタルの会:塩田敏治氏「西山田緑地のヒメボタル」 吹田野鳥の会:平軍二氏「吹田のツバメ」 ガールスカウト第21団団員長:立木(ついき)靖子氏「吹田くわい」 Nacs-J大阪:香月利明氏「吹田のメダカ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 19:43
森のクラフト
市内の里山などであつめた素材を使って、8月4日の午前と午後、すいた市民環境会議のみなさんの指導のもと、参加者はおもいおもいの作品をつくりました。もう夏休みの宿題のひとつができました。午前は39人、午後は34人が参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/04 22:49
鯰絵をみる :歴史講座「昔のひとは災害をどう考えたか」
7月30日(土曜) 午後2時から博物館学芸員の寺澤慎吾さんが歴史講座「昔のひとは災害をどう考えたか−日本人の災害観とその変遷−」を講演しました。今年4月すいはくに着任した寺澤さんにとって、すいはくでの初舞台だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/04 12:28
講演会「大阪及びその周辺地域の断層と地震」
7月31日(日曜) 午後1時から吹田地学会事務局長の林 隆夫さんが「大阪及びその周辺地域の断層と地震」について講演してくださいました。100人を超す聴衆で会場はムンムンでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/01 10:41
竹で遊ぼう
7月28日(木)午前10時〜12時と午後1時30分〜3時30分の2回、講座室で千里竹の会による工作企画「竹で遊ぼう」がありました。午前中は普段の入りでしたが、午後は講座室いっぱいのひと、子供とママ達…。竹の会のおじさんたちはこんなに来てどうなるのだろうと心配していましたが、参加者もてなれたモノで、トラブルもなく、たくさんのおもちゃを楽しんでいました。 夏休みの平日、子供たちに涼しい遊び場と工作をという企画は大成功、この後も木曜を中心に続きますが、博物館はたくさんの人が楽しめる場所となってきたこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/29 00:41
バス見学会「毛馬閘門と淀川資料館」
7月27日(水)のおでかけイベントは、市役所の博物館用特別仕立てバスで毛馬閘門(けまのこうもん)と淀川資料館へ!(募集定員20名)すいた市民環境会議のブログに詳しいレポートがありますのでご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/29 00:26
講演会 「吹田市と津波」
7月24日(日曜)午後2時から関西大学社会安全学部教授、高橋 智幸さんが津波災害とその教訓を語ってくださいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/24 21:30
「消防隊員からみた被災地」
7月23日(土)午後2時から、東日本大震災の被災地で、被災直後に救助活動をした吹田市緊急消防援助隊の薦田さんと、4月に障害者支援活動をしたさつき福祉会の鴨居さんの講演会がありました。 薦田さんは吹田市消防本部の緊急消防援助隊所属です。いわゆるレスキュー隊員で、国際救助隊(IRT:International Rescue Team of Japan Fire-Service)の登録隊員にもなっていらっしゃいます。3月11日14時46分東日本大震災発生、吹田市消防本部は、その5時間後の、20時に薦... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/24 03:38
紫金山公園の野草探索
7月23日午前10時から正午まで博物館の西本さんが博物館の3階広場の野草をはじめ、紫金山公園の吉志部神社ちかくまでの野草の探索会をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/24 00:59
カンチョーうどん
7月23日(土)、11時過ぎ頃から、カンチョー招聘うどんがはじまりました。カンチョー招聘と銘打っていますが、カンチョーは食べているだけ・・・です、あしからず(笑) 熱いきつねうどんと、冷たいうどんがありました。どちらもおいしい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 17:49
レスキュー車なう@すいはく
今、すいはくに吹田レスキュー車が到着! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 13:20
★自然の素材で楽しいクラフト★
7月21日(水)、台風一過、でもなんだかすっきりしない天気ですが、すいはく講座室は「自然の素材で楽しいクラフト」にやってきた親子連れで朝から大賑わいです。 はまってしまっているのは大人のほう?(^o^)/ すてきな作品ができたかな〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/21 16:02
講演会 吹田の天然記念物になったヒメボタル
今年4月11日にヒメボタルは吹田市の天然記念物として登録されました。きょうは元大阪市立自然史博物館館長で吹田市の文化財保護審議会の委員もなさっている宮武頼夫さんに「吹田の天然記念物になったヒメボタル」という講演会をしていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 22:28
講演会「ALOSから見る日本列島−衛星データでわかる吹田の歴史−」
午後3時から講座室ではJAXA宇宙航空研究開発機構・未踏査技術研究センター主幹研究員 中野 不二男氏をお招きして「陸域観測技術衛星ALOSから見る日本列島−衛星データでわかる吹田の歴史−」という講演をしていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/17 21:54
♪サックス演奏
夏季展のエンターテインメントの初陣は ミッキーパテント&デンタル・ダンシングエステシャンバンド のサックス演奏でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/17 20:49
オープニング フォーラム「ポスト石油−これからのエネルギーを考える」
7月16日(土)午後2時から、「ポスト石油−これからのエネルギーを考える」がありました。講師は、総合地球環境学研究所副所長の佐藤洋一郎先生。 先生から、いくつかの問題提起をしていただきました。人類の1人1日あたりエネルギー消費量グラフです。われわれのエネルギー消費量は、偉大なる停滞の後、加速度的に増加しました。変化が起こったのは200年前の産業革命以降で、100万年におよぶ人類の長い長い歴史のなかではつい最近のできごとです。この先、グラフはどうなっていくのか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/17 00:08
中華人民共和国駐大阪総領事のお話がありました。
6月26日(日)10:30〜12:00、中華人民共和国駐大阪総領事の鄭祥林氏講演会「現代中国事情」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/28 17:06
講演会「万博ブルガリア館とヨーグルト」
6月26日(日)14:00から講座室にブルガリアの妖精のようなキュートで情熱的なマリア=ヨトヴァさんが登場しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/28 00:06
コーフン、いまださめやらず・・・ 講演会「21世紀の万博〜愛知・上海」
6月25日(土)午後2時10分〜(列車事故のため、少し時間をおくらせてはじめました)、千里の元万博少年・奥居武氏の司会で、講演会「21世紀の万博〜愛知・上海」が開催されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/27 07:56
講演「景観とまちづくり」
6月19日午後2時から、07EXPO70の際に、「万博の基幹施設の計画にかかわって」というご講演をいただいた川崎清先生のご子息で、京都大学大学院 景観設計学の教授でいらっしゃる川崎雅史先生に、「景観」と「都市」をキーワードにしたご講演をしていただきました。 1 景観とは何か   景観とは、人間をとりまく環境の眺めであり、イメージ(心象風景)として形成される。   景観のイメージ ;原風景   自然や環境を眺める (生息地としての)安寧の風景   景観を見るという見方 主体性   都市... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/21 07:45
6月18日(土)のすいはくは、イベント満載の日でした! 
今日(6/18)はイベント満載の1日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 08:49
雨ニモマケズ :自立した森づくり
中井和成さんにつづいて万博機構の千原裕さんが万博公園での自立した森づくりをめざしての取組みを紹介しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 22:28
雨ニモマケズ :万博の森づくり40年
午後1時半からはじまった先頭打者は大阪芸術大学講師の中井和成さん。 「万博閉会のあと、どのようにしてこんにちの森がつくられたか」のお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 20:28
雨ニモマケズ :6/12のすいはく
今日の市民フォーラムは70人以上の盛会でした。平さんが、万博公園を外から見るだけでなく、内で働いていた人の視点からという切り口が新鮮で、現在から過去を見つめるという文化人類学的な見方が市民に浸透してきたことを感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 07:24
雨は上がってトークショー
午前中は大雨。午後からはうす日がさしてトークショー日和になりました。博覧会愛好家の二神 敦さんが1981年のポートピアから今年までの30年間に訪れた105の博覧会の話をたっぷりとしゃべってくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/11 22:07
講演会「大阪万博の語り部 −アメリカ館大屋根との格闘」
太陽工業株式会社OBの藪野正年さんが万博アメリカ館大屋根との格闘を語ってくださいました。あれから41年たつけれど藪野さんは昨日のことのように当時のことが目に浮かぶとおっしゃってました。当時(万博開催2年前)の役職は製造課長兼生産技術課長で27才でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/05 19:13
むかしの中国から学ぶ (2)易占と易学
6月5日午前10時半から、昨日に引き続き高根秀人年さんの「むかしの中国から学ぶ」の2回目「易占と易学」がありました。今日も熱心な聴講生がつめかけました。 (学芸I) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/05 19:12
「万博コレクションを楽しもう」
6月4日(土)午後は、博物館トーク「万博コレクションを楽しもう」がありました。講師は万博コレクターの大林進氏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/04 19:11
むかしの中国から学ぶ (1)孔子と論語
6月4日(土)10:30〜、6回講座「むかしの中国から学ぶ」の初日、「孔子と論語」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/04 18:59
講演会「音楽で子どもを育てる楽しみ」
5月29日(日)午前10時30分〜12時、吹田市少年少女合唱団主宰される井澤初美先生の講演会「音楽で子どもを育てる楽しみ」を開催しました。 午後の中国総領事 鄭祥林氏の講演会と日本華楽団によるコンサート「日中友好のハーモニー」は天候悪化のため中止しました。 (学芸I) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/29 18:20
5/25 リオちゃんモニュメント除幕式
5月25日11時〜、すっかり別嬪になったリオちゃん・・・井上哲也・吹田市長ご臨席のもと、リオちゃんモニュメント除幕式が行われました。 豊津公園の一角にあります。 リオちゃんモニュメントの説明プレート (きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/05/26 00:09
講演会「大阪万博とは何だったのか〜“進歩”と“調和”の実相」
22日午後、講座室では文化政策・まちづくり大学院教授の角橋徹也さんの講演会がありました。角橋さんは吹田地学会の秋元さんと同級生で親しい友人とのことできょうの講演を引き受けてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/23 00:10
5/21 イギリスからこんにちは 〜バグパイプの話と演奏〜
5月21日(土)、「イギリスからこんにちは バグパイプの話と演奏」がありました。 かっこいい!! エィ 実に ハキハキ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/22 22:33
"まん○(まる)ねん土"で みんなとつながる!@滋賀県立陶芸の森
5月21日(土)、滋賀県立陶芸の森では、「ねんどと遊ぶ−ちょっとだけ陶芸体験 "まん○ねん土"で みんなとつながる!」がありました。このイベントは、ミシガン大学、国立民族学博物館(科学研究費プロジェクト「誰もが楽しめる博物館を創造する実践的研究」)、滋賀次世代文化芸術センター、世界にひとつの宝物づくり実行委員会の協力を得て、滋賀県立陶芸の森の主催で開催されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/21 23:34
イタリアンワインを楽しむ会:ビバ!イタリア 出会いは吹田万博だった
5月18日(水)、片中2年生のみなさんが社会科学劇「世界の国旗」を披露してくれたあと、ひきつづいて17:30からイタリアワインを楽しむ会がはじまりました。奈良・学園前のイタリア料理店「プレーゴ!」(イタリア語で「どういたしまして」の意味だそうです)のシェフ兼ソムリエの野村賢一さんに、イタリアに出会ったいきさつを講座室で語っていただきました。 野村さんにとって、人生の大きな出会いは1970年の大阪万博、ちょうど中学2年生でした。ご両親に連れられて万博に来たけれど、ものすごい人。他のパビリオンはす... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/19 00:59
社会科学劇「世界の国旗」/片山中学校2年生
片山中学校2年生が放課後の16時半から博物館講座室で世界各国の国旗を示して国旗に関連する事項を紹介する劇をしました。観客は100人。すごい熱気でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/18 21:03
歴史講座「万博公園の考古学」
きょうは高橋真希(すいはく学芸員)さんが歴史講座「万博公園の考古学」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/15 20:26
ニューオーリンズとイタリアからこんにちは
午後1時半から講座室では 「ニューオーリンズからこんにちは」と「イタリアからこんにちは」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/14 23:14
世界のストリートパフォームを楽しもう
5月14日(土曜)10時半から当初講座室で予定されていましたが、あまりにお天気がいいので場所を博物館前の広場に移したため約15分遅れて始まりました。 イギリス人のグラハムさんのストリートパフォーマンスを楽しみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/14 22:52
5月7日 ウズベキスタンからこんにちは ♪♪♪
5月7日午後は、ション・ショラックさんの「ウズベキスタンからこんにちは ヤンマーに就職を決めた訳」がありました。うつくしい民族衣装も紹介してくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/08 18:21
ミニタロー!
5月7日(土)、今日のワークショップは「ミニタロー」!自分のミニタローをいろいろつくりました。指導はA画伯。 こちら、H師匠の新作着るミニタロ〜、どお? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/07 19:03
5月5日 イベント報告 ♪♪♪
10:00〜 3階広場で イ・ヨンボさんの弾き語りコンサート ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 19:00
5月4日 イベント報告 ♪♪♪
博物館を経営的にみると、いつも、「日食」の時みたいに、足の踏み場もないほどの人が来ればいいなーと思います。しかし、そうでなくとも、子供たちが広場で嬉々として、絵を描いたり、工作で作った飛行物体で遊んでいるのを見ると、これが博物館の、本来の姿なのかなーとも思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 17:05
5月3日 イベント報告 ♪♪♪
高速道路はいっぱいでしたが、町なかはけっこう走りやすく、たくさんの人が博物館に来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 01:30
講演会「上海万博の経営人類学」
そば打ち実演と試食会がおわって 14時から講座室で国立民族学博物館の中牧弘允(なかまき ひろちか)教授の「上海万博の経営人類学」という講演会がありました。会場には50人を超える聴衆が集まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 23:33
ごちそうさまでした!そば打ち実演と試食会@すいはく1F
4月30日(土)、そば打ち実演と試食会がすいはく1Fでありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 19:27
座談会「権六踊り 40年の時空を超えて」
「万博市民展 千里から上海へ」が山田権六踊りで賑々しく開幕しました。 さっそく講座室では 館長の司会で、市長と権六踊り保存会のみなさんとの座談会がはじまりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/29 20:50
第5回 お花見コンサート 2011
紫金山公園のコバノミツバツツジとソメイヨシノが同時に満開になった日曜日、 博物館講座室で4月末からはじまる万博市民展のプレイベントとして 『2011 第5回お花見コンサート』が開かれました。 今年も場内は満席の盛況でした。 受付けには東日本大震災の募金箱が置かれていて大勢が募金しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 21:37
カンチョー講演会「梅棹さんと千里」
4月2日(土)午後2時から、「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」関連講座の3回目「梅棹さんと千里」というカンチョー講演がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/03 00:26
片寄俊秀先生講演「アフリカ、万博、千里ニュータウン」
3月26日(土)午後2時から、「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」関連講座の第2回目として、片寄俊秀先生が「アフリカ、万博、千里ニュータウン」と題して、ウメサオさんとの幸せな出会いを話してくださいました。 超くわしい内容はこちら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 07:52
苦難をのりこえる市民たち
3月20日(日)午後2時から、「千里の道は世界に通ず 梅棹忠夫写真展」関連講座が開かれました。本日の講師、中野不二男さんが東北地方太平洋沖地震のために来館できず、急遽、カンチョーが代理講演することになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 18:40
美濃加茂なう 3
今朝も9時から、来年度にむけた討論が始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/13 09:23
高博連携包括協定締結式
大阪府立吹田高等学校とすいはくの高博連携包括協定締結式が昨日(3月4日)、すいはく講座室でとりおこなわれました。 吹田高校は、これまでも熱心な校長先生の下で、スイタクワイの研究普及活動などを展開してきましたが、平成23年度から「地域社会研究」という科目が開設されることになり、すいはくはその授業を支援します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 08:20
ニュージーランド大地震の教えるもの
2/27《日》2:00〜、講座室で市民企画、吹田地学会主催の地球環境基礎講座の第4回目が開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/28 13:33
古文書を読む講座
晴れて暖かかった今日2月26日の午後2時〜4時、古文書を読む講座がありました。出席者は35人。ここ吹田に残る江戸時代の古文書を池田学芸員と一緒に読んでいきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/26 20:58
凧を作って高く飛ばしたよ!
1月16日(日)、すいはくで「凧(たこ)を作って高く飛ばそう」という親子体験講座が午前・午後2回開催されました。講師のシルバーアドバイザーのみなさんの指導で、まず凧づくりから。 さあ、凧あげだ!できた凧を持って、いざ紫金山公園へ!「はょう 糸ひきゃ」あれ、落ちた。「はい、最初から」。 ありゃ、木にひっかかってしまった…しかし、名人がうまくはずしてくれました。(拍手!) くれぐれも、凧あげは電線のない広場で楽しんでくださいね。 (きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/18 11:32
カンチョーって、ほんとは学者だったんだ!
1月15日(土)、シンポジウム「自然と環境を考える −吹田の70年とこれから」が、メイシアター小ホールで開催されました。センター試験が始まったこの日、一段と厳しい寒さにみまわれましたが、会場は補助席も出るほどの盛況でした。レジュメが足りなかった方、ごめんなさい。 カンチョーの基調講演「吹田の自然と環境〜北摂の景観 30万年史〜」 内容は→こちら パネルディスカッション「吹田の自然と環境を考える」 左から、コーディネーターの三輪信哉先生、阪口善雄市長、橋本徹也氏、平軍二氏、石橋修作氏&小山... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/01/15 19:56
平成23年新年懇談会
1/5(水)11:00〜。市長と市議会が主催する恒例の新年懇談会がアサヒビール吹田工場ゲストハウスでありました。博物館のサポータの方もたくさん参加していました。今年もたいへんお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/06 16:19
講演会「地震考古学から21世紀の地震を考える」
勤労感謝の日の午後、講座室で産業技術総合研究所研究員の寒川旭(さんがわあきら)さんが「地震考古学から21世紀の地震を考える」という講演をなさいました。 寒川さんは1988年に地震考古学という分野を提唱しました。地震考古学とは考古遺跡で発見された地震の痕跡から地震の発生時期、地変の様子、生活への影響などを総合的に研究する分野です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/24 00:04
すいはくペーパークラフト講座
11月は文化の月、講座室でおこなわれたペーパクラフトに行ってみたら、きょうちゃんが、例のごとくビデオカメラを設置し、自分でも工作にはげんでいました。 き「カンチョー今日はいそがしかった、これで4つ目」。 カ「え?」 き「まず、岸部プラザのサテライト、博物館からはTさん、Kさんが活躍中、餅つきもやっていにぎやかでした」 カ「ほー」、 き「次に万博公園ですいた70周年記念フェスタ、おなじみの顔がいっぱいいました。テープカットあり、豚汁あり、森のクラフトあり」 カ「へー」 き「それから吹... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/21 01:00
すいはくサテライト展示@岸部
11/20(土)朝一番に、岸部青年クリエイティブ・センターに駆けつけました。「人・つながり きしべプラザ」というテーマでいろいろイベントがあるようでした。 そのなかの一つが、すいはくのサテライト展示。T学芸員が準備していました。さっそく下駄をはいたりして遊んでいる人たちがいました。 開会は、餅つきからか? 夏の自然展で、アイデアは出ていたけれどできなかった「動物」と遊ぶコーナーや、ゆるキャラの着ぐるみもいました。なにせ、次の予定があるので慌ただしい。お餅をいただいただけで、いろいろなイベン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 00:35
吉志部神社を歩こう 石灯籠を探索
11月14日(日)、14時〜15時、吉志部神社の境内や参道にある石灯籠を見て歩く催しがありました。わいわいがやがやと熱心に探し求めました。建立年いろいろ・・・これは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 07:33
11月13日講演会「災害から文化財を守る」
11月13日(土)14時〜16時、すいはくでは奈良大学の西山要一先生の講演会「災害から文化財を守る −海外の洪水・地震・戦争の被害から学ぶ−」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/14 16:55
トーク「地域遺産の復興」
11月7日(日)午後2時から、吉志部神社の奥田正夫宮司と小山修三館長のトークがありました。 まず建物について;平成20年5月23日に不審火により焼失した吉志部神社本殿は、慶長15(1610)年に建築されたものでした。七間社流造(しちけんしゃながれづくり)という様式がめずらしいのと、軒下の飾りものの彩色がかなり残っていたことなどから、重要文化財に指定されていました。流造というのは神社の本殿建築としては一般的なものだそうですが、その柱間が7つもあった、数が多いというところが、めずらしいのだそうです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 08:22
ワークショップ「水損史料の応急処置実習」
奥村弘先生の講演会につづいて11月6日(土曜)午後3時から講座室で、ワークショップ「水損史料の応急処置実習」がありました。 はじめに歴史資料ネットワークの河野さんがネットワークや水損史料の応急処置の方法の説明をしてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 06:03
講演会「地域歴史遺産と街づくり−阪神淡路大震災の経験を基礎に」
11月6日(土曜) 午後1時30分から講座室で奥村弘神戸大学教授の「地域歴史遺産と街づくり」という講演会がありました。 『地域歴史遺産』という言葉は1995年阪神淡路大震災から使われだした言葉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 00:01
岸部地域の歴史遺産散策
元気いっぱいのきょうちゃん、先日の西国街道につづき、11月3日(水)文化の日の午後は、旧中西家住宅〜大光寺〜七尾瓦窯跡〜火葬墓〜吉部古墳〜吉志部神のコースを歩いてきました。すいはく特別展関連の見学会「岸部地域の歴史遺産散策」で、案内はすいた東部コンシェルジュの方でした。参加者は30人だったそうです。(kf) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/05 10:00
西国街道をあるく
夏バテを克服して元気を取りもどしたきょうちゃん。昨日(10/31)はまず阪急北千里駅に集合して、バスと歩きで西国街道の旅。いにしえの面影をみることはできたのでしょうか。参加者は42人だったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/01 05:50
再建中の吉志部神社の本殿見学
秋季特別展「災害から地域遺産をみなおす−吉志部神社の復興ー」のイベントのひとつとして24日、午前1回、午後2回の再建中の吉志部神社の本殿見学がありました。 金剛組の担当者が案内、説明してくださいました。 (株)金剛組の創業は578年(仏教伝来の40年後)で世界最古の企業とのことです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/24 18:35
秋の夜長をたのしむ: 「月見の宴」
10月23日(土)、午後2時半頃にはSELFのみなさんによる準備が終了。 日が暮れて点火 すいたんのあかりも登場(人気者で、一緒に写真を撮る人が続出でした)。 その頃2階ロビーでは、片山中学校茶道部のみなさんによる呈茶もはじまりました。お茶に誘われ、入館した人もいたようす。 お菓子はススキに満月でした(お茶ともども、おいしかったです。ごちそうさま。) 午後6時半頃、「はじめて夜に開館」するにあたりカンチョーが一言あいさつ。 そのあと、玉手箱(尺八 藤田忍さん、琴 瀬良満理子さん、三味... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/23 21:08
梅棹忠夫先生をしのぶ会 
10月20日(水)、みんぱくで梅棹忠夫先生をしのぶ会がひらかれました。形式張った式典はなく、1階ホワイエにかざられた遺影の前に一人ずつ花を献じて、ご冥福をお祈りしました。午後1時半から4時半まで、とぎれることがなくお参りがあったそうです。儀式は献花だけでしたが、休館日にもかかわらず展示場があけられ、みんぱくの研究者が総出で案内に立ったほか、足跡をたどるパネル展示や先生関連の映像資料上映、著書(←『梅棹忠夫 語る』も)販売があったそうです。(献花はさせていただきましたが、展示場の方は行けなかったの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/21 00:44
講演会「焼損材は寸法を残していた−吉志部神社本殿の復元」
10月11日(月・祝)、櫻井敏雄氏の講演会「焼損材は寸法を残していた−吉志部神社本殿の復元」がありました。櫻井さんは焼失した吉志部神社の本殿の再建に大きな力となってくださった方です。社殿が重要文化財になる前から目をつけ、調査をなさっていたそう です。 建築の復元には; 1.すでに存在している建物を、後世の改築を排除して、オリジナルなものにすること 2.失われてしまった建築を絵図などからつくりあげる 3.火災にあった焼損材調べて寸法を割り出し再現する という3つの方法があります。 吉志... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/12 07:11
● 講演会・トーク・歴史講座●「吉志部神社の原像−発掘調査の成果から」
吉志部神社は平成5年(1993年)国の重要文化財に指定されました。 2002年に「あルック吹田」を発刊したすいた市民環境会議が2003年3月に吉志部村を散策したときの写真がありました。先代の奥田宮司が延々と説明してくださったのがなつかしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/11 00:06
講演会「古代豊島地方の景観」
10月9日(土)秋季特別展「「災害から地域遺産をみなおす〜吉志部神社の復興〜」のオープニングイベントは人間文化研究機構の機構長で歴史地理学がご専門の金田章裕先生の講演会でした。題して「古代豊島地方の景観」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/10 06:23
講演会『市民とともに育つ博物館  −全員参加型の博物館をめざして− 』
9月26日(日)午後2時から国立民族学博物館研究員の五月女賢司氏の講演会『市民とともに育つ博物館  −全員参加型の博物館をめざして− 』がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/09/26 23:28
電話 @ブラジル
ここブラジルでは公衆電話は健在です。もちろん携帯電話は普及していますが、日本と比べたら格差社会、金持ちだけでなく普通の家庭でもメイドや乳母、掃除婦を通いで雇ってます。そんな人たちが街角にある二つつなぎの公衆電話[大きな耳]利用するそうです。おなじ高さのや片方が低い子供用があります。 (長江) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/20 15:21
小山館長と語るワークショップ「博物館と大学生」
9月18日(土)午後1時半から、小山館長と語るワークショップ「博物館と大学生」がありました。 すいはくでは毎年、学芸員資格取得をめざす大学生を受け入れて、実習を行っています。実習では、館蔵品をもとに展示の企画をし、資料の陳列までを実際に大学生自身が行います。今年はじめて、その展示を9月5日から月末まで一般に公開し、その間、学生による展示解説やワークショップを実施しています。今日の館長と語るワークショップもその一環として開催されました。吹田ケーブルテレビが取材に来ていました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 23:52
スケッチ・ワークショップ
9月11日(土)にあったワークショップの作品が展示されています。 なぜかしら、電話が人気。「回すダイヤル」がめずらしかったかな?ダイヤルの原理は、パルス式として残っているけれど。 これはまた斬新な色づかいの電話ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/15 00:44
★体験イベント★ 骨の話と骨のアクセサリーづくり
2010年夏期特別展最後のイベントは骨の話と骨のアクセサリーづくりでした。 高槻市にある自然博物館「あくあぴあ芥川」の学芸員・高田みちよさんが動物の骨の話をしました。 骨のない動物、ツノって骨なの?、カメの甲羅(こうら)は骨なの?など、受講した子どもたちものりのりになる楽しい講義でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/30 00:04
お出かけイベント 紫金山の大木観察会
豊中市でこの日、全国一の最高気温38.1度を記録した8月29日(日)、夏期特別展最終日の午前中に紫金山の大木観察会があり20人余が参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/29 23:55
化け猫一座 2010
山田東にある光山寺で恒例の化け猫一座の公演がありました。 今年の題目は『めぐり逢ひて −−光山寺の場合−−』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 23:30
スペシャルイベント ダンスin博物館
午後4時から吹田シティジャズダンスアソシエイションの演技 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 23:23
★体験イベント★ ナイフを使って竹細工
3階ピロティでは千里竹の会が『ナイフを使って竹細工』をしました。 飾りの竹トンボ・水鉄砲・孫の手の作り方の他に、ナイフやキリの使い方・竹・木の削り方などを教えました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 23:13
詩吟(しぎん)
8月24日(火)午後3時から、詩吟の実演がありました。これは、チラシにはのっていませんが、関係者の熱心な広報活動もあって、60人を超える観客が集まり大盛況 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/25 00:42
ソラえもん号がやってきた
8月22日(日)大阪の最高気温が35.6度という酷暑のなか、ソラえもん号がすいはくにやってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 22:16
8月21日(土)「環境カーニバル in 博物館 踊ってたのしもう」 
12:30〜13:00 ミュージカル『水の秘密』 脚本・演出/三原満里 出演/MMT ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 19:48
★講演会★交通が変われば 自然が変わる
8月21日(土)午後2時から関西大学文学部教授・野間晴雄先生の講演会がありました。 野間先生は地理学が専門ですが、アジアの農村の研究をしています。昔から鉄道が好きで、地形図と鉄道との関係に興味があったのできょうは交通工学というよりは地形と交通とのかかわりを過去にさかのぼって語っていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/21 23:38
★体験イベント★「森のクラフト」
8月20日(金)(1)午前10時〜正午(2)午後1時30分〜3時30分の二回、講座室でクラフト(手工芸品)を作ってたのしみました。素材はすべて吹田市内で調達した植物です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 20:29
おでかけイベント 「吹田三名水めぐり その2  垂水神社〜泉殿宮」
まだまだ最高気温記録を更新し続けている8月19日(木)、吹田の三名水をめぐるおでかけイベント第二弾がありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/20 06:21
紫金山子ども自然教室/吹田博物館で土器づくり
吹田自然観察会とジャスコ南千里店の共同事業の「紫金山子ども自然教室」が今回は博物館にも協力をしていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 23:57
おでかけイベント 「吹田三名水めぐり その1 博物館〜佐井寺」
8月17日(火)、今日も日差しがつよくとても暑い一日でしたが、おでかけイベント「吹田三名水めぐり その1 博物館〜佐井寺」が開催され、13人が元気に参加しました。案内は、吹田地学会のYHさんとTHさん。 朝9時半にすいはくに集合 @佐井寺東公園「佐井寺釈迦ヶ池くりぬき水路の出口」 A「くりぬき水路の入口と土砂溜池(沈砂池)」   B佐井寺村谷底部にある井戸と地下水位 C「佐井の清水水源地」 D佐井の清水と同じ高度にある井戸跡 E「伊射奈岐神社」 F「おかうずゐ池」 G「佐井寺境... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 08:09
★講演会★ため池の地層と大阪における環境の変遷
終戦記念日の15日、博物館では大阪市立大学名誉教授・吉川周作先生の講演会がありました。 東京大学出版会が2007年06月出版した「地球史が語る近未来の環境」で吉川先生が担当した部分をベースにした大気汚染とため池堆積物のおはなしでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/15 21:05
こども・親子対象イベント エコゲーム
15日13時から3階展示場で「地球に優しい行動を考える(エコゲーム)」がありこどもたちでにぎわいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 19:34
おでかけイベント  正雀下水処理場見学
8月13日(金)博物館のおでかけイベントで正雀下水処理場を見学しました。定員は親子15組のところ5組14人が参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 19:35
★子ども対象イベント★ チリメンモンスターを見つけよう!
8月10日(火曜)午後1時すぎからぞくぞくと親子づれが博物館に集まってきました。先着30人を対象とする予定でしたが、講座室の机の数から先着54人のこどもに参加してもらいました。遅れてきたため、残念ながらおかえりいただいたこどもが20人ほどありました。ほんとうに残念でした。(講座室の広さに限りがあるので今回はカンニンしてください) 「きしわだ自然資料館」と「きしわだ自然友の会」から三人の講師に来ていただいて、『チリメンモンスターを見つけよう!』を開きました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/10 22:17
コラボ『吹田くわい』2010年 第二部
第二部は吹田高校の研究発表と紙芝居「おせち一家のお正月」 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 20:32
コラボ『吹田くわい』2010年 第一部
8日午後1時から3時間、講座室には120人の老若男女があつまり、吹田くわいのお話をたんのうしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 20:16
牛乳パックからハガキを作ろう @3F広場なう
8月7日(土)午後1時過ぎ、こちらは3階広場でやっている「牛乳パックからハガキを作ろう」の現場です。続々と子どもたちがつめかけています。講座室から回ってきた子もいるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/07 15:38
竹・紙・木で工作 @8/7講座室なう
講座室の竹細工ごった返してます。材料が足りなくなりそうで、博物館の職員も対応に追われてます。(えみちゃん & ks) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/07 11:39
シンポジウム「語り合おう!吹田の環境教育」第三部
第三部はパネルディスカッション。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/06 21:33
「語り合おう!吹田の環境教育」第二部 基調講演
第二部は大阪学院大学国際学部教授でアジェンダ21すいた代表の三輪信哉さんの基調講演「地球環境の未来と環境教育:吹田市から考える」がありました。  まず、小中高校生の発表を聞いた印象を語ったあと「アジェンダ21すいた」の説明をしました。  市民・事業者・行政の協働で平成17年3月、「アジェンダ21すいた計画」ができ18年に「アジェンダ21すいた」という組織が立ちあがりました。この組織も市民・事業者・行政の協働によるもの。92年の地球サミットで策定された行動計画「アジェンダ21」では実施組織、資... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/06 21:11
シンポジウム「語り合おう!吹田の環境教育」第一部
8月6日(金)14時から講座室で環境教育をめぐるシンポジウムがありました。90人が参加しました。 第一部は生徒からの事例発表  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/06 20:19
紙ヒコーキを飛ばそう・高く遠くへ ★こども・親子対象イベント
広島が被爆65年の「原爆の日」を迎えた6日、10時から博物館1階でこども・親子対象イベント「紙ヒコーキを飛ばそう・高く遠くへ」がありました。 飛行機のほかにもたくさんの‘飛び道具’で遊びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/06 12:28
にぎわう博物館
8月5日(木)は、大谷大学博物館実習(約30)、泉尾高校セラミック科(同)の訪問と粘土で遊ぼう(同)の受講者を入れなかなかの繁盛ぶりでした。女子大生が「昔は人がいなかったのにね」と言っていましたが。(カンチョー) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/06 05:51
粘土で遊ぼう @講座室 ★こども・親子対象イベント
8月5日(水)、今日も暑かったですね。すいはくでは、「粘土で遊ぼう」がありました。朝10時に集合して午前中は説明会。各自持参した昼ご飯をとったあと、12:30から吉志部神社ちかくに粘土をとりにいきました。そして土器やお皿をつくりました。この粘土をつかって、古代には須恵器や瓦をさかんにつくっていたそうです。すずしい講座室で、夕方(午後4時終了)までたのしく遊びました。作品は乾かして28日に焼成します。 赤ちゃんもゆっくり寝ていました。(ks) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/05 19:42
★子ども・親子対象イベント★「石ころでアート」
8月4日(水)午前と午後の二回「石ころでアート」がありました。 吹田イラストレーター育成塾のみなさんが指導してくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/04 11:12
7月31日『生物の多様性とは?講座』 第二部
岩槻先生のお話の中で「絶滅危惧種」の部分をもう少し報告します。                      (本編はこちら) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/03 21:31
ピンク火山灰で遊ぼう @講座室
8月3日(火)10:00〜、「ピンク火山灰で遊ぼう」がありました。 博物館の前庭の崖にある火山灰をみんなでとりにいって、のりをまぜてかためサイコロにして遊んだり、クギやはり金を磨きました。講座室は広く涼しく、楽しい工作教室でした。H先生の火山灰のお話は幼稚園、小学低学年の子どもにはちょっと難しかったようです。そのあと、葉っぱや花をひろってきて「吹田の生き物カード」をゲットした子もいました。(カンチョー) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/03 14:07
講演会・「吹田のごみ事情」
(財)千里リサイクルプラザ 研究所 市民研究員の下村さんが吹田のごみ事情のみならず世界経済にも目を向けた講演をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 21:35
生物の多様性とは? 〜たった一種のふるまいが生態系を変える〜
7月31日講座室に 兵庫県立人と自然の博物館館長/東京大学名誉教授の岩槻邦男先生をお招きして『生物の多様性とは?』の講演を聞きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/31 17:17
★体験イベント★「野外で布ぞうりにチャレンジ!」
7月28日(水曜)午前10時から3階ピロティで体験イベント「野外で布ぞうりにチャレンジ!」がありました。担当は千里リサイクルプラザ研究所の布deエコプロジェクトチームでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/28 23:30
まち中・自然の遊び場 一緒にあそぼう
7月27日(火)午前中、「まち中・自然の遊び場 一緒にあそぼう!」がありました。 葉っぱを丸めて音を出したり、絵を描いたり みんなで縄跳びもしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/28 02:16
報告 :さわる展「ワクワク体験」
さわる展で「ワクワク体験」イベントを実施してくださった点訳の会「円(まどか)」のみなさんから、その報告ををいただきましたのでご紹介いたします。 *   *   *   *   *   * ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/27 06:26
こども・親子対象イベント 虫を触ってみよう
7月25日(日)午前10時から3階ピロティでこども・親子対象イベント「虫を触ってみよう」が開かれました。 50人以上のこどもと30人以上の大人が参加して大盛況でした。 当初、カブトムシの力くらべをする予定でしたが、今年はカブトムシの生育状態がおもわしくなく、参加者にいきわたるほどのカブトムシを用意できませんでした。 そこで昆虫の標本を見て写生大会にしました。大人もこどもも一生懸命昆虫をみながら描きました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/25 21:26
講演会「かわいいだけじゃない!アライグマの爪あと」
7月24日(土)午後2時から講座室で関西野生生物研究所代表の川道美枝子さんの「かわいいだけじゃない!アライグマの爪あと」という講演会がありました。 はじめに実行委員長の高畠さんの案内につづき館長、市長のあいさつがあり、みなさんはまだそれほど問題になっていないアライグマについて勉強する姿勢を示しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/24 23:58
館長招宴うどんの会   讃岐うどんをたべよ!
千里ニュータウン展から始まった館長招宴うどんの会はカンチョーとその仲間が、香川県 観音寺市のプライドをかけて、博物館3階広場でおこなうものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/24 20:24
交通が変われば 自然が変わる〜ブロックで環境変化を体験しよう〜
7月24日(土)午前10時からアジェンダ21すいた交通部会が担当した「ブロックで環境変化を体験しよう」が講座室で開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/24 20:18
こども・親子対象イベント 水のだいじゅんかん
7月22日(木曜)午前10時30分から吹田市の水道部・下水道部の職員さんが「水のだいじゅんかん」と題して「水」のお話をしてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/22 22:39
こども・親子対象イベント 自然もときにはおこるんだぞ
7月21日14時から講座室では吹田市安心安全室の瀬戸さん・斉藤さんが「自然もときにはおこるんだぞ」と題して講演をしてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/21 22:22
講演会「石を探し 石をつくり 石をつくらせる」
7月19日(月・祝) 午後2時から京都大学名誉教授の小久保正さんの 講演会「石を探し 石をつくり 石をつくらせる  〜医療に役立つセラミックスの骨と歯 〜」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 21:56
講演会「タンポポのふしぎ 〜市民による分布調査〜」 
午後2時から兵庫県立人と自然の博物館研究員の鈴木武さんが 「タンポポのふしぎ 〜市民による分布調査〜」の講演をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/18 21:33
森のコンサート
16時から紫金山グリーン合奏団が美しい演奏をきかせてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/18 01:00
〈鼎  談〉 ・〈パネルディスカッション〉
基調講演のあとは市長とカンチョーと吉村さんの鼎談。 吹田操車場跡地(東部拠点)の森づくりをからめての話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 00:56
「万博公園の自然の変化(作られた森の行方)」〈基調講演〉
開会式につづいてシンポジウム「万博公園の自然の変化(作られた森の行方)」 がありました。造園家で元鳥取環境大学教授の吉村元男さんが基調講演をしました。 1970年万博が終わって、当時の発想では「跡地を考えるのは当然建築家だ」という時代、「その跡地を森にする」といって造園家が出てくるにあったっての苦労話から始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 00:49
吹田の自然と環境 〜ヒメボタルのいるまち〜 開幕!
きのおまでの梅雨空を忘れさせるような青空。近畿地方の梅雨があけた17日(土)、夏季特別展は吹田高校くわいガールズの「すいたくわいの歌」からはじまりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 00:39
第30回地方の時代映像祭2010連続フォーラムinメイシアター
吹田市、関西大学、日本放送協会、日本民間放送連盟の四者で共同主催される第30回地方の時代映像祭2010連続フォーラムinメイシアターが今週7月5日から8日まで開かれました。 その最終日の8日は 大阪万博から40年〜吹田市のこれから〜と題してNHK大阪放送局が作った90分の「日本万国博の記録」を鑑賞したあとフォーラムが開かれました。 内容は40年前、大阪・吹田市で開かれた万国博覧会。「人類の進歩と調和」をテーマに掲げたアジア初の万国博は、総入場者数6421万8770人を記録。高度経済成長を成... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/09 00:40
「さわる 五感の挑戦 PART V」 しめくくりの講演会
一昨日とうってかわって晴れ上がった7月4日(日)午後2時から、国立民族学博物館准教授・広瀬浩二郎先生の講演「万人のための“点字力”入門−創って使って伝える触覚文字の歴史−」がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/05 00:27
☆聴いて、触って体験してみました!☆
7月3日(土)、朝から一日中雨となりましたが、☆聴いて、触って体験してみよう!☆がひらかれ、みんなで楽しみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/04 00:09
すいはくシアター動画編
ホタルのたましいたちが、神様のところに来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/30 00:03
夏季特別展プレイベント すいはくシアター大成功
1時からの第一回公演には100余名、 3時半からの二回目公演は130名を超えるお客さんがきました。 (大勢の立ち見のお客さん、お疲れさまでした) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/27 19:08
6/13 コンサート♪梅雨をふっとばせ
一昨日までいい天気だったのに、昨日から梅雨入り?「タイトル」とはうらはらに、雨模様の日でした。それでも、60人をこえる観客が、秋田克美さん(ライブとランチの店〜ウノ・ア・オトロ、グランマスター)、秋田光幸さん、藤田慧山さん、福田由紀雄さんのギター、エレキ、尺八などのコラボ演奏をたのしみ、アンコールの声が起こるほどの盛り上がりでした。福田さんは38歳の時、難病のため失明、それからことこつと音楽を勉強したそうで、こんなところでやるのははじめてなんですと、緊張しながらも、心を打つ演奏でした。展示場から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/14 07:29
6/6は、カラリン村の祭り2日目&「古代摂津国考」最終日。
6月6日に雨ざーざー降って…はこなくてよい天気、文字通りカラリン村祭りなって、今日も参加者150人。 お抹茶をいただいたて いろいろ食べ物も用意されていたのでそれもいただいて みんなでアートして うたっておどって(これは記念撮影の場面ですが・・・) ちょっとだけお勉強もしました。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 23:41
千田稔先生講演会「難波津をめぐる歴史地理」
6月5日(土)午後2時から、奈良県立図書情報館館長・国際日本文化研究センター名誉教授の千田稔氏の講演会「難波津をめぐる歴史地理」がありました。こちらも参加者120人の大盛況。「古代摂津国考」もいよいよ明日が最終日です。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 00:00
まちと生きる・アートでGO!GO! @すいはく
≪市制70周年記念事業≫のひとつ、現代美術を愉しもう塾による「まちと生きる・アートでGO!GO!」が、今日と明日(6月5日〜6日)、すいはくで開催されています。 「みんなで創ろう!カラリン村のお祭り」と題して、貝・布・ペットボトルキャップなどをつかって、みんなでたのしく制作したり、パフォーマンスがあったり、豚汁・パン・おむすび・お茶・クッキーも用意されて、にぎやかな一日でした。今日の参加者は150人。こちらは、彫刻教室の子どもの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/05 22:18
土器焼き @すいはく
6月2日水曜日、入道雲が出るようなお天気のなか、5月5日につくった土器を、高橋学芸員ほか計4人が、博物館3階広場で焼きました。朝10時頃から準備開始。焼成温度は800度くらい。はじめ、ちょろちょろ 中パッパ。終了は3時30分頃。おつかれさまです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/04 00:09
古代の難波を巡る
5月29日(土)、吹田市立博物館主催の見学会に行ってきました。 大阪歴史博物館南側公園広場内の復元倉庫建物付近に集合。12時30分には大半の人が到着していました。参加者は約30人。よく晴れて、日差しがきつい。見学のコースは、難波宮大極殿〜難波宮南門跡〜東方官衙跡〜玉造稲荷社〜大阪歴史博物館〜難波津推定地<高麗橋>。学芸のTさんが案内役です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/01 03:14
講演会 「古代北摂の港まち−はたして難波津はどこにあったのか−」
さわやかな気候の5月30日(日曜)の午後2時〜、豊中市教育委員会地域教育振興課・橘田正徳氏の講演会「古代北摂の港まち−はたして難波津はどこにあったのか−」がありました。豊中市内の遺跡発掘にもとづく仮説が紹介されました。熱心な考古ファンから質問が次々でて、定刻をかなりすぎて終了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 19:40
カンチョー講演「延喜式を読む−古代摂津国の産業−」
カンチョーノートで掲載された講義ノートにしたがって、講義はすすんでいきました。   はじめは、まるで学者のように高く積まれた本:延喜式をまえにスーツ/ネクタイ姿でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/23 00:09
講演会・歴史講座「よみがえる難波宮」
5月8日(土)午後2時から講座室で大阪歴史博物館研究副主幹・積山洋さんが「よみがえる難波宮(なにわのみや)」という題で講演なさいました。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 00:09
土器をつくろう
5月5日(水・こどもの日)午前10時から、親子で楽しむ考古学第三弾「土器をつくろう」がありました。今回は、少し難しいけれど、高坏(たかつき)に挑戦です。午後3時30頃まで、がんばってつくりました。見事な高坏がたくさんできました!ただいま乾燥中。乾いたら、お天気のいい日に焼き上げます。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 07:16
ペーパークラフトで考古学を学ぼう
5月4日(火・みどりの日)は、「ペーパークラフトで考古学を学ぼう」がありました。すいはくでは、石棺や瓦の窯、縄文の復元住居、江戸時代のトイレなど、さまざまな文化財のペーパークラフトを制作しています。これを組み立てながら、考古学について学びました。うまくできたかな?(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 08:59
勾玉作り
天候に恵まれた今年のGW、みなさまいかがお過ごしですか? 5月3日(月・祝)は、体験講座「親子で親しむ考古学」の第一弾「勾玉作り」がありました。穴を開けて、削って、一生懸命磨いて・・・すてきな勾玉ができていました。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/04 07:27
金関恕先生講演 「河内潟周辺の弥生遺跡」
5月2日(日)午後2時から、大阪府立弥生文化博物館館長の金関恕先生の講演会「河内潟周辺の弥生遺跡」がありました。100人を超える熱心な考古学ファンがあつまりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/03 13:23
「古代の放生と祓い」
5月1日(土)、すいはく学芸課の藤井裕之さんの講演がありました。 「生き物を殺してはならない」という観念はある意味では共感をよぶ観念です。仏教ではこれを殺生戒として大きく取り上げています。ところが、魚、獣、鳥などは大切な食糧であったため、ふつう人の生活にとってはすんなりとは受け入れ難いものでした。そこで、放生会という、生き物を放してやれば御利益があるという妥協策としての儀礼をつくったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/03 06:59
講演会の報告 : 「古代の吹田 −五反島遺跡の調査から−」
4月25日(日)午後2:00から講座室で、西本安秀さんの講演があり、講座室はほぼ満席でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/26 11:22
「古代摂津国考」オープニング
吹田市制施行70周年記念・平成22(2010)年度 春季特別展「古代摂津国考 −難波宮と吹田−」が開幕しました。 オープニングイベントには古代食をとりあげ、試食会と講演会がありました。 古代食を用意してくださったのは、カフェたんぽぽのみなさん。 飯(赤米のおにぎり)、海藻・ソーメン入りの汁(スープ)、醬(ひしお)、塩漬けの野菜(漬物)、蘇(そ)、にごり酒・・・右端は石毛先生がご持参くださった鮭の楚割(すはやり=魚を細長く割いて干ししたもの、サケトバですね) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/04/24 19:13
ツバメ調査説明会
18日、北千里DIOS会議室で博物館夏期特別展で展示予定のツバメの巣調査の説明会がありました。 スズメ目ツバメ科のツバメの説明や前回1998年の吹田市内のツバメの巣調査の結果説明がありました。 そのあと・・・恒例の?・・・カンチョー乱入!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 21:47
旧西尾家住宅重文指定記念式典
旧西尾家住宅が昨年末に国の重要文化財に指定されました。 吹田市政施行70周年記念事業のひとつとして旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)重要文化財指定記念式典が春うららの旧西尾家住宅で開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/10 23:19
お花見コンサート
長江さま  博物館のある紫金山公園で“花見”とはコバノミツバツツジを見ることをいいます。 その紫金山公園のコバノミツバツツジが満開に近い日曜日、博物館講座室で『2010お花見コンサート』が開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/04/04 17:13
ユニバーサル・ミュージアムに関する報告会
3月29日(月)13:30〜15:30に開催されたユニバーサル・ミュージアムに関する報告会のレジュメです。 参加者は21名。講演のあと、すいはくで6月におこなわれる実験展示「さわる −五感の挑戦 PART5−」にむけて活発な意見交換がおこなわれました。 視覚障害:もう一つの異文化 (小山修三) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/30 07:33
滝沢さん最終講義
滝沢幸恵さんの最終講義「吹田の観音信仰」がおこなわれました。仏教が日本独特の、大木や岩などの自然信仰を加えることによりひろく受け入れられたこと、それが吹田の真言系の寺院の縁起にもよくあらわれていると指摘しました。滝沢さんは、すいはくの準備室の時代から20年、地域信仰と美術・工芸を中心に多くの展覧会を企画、最近は初代館長である西村公朝さんの資料整理に取り組んでいました。講演者としても大変人気があり、今日もたくさんの熱心な聴衆がつめかけました。吹田郷土史会の佐々木会長が贈る言葉を、加賀顧問からお礼の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/28 23:59
縄文の服作り
3月13日、午後1:30から講座室で「縄文の服作り」のイベントがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/13 18:22
青森土器つくり
東奥日報(2010年1月31日朝刊に1/30午後、青森盲学校の生徒さんに参加していただいた体験講座「縄文の感触--さわって知る土器、つくる土器」が、報道されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 22:02
1/24の博物館トーク
1月24日(日)博物館トーク「一向一揆と佐井寺月輪番」:池田直子(学芸員)がありました。博物館トークは、常設展示にある資料を紹介しながらその背後の歴史をかたるものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/24 20:01
平成22年新年懇談会
1/5(火)11:00〜。市長と市議会が主催する恒例の新年懇談会がアサヒビール吹田工場ゲストハウスでありました。1000人近い人が集まり、博物館のサポータの方もたくさん参加していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/06 09:48
(勝手に選んだ)2009年すいはく10大ニュース!
紅白歌合戦も流れる年の瀬、何かブログも歳末らしい企画を…ということで、ジャジャーン!勝手に選んだ2009年すいはく10大ニュース!ブログから拾いました…。いやー、けっこう今年もいろいろありましたね〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/31 21:47
季節のあしおと…17.しめ縄づくり
昨日(12/23)午後、博物館でしめ縄づくりの講座がありました。 わらを、加工しやすいよう柔らかくするために、台のうえで打ちます。 みんなでトントン・・・賑やかなこと みんなじょうずにできたかな? (きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 07:59
団地を好きな人に悪い人はいない?「ダンパクin千里山」
10/18(日)は秋晴れのいい天気!千里山では「ダンパク(大団地博覧会)」と称して、団地見学ツアーや「団地萌え」の皆さんによるトークセッションが開かれました。人数限定の団地見学ツアーは参加者が若い!(こちらも見てね)「団地萌え」の皆さんは、この「スターハウス」に萌えるんだそうです。この棟は、中がメゾネットになっている階もあり、びっくり!千里山団地は公団初期の団地だけに、いろいろな実験的設計が織り込まれています。このサンルームがまた、「団地萌え」のハートをくすぐるのよ〜。このタイプは、関西では千里... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/19 01:58
歴史講座「吹田砂堆をめぐる考古学 −集落遺跡の展開−」
10月12日(月・祝)午後2時〜3時30分、歴史講座「吹田砂堆をめぐる考古学 −集落遺跡の展開−」がありました。講師は、すいはく学芸員の高橋真希さんでした。吹田砂堆の形成や砂堆上にある遺跡について話がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 07:25
鉄砲隊の動画
12日たかちゃんから動画をうけとりました。 2009/10/11の「博物館に来た鉄砲隊」の下にアップしました。 おーぼら ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 19:35
講演会「北摂国人、戦国期の転回」
10月11日(日曜)午後2時〜3時30分、武庫川女子大学講師・古野貢氏による講演会「北摂国人、戦国期の転回」がありました。 レジュメ:1枚目レジュメ:2枚目 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/12 06:18
博物館に来た鉄砲隊
昨日、紫金山で遊んでいたら、博物館の方から大きな音がするので、びっくりして行ってみたら、「鉄砲隊」が発砲の実演をしていました。 NHKテレビが取材に来ていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/11 14:57
秋季特別展「北摂の戦国時代」はじまりました
晴れの特異日で知られる10月10日(土)、秋季特別展「北摂の戦国時代」がはじまりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/11 08:48
広瀬さんの講演会
10月4日午後1時半から、民博の広瀬先生による「さわる文化への招待―五感で拓く新たな日本史」という講演がありました。 ちょうど民博では、わずか6個の点の組み合わせで文字はもちろん、数字、音符まで表せる点字の考案者ルイ・ブライユ生誕200年記念「点天展」がひらかれており、秋篠宮や舞台「奇跡の人」でサリバン役の鈴木杏などの案内で忙しい時の人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 22:23
埴輪土鈴をつくろう :さわる展関連 視覚障害者のための陶芸講座
10月2日(金)午後1時半〜、吹田市立博物館講座室で 「さわる」展関連の視覚障害者のための陶芸講座が、滋賀県立陶芸の森「世界にひとつの宝物づくり」プログラムと日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)「誰もが楽しめる博物館を創造する実践的研究−視覚障害者を対象とする体験型展示の試み」(代表:廣瀬浩二郎・国立民族学博物館准教授)の協力により開催されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/03 18:21
アヒルちゃんはどこへ…?
♪ あーるー晴れたー お昼まえー 港へつづく川〜 こーぶーね〜が ゆーらーゆ〜らー アヒルーを ひいーていく〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/29 03:37
「吹田市の自然物語」09年8月29日(土)講演と演劇
■半栽培植物のスイタクワイを調べる  阪本先生は、身近な栽培植物(作物)の研究に取り組む中、スイタクワイが半栽培植物ではないかとの仮説をたて、現地調査とオモダカ、クワイとの比較栽培を行った体験を交え、スイタクワイの歴史と人々の関わりを資料に添い、語った。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/21 23:45
「吹田市の自然物語」09年8月23日(日)講演「吹田の地盤と防災」
 講演に先立ち、西川副館長より「吹田市の自然物語」開催の挨拶と秋元宏吹田地学会会長より趣旨説明が行われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/17 22:08
「吹田市の自然物語」09年8月16日(日)講演「外来種は悪者なのか」 「大阪のタンポポ」
講演:「外来種は悪者なのか」 高田みちよ(「あくあぴあ芥川」主任学芸員) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/16 23:28
月を聞く :香道体験「雅な香を楽しむ」
9月13日(日)、吹田市立博物館講座室で、香道教林坊流葭風会の早川光菜先生による香道体験「雅な香を楽しむ」という講座がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/14 07:40
「吹田市の自然物語」09年8月15日(土)講演:「都市の生き物」  報告:「吹田ヒメボタル」
吉田宗弘先生は、都市のなかで昆虫がどのようにしたたかに生き抜いているかをチョウの生態からお話しをしますと13時から14時45分にかけて講演した。  ■チョウからみる植物と昆虫  オオモンシロチョウとモンシロチョウの違いから 都市の自然を語った。オオモンシロチョウが繁殖したロシア沿海州から北海道に飛来した。そこで北大へ網を持ち、オオモンシロチョウを求めたエピソードを述べた。この幼虫が作物に群がって食べ尽くす大害虫であり、これに寄生するアオムシコマユバチ、二次寄生するカタビロコバチをあげ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 21:16
「吹田市の自然物語」09年8月9日(日)シンポジウム・フォーラム:吹田の自然と人のかかわり
 ◆吹田の自然に8団体から提案 吹田市立博物館で小山館長の司会のもと、吹田の自然保全活動に取り組んでいる8団体から活動の紹介、報告が持ち時間5分間で行われ、各団体から、吹田の自然の現況が明らかにされた。この後、阪口市長が参加したシンポジウムが開かれた。  活動を報告した8団体は、すいた市民環境会議(小田忠文氏)、吹田野鳥の会(平軍二氏)、すいた環境学習協会(美濃部剛氏)、アジェンダ21すいた(橋本幸治氏)、吹田地学会(林隆夫氏)、紫金山みどりの会(西川保氏)、吹田ヒメボタルの会(塩田... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 22:59
「吹田市の自然物語」09年8月8日(土)講演「野生動物の反乱」
■「けものと魚からみた環境―動物考古学の視点からー」内山純蔵(総合地球環境学研究所准教授)  内山純蔵氏は、鳥浜貝塚と粟津貝塚から出土したけもの(イノシシ)のホネから人と動物の関わりについて語った。  人里近くに出没するイノシシはニホンシカと並び陸上動物の代表で、草食、雑食性、繁殖力旺盛。人にとって食料となり、生態系でのライバル関係にあった。イノシシをどう扱うは大きな環境問題である。人はイノシシを神の使い、豊穣、狩猟、戦場での勇気の象徴と見なしていた。  鳥浜貝塚に比べ粟津貝塚から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/11 22:31
「吹田市の自然物語」09年8月1日(土)吹田市の自然保全の取組み
○紙芝居―「ヒメボタルはいまどうしているのかな」:西山田ヒメボタルの会 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 23:35
「吹田市の自然物語」09年7月26日(日)シンポジウム「森の木と街の木」
13時30分より小田信子・すいた市民環境会議理事の司会で行われた。主催者の小山修三・博物館館長、笠岡英次・知床の森トラスト関西世話人、小田忠文・すいた市民環境会議会長の3人が挨拶を行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/08 22:08
「吹田市の自然物語」09年7月25日(土)講演「野生動物の反乱」
小山館長から今回の「吹田市の自然物語」にあたり、河合雅雄先生(丹波の森大学名誉教授)の講演を望む強い要望を受けて頂いたと謝辞を述べ、講演後、河合先生とのトークを予定していると挨拶した。  河合先生は、「野生動物の反乱」と題して野生動物と人とのかかわりの変化と21世紀の今日の課題について、14時から15時40分にわたって、100人を超える市民に語った(市長が最前席で聞いていた)。 講演の中で、ニホンザルを研究対象とした霊長類学を創始した自らの体験例やワイルドライフ・マネジメント行政の改善に挑む... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 17:42
「吹田市の自然物語」 09年7月19日(日)イベントと講演
関西大学のMさんが 「吹田市の自然物語」の講座・シンポジウムをまとめてくださいました。 今回の自然物語を順を追ってふりかえっていきます。(おーぼら) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/05 23:20
うたげのあと/あとかたづけ 
9月1日、吹田の自然物語のあとかたづけがありました。 市内で最大の幹回りのクスノキと同じ円周のオブジェも積み重ねると人の高さ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/01 16:32
劇団にのいち『すいたくわいが笑った!』
坂本先生の講演会のあとは、笑いがいっぱいの劇団にのいちの公演。 会場は一気に100人近くになりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/08/29 18:47
講演会『スイタクワイから見た吹田の自然と文化』
29日(土)午後1時から講座室で京都大学名誉教授の阪本寧男先生が『スイタクワイから見た吹田の自然と文化』と題して講演をしました。会場には50人を超える熱心な聴衆が集まりました。 この様子は吹田ケーブルテレビが録画しました(ので、いずれ放送されるでしょう) 講演内容は順次アップします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/29 18:39
なにわの伝統野菜(夏野菜バージョン)を学び食べる
午前11時から3階ピロティでみんなのまちづくり吹田塾がなにわの伝統野菜の料理をふるまいました。 先着100名がお食事にありつけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/29 18:33
市民フォーラム「吹田の地盤と防災」開催される!
8月23日(日)、市民フォーラム「吹田の地盤と防災(断層・地震・水害)」が吹田市立博物館講座室において開催されました。このフォーラムは吹田市立博物館春季特別展『吹田 いま・むかし』 「第3期 吹田の自然物語」の関連イベントとして開催されたものです。本市民フォーラムは予定時刻の13:30丁度に始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/23 23:12
吹田の愛宕信仰 :8月22日すいはく講座
8月22日午後2時から、藤井裕之氏(すいはく学芸員)の博物館トーク「吹田の愛宕信仰」がありました。内容はブログ「きょうちゃん 朝 起きたら太陽拝み ふらふらせん と やらにゃ〜 日が暮れたら寝せい」をごらんください。参加者は31名(藤井氏談)。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/23 19:11
今日も盛況 :8月20日 すいた市民環境会議「森のクラフト」と「おひさま広場」
8月20日(木曜)は午前10時と午後1時30分からの二部構成。 主催もすいた市民環境会議 と エコ・アクション との二部構成でした。 地球が温暖化していることの説明からはじまり、太陽の恵みについて考えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/20 19:50
今日も盛況 :8月19日 千里竹の会「竹細工教室」
「どれ作ろうか」、「これにしょうか」。 「これ作りたい」「これは8時間かかってつくたんゃ。残念やけど今日は無理やな。」 「みときゃ・・・」 こんなんやったら 朝からすればよかったなあ。午後1時から2時間で参加者50名余。 (きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/19 19:45
外来種は悪者なのか/セイヨウタンポポとカンサイタンポポ
五山の送り火がおこなわれる16日、すいはくでは外来種の講演会がひらかれていました。 まず高槻市の芥川緑地資料館[あくあぴあ芥川]主任学芸員・高田みちよさんが「外来種は悪者なのか」というテーマで50分の講演をしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/16 23:00
都市の生き物−想像を超えるしたたかさ−
終戦記念日の15日、正午に黙とうしている甲子園を見てから博物館へ。 1時半から関西大学教授の吉田宗弘先生の講演「都市の生き物−想像を超えるしたたかさ−」と「吹田ヒメボタルの現状と調査活動」報告を聞きに行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/15 21:24
シンポジウム『吹田の自然と人のかかわり』
午後1時きっかりから3時半過ぎまで、休憩なしのシンポジウムでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/09 22:38
けものと魚からみた環境 −動物考古学の視点から−
帰省ラッシュがはじまった8日、すいはくでは「けものと魚からみた環境 −動物考古学の視点から−」という講座がありました。講師は、地球環境学研究所の内山純蔵先生と琵琶湖博物館の中島経夫先生。 内山先生のお話は「イノシシをめぐる景観 縄文からのメッセージ」。縄文時代の貝塚から出土するイノシシの骨の分析から縄文人の活動を推察するお話でした。 ひとくちに縄文時代といいますが、縄文時代は今から1万6千年前〜3千年前にわたる長〜い(日本の歴史の8割を占めている)狩猟採集をしていた時代です。そんな時代に貝塚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/08 21:54
ダンボールでつくろう 動物やのりもの :すいはく大賑わい
8月6日(木)、朝10時からはじまった体験講座「ダンボールでかわいい動物や乗り物を作ろう」。 指導してくださったのは、吹田イラストレーター育成塾の玉置輝先生です。 ダンボールでゾウ、ウサギ、フクロウなどをつくりました。 朝から人がとぎれなくて、Fさんによると「ファミレス状態」。午後3時までに、なんと180人もの参加がありました。 特別展示場も、セミをもってくる子どもたちでいっぱい。さすが夏休みですね。  ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/06 17:44
シンポジウム『森の木と街の木』
7月最後の日曜日、館長招宴うどんの会で讃岐うどんを味わってから講座室ではシンポジウム『森の木と街の木』がありました。これはすいた市民環境会議が「吹田の古木大木」の冊子発行を記念して、知床の森トラスト関西支部、すいた市民環境会議との共催で吹田の自然物語にあわせて開いたものです。 会場には80人を超える人々が集まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 23:13
館長招宴うどんの会
7月26日11:00〜、カンチョーとその仲間たちのうどんのおふるまいがありました。 熱いのと冷たいのと、どちらかを選び 好きな薬味をのせていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 23:12
吹田市の自然物語 関連イベント 河合雅雄先生講演会
オオムラサキの幼虫をいただいた丹波の森公苑から河合雅雄先生に来ていただきました。 講演会のタイトルは「野生動物の反乱」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/25 23:34
「日食を楽しもう」講座 すいはくが人であふれた日
「日食を楽しもう」講座。 「よくあつまって100人。70人が来れば上出来」と読んでいた主催者でした。 開門の8時半前から一人が現われ、開門後は人の波がとぎれない。 「100部用意した資料ではたらない!!」の悲鳴とともに学芸員さんが資料を増刷。 来るはくるは・・・座席は100席足らず。 450人の大半が立ち見にならざるを得ませんでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/22 17:10
弥生土器、うまくできたかな? @すいはく
7月20日(月・祝)午前10時〜午後4時、「弥生土器を作ろう」がありました。 弥生土器に挑戦する子どもたち+保護者のみなさんが、とりかかる前に説明を聞いているところ。さあ、つくろう!・・・うまくできたかな? (きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/21 11:02
講演会:自然が書いたカレンダー◇年輪からわかること◇
吹田市の自然物語関連の第一弾講演会は総合地球環境学研究所客員教授の光谷拓実さんによる自然が書いたカレンダー◇年輪からわかること◇ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 22:39
吹田市の自然物語:お出かけイベント/関西大学
吹田市の自然物語のお出かけイベント第一弾は19日(土)、 関西大学の大木観察会でした。 40人が参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 17:56
西山田地区公民館公開講座 劇団「化け猫一座」公演
すいはくの常設展示場を舞台にして劇団「化け猫一座」が公演しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/06/28 15:51
市民フォーラム「1町5村のアーカイブ構想」
6月14日(日)午後1時半〜予定をこえて午後3時50分頃まで、吹田の歴史や自然を調査している市民をパネリストにまねき、市民フォーラム「1町5村のアーカイブ構想」がありました。 まず最初に、藤井裕之学芸員が、萩市で試みられている「萩まちじゅう博物館」の視察報告、つづいて吹田郷土史研究会の加賀眞砂子さんに「吹田の古みち」、吹田自然観察会の高畠耕一郎さんに「吹田の自然」についてお話しいただいたあと、4人+フロアを加えて、ディスカッションがおこなわれました。(こぼら おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/14 21:37
第4回「ニュータウン人・縁卓会議」inつくば!
5月30日(土)、日本の「ニュータウン人」が集まって町の問題や未来を語り合う「ニュータウン人・縁卓会議」の4回目が茨城県の筑波研究学園都市で開かれました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/04 04:10
博物館が再開しました!!
新型豚インフルエンザ騒動で一週間休館していたすいはくが小中学校にさきがけ開館しました。 講座室入口にはアルコール・ペーパ、消毒液、それにマスクを忘れた人にはキッチンペーパーによる即席マスクが用意され、こわごわながらも万全の?体制。 午前中のおでかけイベント「岸部村歩きと博物館」は元気におこなわれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/05/24 21:14
吹田アーカイブ展 :郷土芸能大会
5月16日(土)、吹田アーカイブ展のイベント郷土芸能大会がすいはく1階でありました。午前の部は正面広場で(今にも降りそうな天候でした)、午後の部はポツリときたので倉庫前広場でご披露いただきました。 山田太鼓神輿(打ち込み太鼓)(山田伊射奈岐神社太鼓神興保存会) 泉殿宮神楽獅子(泉殿宮神楽獅子保存会) 江坂太鼓御輿(江坂太鼓御輿保存会) 山田権六おどり(山田地区権六おどり保存会)権六傘おどり(山田地区権六おどり保存会) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/16 23:18
5月13日(水)のお出かけイベント
今日(5/13)は、おでかけイベントの2回目がありました。 朝9時30分にJR岸辺駅に集合。駅から歩いて20分。大光寺に到着。 10時00分 旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)見学。 11時40分 七尾瓦窯跡へ。 昼前の11時55分、すいはくに到着したら、たまたま館長がおられました ので、特別展示の解説をしてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/05/13 19:15
講演会 吉志部瓦窯跡と平安京の瓦
京都文化博物館学芸員 植山 茂さんの「吉志部瓦窯跡と平安京の瓦」と題する講演がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/10 19:39
博物館トーク「常光円満寺と吹田氏」
吹田市元町28-13にある常光円満寺は天平7年(735年)行基(668〜749年)がつくり「濱堂常光寺」と号したが、治承2年(1178年)、吉志部にあった円満寺が破却した(つぶれた)とき、その阿弥陀如来像などを引き受け「常光円満寺」と改称したとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 22:50
5月2日 6日の博物館イベント報告
5月2日と6日のゴールデンウィークの最初と最後に カフェたんぽぽ担当で、イベントを開催しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 23:37
吉志部神社の発掘と現地見学会
5月4日(月曜・祝日)13時30分〜15時30分、すいはくの文化財担当・西本安秀技師の「吉志部神社の発掘と現地見学会」がありました。 まず最初に講座室で、昨年5月に消失した吉志部神社についておこなった発掘調査の概要説明がありました。本殿は慶長15(1610)年に吉志氏再建といわれていますが、それを裏付ける古い遺構が消失した本殿の下にあったそうです。 そのあと、現地を見学しました。本殿基壇の状態がわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 18:36
今日(5/3)のすいはく :アーカイブ展GWイベント
バンブー・アート すいた環境学習協会とすいたエコクラフトクラブの皆さんによる竹細工教室。 むずかしく手間のかかる細工なのに、こどもたちはけっこう楽しんでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/03 20:24
ポン菓子もはじける! :吹田アーカイブ展GWイベント
5月2日(土)はカフェたんぽぽのイベントがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/05/02 20:36
アーカイブ展ファミリーデー
初夏の陽気が戻ってきた昭和の日、博物館はファミリーデーでした。好天に恵まれて博物館のまわりはにぎわっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/29 20:10
すいたくわい講演会 : 吹田人のこころの食品
4/26(日)吹田くわいの講演会がおこなわれました。くわいの試食もありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/26 22:42
アーカイブ展/おでかけイベント「旧西尾家と吹田村」
第一回 「旧西尾家と吹田村」  本日(4月26日)午後、おでかけイベントの第一回は「旧西尾家と吹田村」 「吹田まち案内人」のガイドで実施されました。参加人数14名、案内人 3名でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 21:18
我が青春のフォークソング :清水寺御開帳奉納コンサート
もう伝説になりかかっている「千里ニュータウン展」で、博物館前の広場でフォーク・ジャンボリーを聞いた。博物館にはこういう使い方があるのだと目からうろこが落ちた。その後は、「万博展」でそして、「居酒屋たんぽぽ」へとひろがっているが、もっともっとみんなに聞いて欲しいと思う。 僕はフォークソングが好きだ。青春時代にかかせないものだったから。なかでもフィールドフォークを実践し、あの伝説の中津川フォークジャンボリーを企画、運営した笠木透さん(71歳)が好きだ。その歌はマスコミに乗らず、口づてで全国に広がっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/15 07:59
カンチョー徘徊記
4月5日、お花見日和の日曜日、カンチョーはすいはく周辺を徘徊しておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/06 11:39
第3回お花見コンサート
紫金山グリーン合奏団、女声合唱団「コーラス・ビータ」、「メイヒル男声合唱団」によるお花見コンサートが開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/05 20:49
桜になった延地さん〜命の授業ふたたび
吹田市で中学校教師を歴任され、教育長在任中に博物館にも心を砕いてくださった延地(のべち)和子さん。病に倒れ昨年4月1日お亡くなりになりましたが、延地さんを偲びつつ、昨年3月7日、かつて校長を務められた竹見台中学校で行われた「命の授業」の映像を見る会が、きょう浜屋敷でありました。あいにくの雨にもかかわらず、会場はいっぱいの人。延地さんが「命をかけて命を語った」映像に皆で見入ります。(若くして急逝した)「娘の分まで生きようと思っていたのに、本当に悔しい」「もっと仕事がしたい」「最後まで生きる」「皆の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/04 20:00
博物館トーク: 史料に見る中世・近世のトイレ
1/18(日)池田直子さんの「史料に見る中世・近世のトイレ」の講演が2階講座室で開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/18 22:05
新春 吹田の水シンポジウム:水のまち吹田からの提言
4日メイシアター小ホールで「新春 吹田の水シンポジウム」がありました。三が日が終わったところなのに小ホールは立ち見がでる盛況ぶりでした。第一部は13時から宇宙航空研究開発機構(JAXA)主任研究員・小口美津夫(おぐち みつお)さんによる基調講演「宇宙から見た地球環境」が始まり、小口さんは宇宙へ出かけるスタイルで登場しました。1.宇宙から見た水の惑星地球2.人類の活動と地球温暖化3.温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」4.宇宙での自給自足を目指して5.まとめの順で話は進みました。ISS(Intern... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/04 20:54
地域の歴史シリーズ 吹田操車場を語る
12月6日午後、博物館講座室で「模型と画像で歴史を語る研究会」主催で元国鉄で車掌を27年間お勤めになった坂本衛さんが「吹田操車場を語る」と題して講演なさいました。・大正3年(1914年)第一次世界大戦による軍需景気で国鉄(当時鉄道省)の旅客・貨物の輸送量が増大 ・大阪駅で扱っていた貨物を分離して梅田駅を貨物専用用地として独立させた。 ・これに先立ち、貨物操車場用地として吹田に白羽の矢が立ち、大正8年(1919年)に着工。吹田町・岸部村・味舌(ました)村・千里(ちさと)村・三宅村の1町4村にま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/06 21:30
博物館日誌 11/30 :ビール展最終日
企業法人も市民であると言うことで、吹田を発祥の地とするアサヒビールの協力で行われたビール展が好評うちに最終日を迎えました。それを寿いでこの土、日は無料公開日にしました。11:00からは、盛り上げ会有志、たんぽぽ有志らの呼びかけで市民主催のが独立採算方式による記念行事、ワン・コイン・パーティが開かれました。ビール展なんだから、やっぱりビール飲まなきゃ。というわけで、ヤキトリ、オデン、オニギリの屋台が登場。そして、音楽もと、(紫金山コーラス)、(演奏団)も駆けつけてきました。それがカラオケにまで発展... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/01 13:47
風土とサケ:佐藤洋一郎さんの講演@アサヒビール・ゲストハウス
ビール展ではすいはくとアサヒビールゲスト・ハウスで計9回の講演会が行われましたが、今回が最後のものとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/30 07:46
ミュージカル 吹田村アサヒビール物語
11/24日(月、祝)特別養護老人ホーム寿楽荘の皆さんによるミュージカル「吹田村アサヒビール物語」の公演がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/25 12:25
「ドイツにおけるビール消費の歴史」
11月23日(土)午後2時〜3時半、京都橘大学文学部教授の南直人先生による「ドイツにおけるビール消費の歴史」のご講演がありました。1995年の統計によると、ドイツのビールの生産量は約1億2千万ヘクトリットル(hl=100リットル)、醸造所は1243ヶ所を数えます。平均すると1人あたり年間139.6リットル(日本は56リットル)、とくに南ドイツでさかんで、バイエルンでは240リットルと全国平均の倍ほども生産されています。ビールが歴史的資料に登場するのはハムラビ法典だそうですが、中世に醸造法が発展し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/24 01:30
「世界の酒とビール−伝統的酒つくりの類型−」
11月22日(土)13:30〜、アサヒビールゲストハウスで、石毛直道氏(民族学者、国立民族学博物館名誉教授、同前館長)の講演「世界の酒とビール−伝統的酒つくりの類型−」がありました。伝統的な酒の類型を、原料からみると、糖分の酒とでんぷんの酒に分類できます。蜂蜜からは蜂蜜酒(ミード)、ブドウからワイン、樹液ではヤシ類からヤシ酒、リュウゼツランから醸造酒のプルケ、蒸留酒ではテキーラ、乳から馬乳酒。穀類やイモ類を唾液やモヤシ、カビなどを利用して糖化し原料にするものに、トウモロコシからつくる醸造酒のチチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 00:31
安芸さんの空き缶ワークショップ :ビールテイスティング日曜スペシャル協賛
11月16日(日)12時半すぎから、安芸早穂子さんによる空き缶のワークショップがありました。ちょっとむずかしかったかな。世界には、空き缶で、こーんなオートバイや自動車をつくっちゃう人もいるんですね。みんぱくのミュージアムショップで売っていたそうです。(こぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/11/16 18:05
あの さかいひろこさんが 吹田で講演
吹田の市民塾のひとつ「吹田ピンクリボン塾」が吹田市勤労者会館で講演会をひらきました。塾長の御前(ごぜん)普美さん、市民文化部長のあいさつのあと、第一部では大阪府立大学看護学部大学院教授の末原紀美子さんが『あなたの乳房大丈夫ですか? 早期発見はあなたが鍵』をお話なさいました。女性の死亡原因の最大のものは乳癌で次が子宮癌。昭和50年に比べて最近は20代、30代の乳癌が急激に増えている。米国での乳癌検診率は70%を超えるが、日本では10%。早期発見すれば完治するはずの乳癌の死亡率を下げるには、自発的、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/16 17:03
ビールテイスティング 日曜スペシャル!
とうとう日曜日のビールテイスティングが実現しました。しかも。たんぽぽ屋台つき。湯豆腐、おでん、焼きおむすび・・・一点50円の超お得な値段。千円も食べたらおなかをこわします。いつもはお馬さんが鎮座しているステージには世界のビールがところ狭しとならんでます。味比べと称するビールテイスティング。シロートにとっては立ち飲み屋台の雰囲気でした。(おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/16 16:55
シンポジウム「とりあえずビール! ビールをめぐる世界の景観」
11月15日(土)、関西文化の日で入館無料。ミリカも開店して大にぎわい。総合地球環境学研究所の内山プロジェクトと共催のシンポジウム「とりあえずビール! ビールをめぐる世界の景観」にも、たくさんのお客様がおみえになりました。イントロ・・・内山純蔵先生(専門:考古学)歴史的景観の研究では、その時代・場所の人がまわり(環境)をどうとらえているかを考える。日本語の「ビール」はオランダ語からきた言葉で、蘭学者がとりいれたもの。明治時代になってビール醸造がはじまり、文明開化のシンボルとなった。では、ヨーロッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/11/16 07:34
11/9(日)講演会 夜久亢宥さん 「思い出のビール造り」
11月9日(日曜)午後2時からアサヒビール株式会社名誉顧問で吹田商工会議所会頭の夜久亢宥(やく たかひろ)さんによる講演会「思い出のビール造り」 がありました。講演は次の目次で始まりました。 1)昭和26年(1951年)入社のころ2)古代から中世のビール(BC7千年〜AD1800年ころ)3)日本のビールのはじまり4)ビールの味の変遷5)思い出のビールづくり上記の各項目の内容はとても充実していてこのブログでは書ききれません。近く吹田ケーブルテレビで全編が放送されますのでご覧下さい。放送日や時刻が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/10 21:57
11/8(土)入江亮一さん講演会「現在のビール創り−嗜好の変化」
11月8日(土)1時30分〜3時、入江亮一さん(アサヒビール吹田工場醸造部長)の講演会「現在のビール創り−嗜好の変化」が、すいはく講座室で開催されました。内容は・・・1.ビールの歴史2.ビールの定義(酒税法の話)3.ビールの原料について4.ビールの創り方5.嗜好の変化について(1)お客様の購買の決めて 味評価(2)「この味が、ビールの流れを変えた」(3)「ビールは鮮度」(4)「環境への挑戦」専門用語もほとんどなく、わかりやすいお話で、実に気さくな感じ。つい引き込まれました。会場は、ほぼ満席状態で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 10:35
10/26(日)博物館トーク 柴山照夫さん 「吹田にあったビールチョウ(麦酒町)」
10月26日(日曜)午後2時から大日本麦酒会社時代から親子三代にわたってアサヒビールにおつとめだった柴山照夫さんに当時の社宅や、その場所・・・ビールチョウについて語って頂きました。柴山さんは祖父、父もアサヒビール(当時の大阪麦酒会社)にお勤めでした。おじいさんは明治22年大阪麦酒会社の創業当初からお勤めでした。お父さんも大阪麦酒会社にお勤めで、昭和3年社宅で柴山さんは生まれました。社宅のあった場所は現在の泉町2丁目と5丁目の南部で阪急電車の吹田駅の近く。阪急電車の線路を挟んで西側と東側にあり、西... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/26 21:10
10/25(土)講演会 川島智生 「近代日本のビール醸造所建築」
1:30〜アサヒビール・ゲストハウスで建築史の川島さんの講演会がありました。120枚のスライドを使ってビール工場の建築の歴史が紹介されました。日本の麦酒工場の建物は大きく3つの時期にわかれます。 1)まず始まりの明治初期の建築はレンガづくりでした。西洋的な風景を具現して、文明開化期の風潮をよくあらわしています。レンガ製の建物は、まだ札幌のサッポロビール博物館、サッポロファクトリー、半田市のカブトビール、門司のサクラビール、函館麦酒醸造所などが残っていますが、まだ現役なのは吹田工場のものだけです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/25 20:17
10/19講演会 「アサヒビールの赤レンガ建物」 〜煉瓦の歴史〜
10月19日(日)の講演会は、藤原学芸員の「有限責任大阪麦酒会社吹田村醸造所創業期の赤煉瓦建物〜煉瓦の歴史から見る〜」のお話でした。明治5年(1872年)2月26日東京の京橋、銀座、築地でのちに「明治5年の大火」と呼ばれる大火がありました。類焼町数41ヵ所、罹災人口19,872人、焼死者8人、負傷者65人を出したこの火災の教訓として銀座に煉瓦街が出現し、歩道・車道も分離され近代的都市景観が作り出されました。わが国の煉瓦はその大火の22年前、1850年には作られるようになっていました。ペリー来航の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 21:07
嘉門達夫@マニアエキスポ
万博マニアで身近な芸能人 と言えば この人 嘉門達夫さん万博当時は 歩いて30分の 当時国鉄茨木駅そばに住んでいて茨木市立 中条(ちゅうじょう)小学校の6年 万博には21回行ったという中でもバッジ集め 無料で貰えたバッジを集めるのが流行り64個で校内ランキング3位 101個集め 校内トップのたかくら君とは幼稚園からの幼なじみ その「た・か・く・ら」 本はぜひ読んで欲しい2時間ドラマで フジTVでもうできあがり 放送を待つのみ映画化も決まっている出ましたよ トークショーで・・え?何が?嘉門さんから... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/19 10:23
10/13講演会 「ビール醸造技術の移入と近代日本ビール業の成立」
10月13日(月・体育の日)の講演会は、今回の企画を担当した藤井さんの「日本のビール史」のお話でした。日本でビールをつくった人は1.技術を持った外国人:W.コープランド2.海外留学をして学んだ日本人3.オランダの書物を呼んでつくった人(川本幸民、蘭学者、板書調所教授)の3カテゴリーがあるそうです。生産はコープランドが明治2年(1869)横浜で営業開始。その後も、大阪(明治5年)、京都(明治5)、甲府(明治6)、北海道(明治9)、東京(明治10)など各地でさかんにつくられます。まるで今日の地酒ブー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/14 07:21
博物館トーク /酒屋の息子のひとりごと
10月12日(日曜)午後2時〜、博物館トーク「酒屋の息子のひとりごと」がありました。タイトルは「ひとりごと」なのにカンチョーは「きょうはトークショーにしましょう」とひとり言。参加者でテーブルを移動させて「トークショー」がはじまりました。酒屋の息子だったカンチョーのお話に参加者が突っ込みをいれるという進行で吹田市商工会議所会頭でアサヒビールの夜久(やく)さんの解説に聞き入りました。・・・幼少時代の記憶では、店先に酒樽(日本酒)が置いてあり、量り売りをしていた。ビールの価格は高く、配達先はお金持ちや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/12 18:52
つるつるとしなやかに、ざらざらとしたたかに
実験展示「さわる−五感の挑戦」も、今年で3回目。今日は初回からオブザーバーをつとめてくださっている廣瀬浩二郎先生の講演会&ワークショップがありました。廣瀬先生は、昨年すいはくで、目の見える人がまったく視覚をつかわないで(アイマスクをする)、触るだけの世界を体験してみようというワークショップをされましたが、今回は、そのバージョンアップ版。昨年は、先生にとってもはじめての試み、まさに実験で、どうなることかハラハラドキドキ。カンチョーもいろんなものを持ち込んだりして、まさに手探り状態。しかし、やってみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/04 16:53
触るって大切なことなのね:縄文土器に挑む
誰にでも楽しめるユニバーサル・ミュージアムとはどんなものか?を探究する実験展示「さわるー五感の挑戦」もいよいよ最後の週となりました。昨日(10/3日(金))の午前中、「縄文土器に挑む」土器づくりのワークショップがすいはくの講座室でおこなわれました。これはこの展示のアドバイザーの広瀬先生のよびかけによって、滋賀県立陶芸の森のプロジェクト、「世界に一つの宝物づくり」の協力をうけ、視覚障害者が、縄文土器をさわり考え、造る試みでした。土器つくり教室や、視覚障害者が粘土をつかって造形する試みは、しばしば行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/04 07:57
「さわる 五感の挑戦 Prat3」 関連イベント/和太鼓演奏会
9月28日(日)朝10時半から一時間、博物館3階横広場はにぎやかでした。郷土サークル“野火”のみなさんによる和太鼓演奏会がありました。演奏プログラム 1 水口ばやし 大太鼓、締太鼓、鉦、笛 2 古代神 踊り 3 豊年太鼓 地唄、鉦、踊り4 花笠音頭 歌、笛、踊り 5 笛独唱 横笛 6 海のお囃子 大太鼓、締太鼓、鉦、横笛 7 ハイヤ 踊り8 ぶち合わせ 大太鼓、締太鼓9 秩父屋台囃子 大太鼓、締太鼓、横笛、鉦  (取材 おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/28 13:51
「アミーゴ!」メキシコビール!
9月13日(土)〜15(祝)に、大阪・新梅田シティで、3日で4万人が集う日本最大のメキシコの祭り「フェスタ・メヒカナ」が開催された。今年で12回目、恒例の行事である。(毎年行く様にしている(^^ゞ)メキシコのビールといえばやはり「コロナビール」。ライムを瓶の口から入れて飲む。他に、ネグラモデロ、テカテ、ドスエキスなどの銘柄も。メキシコはビール生産高世界6位(日本は7位)。最近の伸び率が高い。ブラジル、ベネズエラ、コロンビアなど南米、中南米の国も同じうごきである。(もちろん、テキーラも飲める (^... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 00:59
3年越しのトンネルアートが完成
博物館の平成18(2006)年度春季特別展「千里ニュータウン展」市民委員会の委託を受け、名神高速道路下トンネルの出入り口壁面に絵を描いてから3年あまり。今年の夏休み最後の日、最後に残った壁の絵にカンチョーが筆を入れて巨大壁画が完成しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/31 17:19
フォーラム「竹と市民」
「千里の竹」展、締めくくりのフォーラム 午後1時30分から京都大学フィールド科学教育研究センター里山資源保全学分野 教授の柴田昌三氏による基調講演「竹に魅せられた少年 〜 40年後に日本・世界の竹を吹田から見る 〜」が始まりました。日本の竹類は7属56種ササ類は6属181種ある竹とササの比率は1:3でササ類が多い竹は伸び盛りのときは一日に90〜120cm伸びる竹の地下茎の長さは1haあたりでモウソウチクは25〜113km、マダケは63〜187km、ネザサは450〜700kmとモーレツ。その地下茎... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/30 21:03
竹林バス見学会withカンチョー
8月17日(土)、吹田市役所からバスに乗って、竹にゆかりの深い生駒市高山と石清水八幡宮をたずねました。応募がたいへん多かったので、急遽バスを2台にふやしたそうです。今回の一行は総勢69名でした。最初は、生駒市高山にある竹林園へ。(高山で出迎えたのはどこかのカンチョー、何時のまにやら・・・)午後は、京都市八幡市の男山山頂にある石清水八幡宮へ。京阪八幡市駅前からケーブルに乗りました。2両連結100人乗りのケーブルが、我々一行でほぼ満員となりました。境内には、エジソンが京都府八幡のマタケをフィラメント... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 22:58
「縄文塾」@すいはく/服を着た縄文人
8月17日(日)午後2時から講座室でNPO法人三内丸山縄文発信の会が主催する縄文塾「服を着た縄文人」がありました。東京芸術大学講師の岩本奈恵さんのバイオリンで「縄文の丘」という曲から始まりました。バイオリン技術は超一流で、縄文の丘(三内丸山遺跡)に月が昇ってくる光景が目に浮かぶような曲、演奏でした。つづいてトークショー「縄文塾」、演壇には三内丸山遺跡にとって重要な三人が登りました。カンチョーとイラストレーターの安芸早穂子さんそして三内丸山縄文発信の会事務局長の杉山陸子さんです。「縄文人はどんなか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 21:10
昔のあかりと竹のフィラメント体験講座
今日8月9日(土)、すいはくで「昔のあかりと竹のフィラメント体験講座」がありました。エゴマなど油を使ったあかり、ハゼなどのろうそくのあかり、石油ランプのあかりなどのあかりの変遷を勉強したあと、吹田東高校の矢野先生、塩見先生の指導で、竹ぐしを焼いて炭化させ、電極に?いであかりをつける実験をしました。竹ぐしはアルミホイルに包んでコンロの火で焼き、アルミホイルが赤くなってから2分間充分焼きます。そのあとアルミホイルをはさみで切ってなかの炭化した竹ぐしを取り出し、電極につないであかりをつけます。ほとんど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/09 18:05
すいた竹取寄席 @すいはく/ついに念願 すいはくで落語
すいはく(吹田市立博物館)創設以来、初の落語が講座室でありました。8月3日は講座室が高座室になった記念すべき日でした。入場料無料のこの会場に50人が集まりました。“すいはく亭”のこけら(?※)落としにお招きしたのは林家染二さんでした。染二さんは明日8月4日から一週間、天満・繁盛亭で昼席のトリを勤めます。□まずは、ちりとてちんや繁盛亭などのまくらにつづいて、扇子と手ぬぐいを使って落語のレクチャー。■最初の演目は「車屋」■引き続き、本日の主催「里の竹やぶ文化塾」の塾長みずからが、吹田の竹によせて作っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/08/03 20:58
行列のできるうどん屋
毎週土曜朝、すいはく入口階段の竹は、千里竹の会のみなさんによって新しいものに取り替えられます。今日7月26日も、朝から気温がぐんぐん上がり、とても暑い日でしたが、このように青々した竹に出迎えられ、とても爽やかです。その頃、3階ピロティ(広場前)では、カンチョーのお仲間と、たんぽぽのみなさんによって、着々とさぬきうどんの準備が始まっていました。11:30に3階にあがると、え〜、こんなに行列が・・・・!!!(みなさんの表情を見ていたら、言葉はいりませんね)もちろん食器と箸はタケ・ボラさんたちの力作で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/26 17:07
千里をかける竹 −シンポ報告(その2)
7月19日(土)午後2時〜、地球研佐藤プロジェクト主催のシンポジウム「千里をかける竹」2日目がありました。最初に登場されたのは、茶ノ湯竹器師の黒田和孝さんです。黒田さんがあつかう竹の9割以上は、マダケ(利休さんの頃には、まだモウソウチクはなかった)。その竹を材として準備する工程のことなど、竹をあつかう人ならではの興味深い話をしていただきました。次に登場されたのは、鹿児島県立歴史資料センター黎明館(ここも先日のブルータスに登場)の川野和昭さん、昨日の佐々木長生さんとともに民具の企画展示をしています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 20:03
千里をかける竹 −シンポ報告(その1)
7月18日(金)午後2時、すいはく講座室でシンポジウム「千里をかける竹」の第一部研究発表:竹の文化と民俗が開催されました。最初の発表者は、富士竹類植物園 事業本部長の柏木治次さんの「タケの進化と日本のタケの歴史」。生物学的なタケについて、進化を軸に説明していただきました。いきなりウェゲナーの大陸移動の話。祖先型の草本性タケ類の化石は、南米とアフリカ大陸西側に分布していて、これらは1億数千年前に誕生したと考えられ、大陸が分離して分布域がひろがったとか。またアメリカの研究者が、タケの起源地は南米(ブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/18 21:31
茶筌をつくりました! お抹茶もいただきました!
7月13日午後1時〜3時、講座室で高山茶筌生産協同組合のみなさんのご指導で、茶筌づくりの最後の工程、上編みに挑戦しました。細かい作業に四苦八苦しながらも、なんとか糸をかけ終えると、ヘラで仕上げて、ハイできあがり!(^^)v (実は、大事な仕上げの工程は、本職が手慣れた手つきでササッっとやってくださったのですが・・・こんな具合に一人ずつ対応)そのあと、茶筌をつかって自分でお抹茶を点ていただきました。それだけではありません、大楽茶にも挑戦しました〜!大きな茶碗にあわせて、茶筌も大きい。いやはや飲む... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/13 17:49
みんなで楽しむ! 竹の音楽ワークショップ
7月12日(土)午後1時半〜3時、民博の寺田吉孝先生をお迎えして、竹の音楽のワークショップがありました。竹の会のみなさんのご協力をいただき、楽器の準備。竹を適当な長さに切ります。切った竹を地面に打ち付けて音をたしかめながら、セットを組んでいきました。フィリピンには竹の楽器がいろいろあるそうですが、まず先生がご持参くださったバリンビンを鳴らしてみました。この楽器は、手に打ち付けて音を出します。竹に加工がほどこされていて、ビヨヨーンと響きます。すこしずつ音程の違うものがセットになっていて、5〜6人が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 18:25
かぐや姫、未来の竹を語る/伐採した竹は資源だ
タケックス・ラボ社長の清岡久幸(くみ)社長におこしいただき、「タケックス・ラボ 竹資源有効利活用事業」という講演をしていただきました。会場には、実際に竹林管理のボランティアをしている市民が多数集まり、熱心に聞き入りました。質問も相次ぎ、さすが吹田、タケに対する関心の高さがうかがわれました。(こぼら)=============私たしたちが考える竹の利用は大きなところでは建築現場の足場、そうめん流し、竹の塀・・・小さくなって竹とんぼ、耳掻き、ツマヨウジなどの細工ものが大半で、化学的な利用では竹炭や竹... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/06 19:09
武田五一没後70年展
6月8日、旧西尾家住宅の計り部屋(はかりべや)で特別イベントとして、中川 理氏(京都工芸繊維大学教授)、円満字洋介氏(京都精華大学非常勤講師)、小林淳男氏(武田五一研究家)の三人によるトークショー「武田五一を語る」がありました。舞台は掘りごたつ。武田五一は1929(昭4)年に竣工した自邸に自ら考案した「改良こたつ」を取り付けました。この「改良こたつ」は現在の「掘りごたつ」の原型のひとつと考えられています。武田五一(たけだ ごいち)を語れば日本一と自称する三人のトークは内容も濃く、楽しいひとときで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 21:56
満員御礼の講演会
ガソリン代が一挙に10円以上値上がりした6月1日(日)午後2時から宝塚造形芸術大学教授 西村公泉氏(西村公朝氏のご長男)の講演「西村公朝のたどり来し道」が始まりましたが、2時直前に来た人は講座室には入れない状態。あふれる聴衆に対して講座室ドアを開放で応対。館内にあるすべての椅子、もちろん喫茶ミリカの椅子も並べられてました。講演が始まっても外野席ではまったく何も聞こえない。耳をすましても聞こえない・・・20分ぐらいしてからマイクのスイッチが入ったようで、難聴が解消しました^_^;このすさまじい混雑... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/06/01 20:07
博物館を語る市民フォーラム+アート教室 :すいはく新緑祭(2日目)
14時から講座室で博物館を語る市民フォーラムがありました。まず第一部は藤井裕之学芸員が去る2月25−26日、東京文化財研究所で開催された「平成19年度美術館等運営研究協議会」で事例発表した「地域と博物館−文化庁美術館等運営協議研究会における吹田市立博物館の活動報告を巡って」の報告がありました。つづいて高橋真希学芸員が平成17年、大宰府にオープンした九州国立博物館を去る3月19日に視察した報告「展示と集客戦略−九州国立博物館視察報告」がありました。これらをふまえ第二部「明日の博物館をかたる」がカン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/06 17:41
すいはく新緑祭 :5月5日(1日目)
今日5月5日(月・こどもの日)すいはくで、千里竹の会のみなさまによる竹のおもちゃと遊びがありました。(きょうちゃん)竹でできているとは思えない模型飛行機や乗り物のコーナーは子どもたちに人気のコーナーミリカ嬢のエプロンがスペイン製、フラメンコスタイルになっていました。14:00から講座室では藤沢善康さんのアコーディオン伴奏で歌声喫茶。老若男女が歌集にある71の曲目のうち28曲を歌い上げました。ロビーで歌声を聞きながら談笑する人たちの姿もありました。(おーぼら)縄文語で歌う「北国の春」 カンチョー激... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 17:52
シンセサイザー演奏会「祈りの調べ」
音楽が大好きなみなさん!4月27日(日)午後2時から、愛宕念仏寺住職の西村公栄氏によるシンセサイザー演奏会「祈りの調べ」がありました。 すいはくでは、一昨年(H17)の秋期特別展「祈りの造形」の時に、講座室でされたそうです。今回は 3階 ロビーにて・・・3階ロビーといえば、昨年のゴールデンウイーク、段ボールのワニ作りとてつのファルトカヌー、そして万博展での ヘルマンハープの演奏以来?特にヘルマンハープの時、とってもいい音響だったので、シンセサイザーにとっては絶好の環境だと思いました(^^)用意さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/27 19:40
みんぱくポスター投票 ★結果報告★
このブログやすいはくで、みなさんに投票をお願いしていた「みんぱくのインパクトわたしのイチ押し」の投票結果を報告します。4月22日午前11時より「開館30周年記念企画展『みんぱくのインパクト』最終日の記念式において発表された人気上位6作品です。民博教員&関係者からのメッセージもあわせてご紹介。<堂々の1位は2作品ありました>7番 李容学(リヨンハク)さん制作 (写真上:左)「見えないモノを見よう」といいうコピーが民族学の本質をついています。一つは作者のいうように、異文化を鏡として、見えていない自文... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/26 14:46
博物館トーク聴講記 :4/20藤井裕之学芸員
4月20日(日)の博物館トーク、藤井裕之さんの「民具の機能と心象世界−箕を中心に−」を聴講しました。トークの内容は、藤井さんの専門である民具研究は、これまでモノの機能、形態に重点をおいて研究が進められてきたが、実用的機能の他に信仰に関わる側面があり、それを体系的にとらえ把握したいという視点から、箕は弥生時代からあり、唐古遺跡(奈良県田原本町)から竹で編んだ箕が出土。『日本書紀』にもでる。機能は穀類の粒と塵、糠などを選り分ける風選と運搬。素材は、竹、藤、樹皮など身の回りにあるもの。形状は、片口と円... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/21 19:03
’07EXPO’70 わたしと万博 終了しました
最終日の最終演目は■市民フォーラム14:30〜 2階・講座室 テーマ「わたしと万博」万博の思いを大いに語ろう」市長のことば70年万博で吹田のまちづくりが進展しました。山田市場から樫切山に向かう(エキスポロードと呼ばれる)(新)新道は万博の関連事業でできました。昭和40年ころ千里ニュータウンの建設中に高野台にごみ焼却場を作る計画がありましたが、万博会場内のごみ焼却場を吹田市が作ることで万博終了後、吹田市の焼却場にすることができ、高野台に作らなくてよくなりました。千里ニュータウンや万博がなければこん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/12/02 20:22
ヘルマンハープの演奏
11:30から3階ロビー、13:30から講座室でヘルマンハープの演奏がありました。【演奏曲目】1.小さなフーガ2.カノン3.宵待ち草4.ふるさと5.Love me tender6.Yesterday7.荒野のはてに8.歓喜の歌9.見上げてごらん夜の星をアンコール.きよしこの夜(おーぼら てつ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/02 19:16
特別対談 在大阪総領事の羅田廣氏と阪口市長
博物館講座室で羅 田廣氏と阪口市長の対談がありました。司会は市民委員会委員長・谷川一二氏中華人民共和国在大阪総領事・羅 田廣氏吹田市長・阪口善雄氏市民委員会委員長・谷川一二氏+++++++++++++++委)総領事は博物館に来るのに迷いに迷ったとのことです。このことについて市長は?市)吹田市民ですら市立博物館の場所がわからないということは、よく耳にします。日本の何倍もある中国の総領事閣下ですので、道がわかりにくかったことはよく理解できます。ようこそ、おいでいただきました。総)今の中国は37年前の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/01 21:07
フルートと竹笛の演奏
午後1時から佐竹台の留学生会館にお住まいの大阪大学院大学(大学院生)張朔源さんが竹笛とフルートでトロイメライなどの演奏をしてくださいました。その前に阪大中国人留学生学友会有志がイベントの受付やもちつき、物品販売の手伝いをしてくださいました。(おーぼら 岡村) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 18:38
♪もういくつ寝るとお正月 お正月にはもちついて
燃料は豊富にありました。つく・つく・つく・つく・つく・つく・つく・つく・・・・即日完売でした(おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 15:50
最終講演「万博公園の自立した森づくり」
07EXPO70最終講演は京都大学大学院・夏原由博教授(地球環境学堂 森川里海連環学分野)の「自立した森づくり」でした。===========若い人の中には「大阪万博EXPO70が今のような森の中で開かれた」とおもっている方もいるようですが、万博公園づくりは万博終了後4年の1974年から高橋理喜男氏(元・大阪府立大学教授)が座長となって始まり、吉村元男氏(現・鳥取環境大学教授)が実質的設計をした。1960年代は公害の時代、70年代に入り「工場を緑化しよう」という運動が始まった。当時はエコロジー緑... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/30 22:10
万博公園の野鳥をご紹介します!
野鳥観察会の講師、平軍二さんから昨日のレポートが届きました!==============================11月29日はおでかけイベント最終日、野鳥観察会でした。21種の鳥をゆっくり観察、至福のひと時でした。鳥の写真は吹田野鳥の会有賀憲介氏が万博公園で撮影されていたものを借用しております。1.スタート直後に見たジョウビタキ(雌)愛らしいですね。2.エゴノキの実にヤマガラが来ていました。手の届く所まで来て愛嬌を振りまいたヤマガラが好むエゴノキの実、名前の由来の「えぐさ」を試食し実感。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 07:21
野鳥観察会
11月29日(木)午前中、万博公園自然文化園で野鳥観察会をおこないました。あそこや、ほんまや、来た、来た 飛んだ担当の平さんの解説はわかりやすいと大好評です。野鳥の森に白鳥が来てました・・・冬やなー(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 23:40
映画上映会:「EXPO'70 光と人間たち」制作者の前田さんが来館
11月28日(水)14:00から映画上映会の最終回がありました。上映内容は、こちら。「EXPO'70 光と人間たち」制作者の前田茂雄さんに東京からおこしいただき、お話をうかがいました。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 23:36
「万博検定」(11/24)、結果+全出題発表!
11月24日(土)午後、日本で初めての?「万博検定」が実施され、以下の方々が表彰されました。果敢にもチャレンジした皆さん(10歳〜60歳)に拍手!第1位 将積 睦(枚方市)…82点第2位 村上昭雄(枚方市)…76点第3位 片原克人(尼崎市)…73点第4位 中野 崇(東大阪市)…64点第4位 田中地大(吹田市)…64点表彰は上位3名。市民委員会谷川委員長より、賞状と副賞「梅棹忠夫編『日本文明77の鍵』(文春新書)<梅棹蔵書サインと印、著者の1人である小山修三署名入り>とリオちゃん入りジョッキ」が贈... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/28 15:52
万博機構ビルでお勉強なのだ:おでかけイベント
11月27日(火)おでかけイベントは、万博記念機構ビルの文化機関を訪問しました。1.千里文化財団では、11月17日に開館30周年をむかえた「みんぱく」についてうかがいました。2.写真上は、大阪大学CSCD(コミュニケーションデザイン・センター。説明してくださったのは、安全コミュニケーションデザイン部門教授・小林傳司さんです。3.写真下は、彩都メディア図書館で。同館代表理事・畑祥雄さん(関西学院大学教授)に専門図書館の必要性などについて、お話しいただきました。くわしくは、のちほど、よーちゃんから。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 00:09
西アフリカの鼓動 ジェンベがやってきた!
そりゃもー、すっごい迫力でした。「ハナマー(大阪)」と「バチコンドー(神戸)」が合体して今日だけのジョイントで「ハマコンドー」が誕生。堀越大二郎、池上展大、奥崎慎一、桧垣亮一、オキグ、あいこ、まこっちゃん、みき、まこ、ゆり、リーヌ、じゅんこ、なおきの13人が80分のパフォーマンス。【演奏曲目】1.シンテ バランタ(セネガルの部族ダンス)2.クク(ギニア海岸地域のバガ部族のリズム)3.ソボニクン(ほ、ほ、ホタル来い・・・日本語歌詞はゆみちゃんが作った)4.ジョレ(マリ共和国の祝いの音楽)〜ワークシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/11/25 21:08
ゲルでの交流<歌・会話>
11時からゲル内では京都在住でモンゴル留学の経験のある伊藤麻衣子さんと神戸大学の留学生ダイチンさんのお話をききました。ゲルは15人の観衆で満席。多くの質問がありました。ゲル:モンゴル語 パオ=包:中国語 だそうです。ゲルの外ではコタロー、孫タロー、ひ孫タローで楽しむ人々の姿がありました。(きょーちゃん おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/25 09:11
<フランス・デー> シャンソン/アコルデオンの弾き語り
須山公美子さんのアコルデオンの弾き語りStage11.バラ色の人生2.ドミノ3.詩人の魂4.モンパリ5.パリの屋根の下6.枯葉7.すみれの花の咲くころStage21.パリのお嬢さん2.パリ祭 カトルーズ・ジュイエ(7月14日)3.ミラボー橋4.黒猫シャノワール5.さくらんぼの実るころ6.アコルデオン弾き7.愛の賛歌アンコールは「すみれの花の咲くころ」会場の全員が歌いました。 (おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/23 17:55
おでかけイベント自然観察会@万博公園 第2回植物観察会
今日のおでかけイベントは万博公園の植物観察会、参加者は12名でした。講師河面尭さんの軽妙な語り口に時間を忘れ、晩秋の樹木60種ほどを楽しみました。1.花にも色々(ヒマラヤスギ・チャノキ) ヒマラヤスギの雄花は黄褐色で目立ちます。一番下の雄花の根元にほんのり茶色く見えるのがあるのが雌花、わかるでしょうか。 チャノキはツバキやサザンカと同じツバキ科の木、葉からお茶の作り方を教えてもらいました。2.紅葉の輝き(イロハモミジ・メグスリノキ) イロハモミジは葉の裂片が7枚(=いろはにほへと)あることからつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/22 21:51
「万博の基幹施設の計画にかかわって」川崎清先生講演録
11月17日(土)、「万博の基幹施設の計画にかかわって」と題して、京都大学名誉教授、環境・建築研究所主宰の川崎清先生の講演がありました。お話の概要をアップいたします。◎1964年、東京オリンピック開催後間もなく万国博の開催地の検討が始まった。◎西日本の経済的地盤沈下の回復起爆剤として、近畿圏の道路網整備を画した。◎1965年9月1日、テーマ委員会が発足。同11月「人類の進歩と調和」のテーマと基本理念を設定。◎1965年11月〜12月 日本万国博覧会基礎調査。京大万博調査グループが参加。代表西山夘... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/22 10:24
11月21日:今日の博物館
11月21日(水)、映画上映会3回目がありました。上映内容はこちら。解説している「よーちゃん」があつめた万博関連図書が、図書コーナーにあります。こちらも、ぜひ見ていってください。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/21 20:53
11月16日(金)講演会「万博記念公園の今と将来」
1980年より万博記念公園に関わっておられる万博記念機構課長・平田清氏にご講演いただきました。名古屋より愛・地球博の関係者7名も来館され、万博造成計画が始まった1965年からの歴史をふりかえり、現状と将来ビジョンまで体系的にお話いただきました。(参加人数:50名)ご講演の主なポイント・愛・地球博をきっかけに、大阪万博の意義が見直され、非常に関心が高くなった。・万博記念機構も昨年大阪城で、今年は広島で回顧展をした。・万博開催前の1969年より跡地をどうするか検討され1970年12月に大蔵大臣に「万... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 20:47
万博展お出かけイベント「民博オセアニア展と迎賓館」報告
今日は、お出かけイベントにて、民博オセアニア大航海展と迎賓館へ行ってきました。参加は18名でした。ようちゃんの案内で、太陽の塔とエキスポ70のテーマ、アホウドリ2世号を見学、岡村さんが大屋根について説明してくださいました。私は、民博特別展見学が2回目だったので、説明パネルをしっかり座って聞いてみました。星や海、空の様子で大海原をわたる太古の人々を思うと、すごいなぁと改めて感心。台湾からフィリピンそしてマダガスカルからハワイまで島々へ。学校の歴史で習う大航海は西洋人の話だけど、なじみのモンゴロイド... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/21 00:50
今日も、にぎやか!:11/18(日)のすいはく
11月18日(日)14:00〜、「プカソンコ」のみなさんのアンデス・フォルクローレいつも笑顔のミキサー担当Mご夫妻ありがとう!今日は、木枯1号にも負けない、イタリアン風「あったかスープ」のお店が出ました。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 20:06
サイクリングで行こう!万博の今と昔
11月18日、おでかけイベント、サイクリングで行こう!万博の今と昔がありました。阪急山田駅前、江坂公園図書館前、JR岸辺駅前それぞれ9:00に出発→万博公園西口に集合。花の丘→ソラード→自然観察学習館→昼食・自由に散策→お祭り広場→そして、すいはくへ(今日は、関西文化の日で無料入館日!博物館では14時からプカソンコ公演。)参加者は合計20名、紅葉がとってもきれいでした。8歳から80歳が、万博公園から万博展まで来ました。リオちゃん前で、はい、ポーズ(おかむら) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 13:32
梅棹先生と情報:万博を生産した書斎
11月9日(金)。梅棹先生が、体力に自信がないので・・・と来られませんでした。そこで、特別ゲストの中野さんの他、フロアにいらしてた片寄さんに急遽くわわっていただき、梅棹先生のことを中心に鼎談形式で話をうかがいました。フリートークで大変おもしろかったのですが、ここでは要点だけを紹介します。片寄 京都の北白川にあった梅棹邸では、月に2回金曜日の夕方、誰でも参加できる会をひらいておられました。貧しい学生だったぼくは、入り浸っていましたねー。細長い部屋に、ずらーっとみんなが座って、わーわーいいながら、酒... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/18 00:01
おでかけイベント自然観察会@万博公園 第1回野草
快晴で11月中旬とは思えぬ穏やかな観察日和、集まった11人は万博自然観察館観察ボランティアの河面尭さんの案内で、和気あいあい万博公園の野草を中心とする秋をたっぷり楽しみました。○先ずは咲いていたタンポポ(セイヨウタンポポでした)からスタート。タンポポの葉の形(切れ込み)が違うのは2種の植物ホルモンのバランスにある。○葉の形が珍しいとして、ヤブカラシの鳥足状複葉(とりあしじょうふくよう)。○野草観察会とは言え樹木も、イロハモミジの紅葉を見逃すわけにはいきません。○溝に生えているイヌタデは立派な画材... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 21:01
万博を映画で見よう・第二弾
11月14日(水) 14時〜 吹田市立博物館2階講座室で、以下の2本見ました。1.「EXPO'70 光と人間たち」(28分)日本創造企画株式会社 会長前田茂雄氏制作2.「日本万国博(下)」(1時間30分)総監督:谷口千吉 映像出展:日本万国博覧会記念機構パビリオンへ突進、行列、混雑ぶり、トイレ不足、大人の迷い子等・・・そんなことも記録されていて、興味深い映画でした。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 20:02
お出かけイベント第6弾 :EXPO’70ホールとエキスポランド
天候が心配されましたが「万博記念館EXPO'70ホール」と「生活誕生館」そしてエキスポランドで「大観覧車」と「モアイ展」を楽しみました。「生活誕生館」の開場は10時ですが館のご配慮で9時45分に入館させていただきました。挨拶や応対の心得など朝のミーティング風景も見学(?)できました。皆さんきびきびしていて、笑顔がとても印象的でした。=========「万博記念館EXPO'70ホール」は、日本万国博覧会(1970)当時の模様を映像、写真、パネル等で紹介するほか、各国のパビリオン等から寄贈を受けた展... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/13 21:09
市民フォーラム「太陽の塔と明日の神話」(11/10)
今回の展示には「万博を作った頭脳集団」というセクションがあります。その中の一人、小松左京さんと、「世界の仮面と神像」を集めに行った当時の若手の1人、石毛直道さんが特別ゲストとしてやってきました。(小松) 万博の計画が軌道に乗り始めたとき、「これだけの空間をまとめ、作り上げることの出来るのは岡本太郎だ」といったら、梅棹さんが「おー」と賛成した。あの、丹下健三さんの考えた大屋根を突き破ったあのパワー。「石原慎太郎の太陽の季節みたいだ」といったら、何にも知らない岡本さんは「それはいい」と言って「太陽の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/11/12 21:03
ふるさとデー・広島 & スペイン料理
本日も広島県特産売り場とスペイン料理店がテントのもとでオープンしていました。もみじまんじゅうとオムレツが好評!(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/11 21:55
今日は 足 足 足・・・ :タイ舞踊とフラメンコ
タイ舞踊タッサニー・タイ舞踊団は、1996年に結成された舞踊団、関西を中心にステージやテレビだけでなく、留学紹介など、国際交流でも幅広く活躍しています。吹田ではアジアン・フェアでおなじみ。11:00〜と12:30の2回公演。シウイチャイ、トンウォラチェート、エードーク・クーンの3曲を披露(カンチョー)すてきな衣装に身を包んだ女性の足の動きが、とっても綺麗!ゆったりスムーズに運ばれる足ばっか見てました・・・(てつ)「ステップは赤く激しく:フラメンコ」byセビージャあまがさき天候があやしくなったので... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/11 19:05
寺尾仁志「ラヴイズシンフォニー」
滋賀県高島市出身の寺尾仁志(てらお ひとし)さんは、この日、会場で「高島市物産展」が開かれていたことに感激した・・・とのこと。関西風のノリのトークは楽しかったです。【演奏曲目】1.小さな海2.そしてボクはとほうにくれる3.最後ノ忘レモノ4.ラブイズシンフォニー5.君がそばにいるから26.ここにおいでよ(おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/10 21:01
泉吏映「日本のふるさとを歌う」
泉吏映(いずみ りえ)さんのたのしいおしゃべりと魅惑の歌声が紫金山公園のみどりの中に吸い込まれていきました。【演奏曲目】1.富士山2.白い花の咲く頃3.高原列車は行く4.旅の夜風5.北国の春6.雨降りお月さん7.冬の夜8.潮来花嫁さん9.瀬戸の花嫁10.夢遠きふるさと11.椰子の実12.さくらさくら13.里の秋14.赤とんぼ15.叱られて16.母さんの歌17.ふるさと18.リンゴの唄(きょうちゃん おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/10 20:58
梅棹トーク「万博を生み出した知とその技術」
11月9日(金)14:00〜講演会「万博を生み出した知とその技術」がありました。今日の講師・梅棹先生は、ついに具合がよくなられずご欠席になってしまいました。そこで、カンチョーの司会で、特別ゲストの中野不二男氏と、フロアにいらっしゃった片寄先生に急遽前に出ていただき、梅棹先生をよく知る3人の方々による梅棹先生(について)のトークと相成りました。ご本尊がいらっしゃらなくても、熱心に聞いてくださったみなさま、ありがとうございました。(きょうちゃん こぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/09 21:20
「おでかけイベント」:万博パビリオンめぐり
おでかけイベント報告 バビリオン跡地探訪スクラッチ======================EXPO70では各パビリオンでスタンプをあつめましたが07EXPO70では各パビリオン跡地でスクラッチあつめです。参加50人、やり始めるとハマッテしまう面白さ。 高齢クラブの皆さんも童心に返り、つぎつぎパビリオンのプレートを探し当てては上機嫌。今日の成果は、少ない人で20個あまり、最高は39個採取でした。全部で86個あり、2〜3日で完走は難しそうですが、多くの参加者から「完走までまた来よう」とか、「孫に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/11/08 20:28
第1回 映画上映会がありました
11月7日(水)14:00〜、第1回映画上映会をひらきました。上映した作品は、川崎市岡本太郎美術館と日本万国博覧会記念機構のご協力を得た以下の2本です。「太陽の塔誕生 岡本太郎と日本万国博」 18分企画:川崎市岡本太郎美術館制作:ニュース映画製作者連盟 日本映画新社2000年制作 「日本万国博 上」総監督:谷口千吉企画:財団法人 日本万国博覧会協会制作:社団法人 ニュース映画製作者連盟総プロデューサー:田口助太郎 撮影:植松永吉編集:伊勢長之助 音楽:間宮芳生ナレーター:石坂浩二・竹下典子197... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/08 06:30
万博「おでかけイベント」:日本民芸館と国際児童文学館
11月6日(火)、今日のおでかけイベントは大阪日本民芸館と大阪府立国際児童文学館をたずねました。夏のトンネルアートで活躍した方々を中心に8名が、芸術と文学の秋を堪能しました。大阪日本民芸館では、「秋季特別展−倉敷民藝館名品展」を開催中(9/15〜12/9)大阪府立国際児童文学館では、日頃は入ることのできない書庫も案内していただきました。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/06 23:20
すいはくフォークジャンボリー! 後半
古川 豪−−−−−−−1.四季の想い出2.ゴミ3.ふうの街の女4.どんぐりバラーズ−−−−−−−1.風の子守唄2.母さんはいつも3.Party is over4.季節の中でムーンライト グラハム−−−−−−−−−−−−−−1.Vintage2.PURE DANCE3.約束4.地球の涙5.この道を南へおちゆうじとニューベルツ−−−−−−−−−−−−−−−1.白い翼の鳥に乗って2.ひとりぼっちの旅3.亀の遺言4.愛に吹く風5.戦争を知らない6.さすらい人の子守唄7.風シングアウト1.Hobo's L... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/11/04 19:14
すいはくフォークジャンボリー! 前半
正午まで、(五月が丘)地域の防災訓練がありました。1時からは「すいはくフォークジャンボリー!」フォーク デストロイヤーズ−−−−−−−−−−−−−−−1.ハローワークにいらっしゃい2.助けあおうぜ貧しき者よ3.ハート オブ ゴールド4.諭吉の歌5.サンマの歌秋田克英−−−−−−−1.生きる2.おはようの歌3.手と手と手と4.おふくろ5.元気でいこう6.ほろほろよいだよこの町で長野たかし−−−−−−−−1.これがぼくらの道なのか2.風に吹かれて3.時代は変わる4.イムジン河5.うろこ雲の絵6.お茶... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/04 19:13
ラテン音楽の魅力
14時から1階・特設ステージで「ラテン音楽の魅力」B&J(ベティ沢田と楠山智章)によるラテン音楽のステージがありました。【演奏曲目】1・ビギン・ザ・ビギン2・ピーナツベンダー3・マカレナ4・グラナダ5・アドロ6・ベサメムーチョ7・キサス キサス キサス8・コーヒールンバ9・黒い天使10・エルクンバンチェロ11・ある恋の物語り12・キエンセラ13・黒い瞳のナタリー(きょうちゃん おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/03 19:04
わたしと国際支援 〜世界の国からこんにちわといえるために〜
11月3日(祝)13:00〜、特定非営利活動法人ソムニード(国際地域社会開発協会)SOMNEED(Society for Mutual Aid, Networking, Environment, Education & Development )専務理事の竹内弓子さんをお招きし、講演会「わたしと国際支援 〜世界の国からこんにちわといえるために〜」がありました。講演がおわったあともロビーでは竹内さんを囲んで座談会がつづきました。(なかちゃん おーぼら きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/03 19:00
トルコ民族音楽 「弦楽器サズ」
11月3日 午前11時30分から12時まで1階特設ステージにて、トルコ民族音楽 「弦楽器サズ」の演奏がありました。サズはトルコの代表的な古典楽器で、日本の三味線に近いものです。演奏はトルコ出身のプロの演奏家 セファさん(美声のF おーぼら) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/03 18:54
万博大屋根ものがたり
1970年万博の主要な施設に太陽の塔と大屋根があります。太陽の塔は岡本太郎さんの作品であることはあまりにも有名ですが、大屋根は?大屋根のデザインは丹下健三さんです。そのデザインにもとづいて構造を坪井善勝さんが担当し、構造計算から施工監理、さらに解体の指揮管理をされたのが中東達男先生(元大阪芸術大学建築学科教授)です。今回は、中東達男先生のお話を聞きました。太陽の塔のふもとは中央広場で「現在・調和の世界」。そこから「地下テーマ館」に向かう。地下テーマ館から太陽の塔の内部を上っていって太陽の塔の右腕... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/02 21:07
おでかけイベント報告:パビリオン跡地探訪
雨天に係わらず、予定の7割:14名が参加 跡地の金属製マークを紙に写し取るスクラッチ作業は雨天中止としていました。ところが、念のために世話役の私が集合場所に出向いていると、20人の予定者の内14名も集まりました。 さすがに、スクラッチの作業は能率が悪く、作業手順を実習するにとどまりました。しかし、小雨のち曇り空の中を、自然文化園、日本庭園と公園内を目イッパイに歩きまわり、元気な昔青年たちでした。  最後に、今日から特別公開の日本庭園内・茶室「汎庵」で抹茶を頂き、伝統茶室庭園の雰囲気を堪能しました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/01 18:48
お出かけイベント第2弾:ミンパク!
10月30日(火)、おでかけイベント第二弾として、国立民族学博物館にでかけました。総勢26名、約2時間で、常設展示と特別展「オセアニア大航海展」を見学しました。常設展示場内には、企画展が2つあり、一つは教官の皆さんが集めた民族資料で、初見の物ばかりで、見ごたえがありました。もう一つの企画展は「植物ビース展」。植物のジュズ玉で遊んだ昔を思いだしました。 特別展「オセアニア大航海展」では、大海原を原始的な航法で乗り切った人達の勇気と知恵に感心。展示物が多く、見ごたえありましたよ。それと、この日、民博... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/31 06:15
ナショナルデー:アメリカ
抜けるような青空にひるがえる?星条旗のもと、博物館お祭り広場にアメリカの中西部とハワイ州がやってきました。Stage1はYUMI & Uncles(ユミ&アンクルズ)によるオールディーズ途中でゆめのちゃんが「大人になりたい Too Many Rules」を見事に歌いました。【演奏曲目】1.カラーに口紅 LIPSTICK ON YOUR COLLAR 2.ロコモーション LOCOMOTION3.ダイアナ DIANA4.アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア I SAW HER STNDIN... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/28 20:10
トークショー/ウルトラソニックバス誕生秘話(進化版)
万博会場の一等地に位置したサンヨー館はメダマ展示のウルトラソニックバス(人間洗濯機)を見るために会期中連日超満員でした。サンヨー館の入場者数は585万8695人。会期は180日だったので一日平均3万2千人あまりが入場しました。(今回の07EXPO70展の目標人数ですね)三人のゲストを迎え、そのウルトラソニックバス誕生の秘話を語っていただきました。元サンヨー館 プロデューサー 福田成美氏当時私は宣伝部製作課長だった。人事と予算を掌握した実質のプロデューサーは常務取締役だった。私は常務のアシストをし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/27 19:49
ふるさとデーのイベント
きょうは三重県/徳島県のふるさとデー。会場は阿波踊りで大にぎわいでした。大阪天水連から60人、あかし連から26人が参加しました。みなさん、本場徳島で修行した本格的な鳴り物と踊りを披露してくださいました。一般観客も飛び入りして、踊るアホウの大展覧会場となりました。12時から13時までが本番でしたが、その後、着替えた後もにぎやかなこと・・・午後4時、東の空に虹が出ました。その下で一同は鳴り物入りで踊っていました。(てるちゃん+きょうちゃん おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/27 19:37
片寄俊秀先生の講演
お祭り広場を考えた西山夘三先生の教室に入った。(大学院)修士課程のときに今西錦司先生のアフリカ類人猿学術調査隊に設営担当師として入った。積水ハウスがはじめて作ったプレハブ住宅をアフリカに建てる仕事だった。ラグビーをしていた私が選ばれた。それを「ブワナ・トシの歌」(社会思想社)という本にしたらヒットした。小田実氏の「何でも見てやろう」がヒットしたあとの時代。65年に同名の映画ができ(石原裕次郎ではなく)渥美清が主演した。 卒業して大阪府に就職したら企業局(千里ニュータウンの開発担当部局)に配属され... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/26 21:52
おでかけイベント第一弾
「日本庭園と迎賓館見学」スタッフ、FM千里のレポーターも含め13人。中央ゲイトから自然文化園に入園して、松岡委員から太陽の塔と世界一周したヨット「あほうどり2世号」、平和のバラ園、の説明を聞きながら日本庭園入り口に到着。日本庭園では、現地のボランティアガイド2人の説明で、たっぷり2時間をかけて園内を一周。日本庭園には何度もきているが、じっくり説明を聞かせてもらったのは初めてという人がほとんどで、好評でした。今年の楓の紅葉はやや遅れ、12月初旬にずれ込みそうとの話。昼食の休憩の後に、迎賓館を見学。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/23 17:24
10月21日イベント報告
10/21(日)の紫金山は秋の快晴!屋外ステージで屋内で、「万博展」のプログラムが多彩に展開されました。●10:30-歌声喫茶「ロシア民謡を歌おう」おーぼらさんが報告済みだけど、和田アナスタシアさん(左から2人目の女性)のキメ写真を大きめにご報告しますね。カリンカの軽快なリズムと臨場感・力動感ふれる舞踊に、会場は盛大な喝采…(byきょうちゃん)ミスター青春桜(一番左の日本人)もポーズしてほしかったなあ…。●13:00-「スコットランドのバグパイプ」アンコール編カンチョー乱入の図午前とは衣装が異な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/10/22 00:04
バグパイプ うた声喫茶
雲ひとつない秋空の日曜日、博物館から紫金山公園にバグパイプの音色がひろがりました。演奏はScottish Consultantsのリンゼイ川井さん。バグパイプの音色と(日本語での)おしゃべりもおもしろく、観客は堪能しました。つづいてドリームネットの歌唱指導による「うた声喫茶」〜ロシア民謡を唄おう〜ともしび/トロイカ/カチューシャ/黒い瞳の/一週間/赤いサラファン・・・などなど、大勢の歌声がひびきました。紅茶もコーヒーもなく、ましてケーキもなしで、「どこが○○喫茶やねん?」って声が出る前に司会者が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/21 11:19
午後は吹田デー: 賑々しく華やかに
今日はお天気も上々。午前はVIPゲストを迎えたオープニングセレモニーでしたが、午後は市民がお祝いに駆けつけ演芸大会。音楽が鳴り響いていました。おかげで、喫茶ミリカも「売り切れ御免」ので早じまい。でもボランティア委員たちの戦線は伸びきって、ばてばて。あちこちで居眠りすがたがめだちました。でも、これからの手応えを感じた1日でした。ガンバ、ガンバ。(カンチョー)★「吹田デー」プログラム1.舞踊小曲「寿ぎの舞」・・・舞の会2.三味線合奏による唄と踊り・・・民謡・民舞・千里会3.四ッ竹・・・吹田市四ッ竹保... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/20 19:52
オープニングセレモニーが はじまったよ
07EXPO70−わたしと万博−オープニングセレモニーよりカンチョーのあいさつこの博物館では昨年、市民が企画運営する展覧会をおこないました。題材は「千里ニュータウン」でした。これが大成功をおさめましてマスコミをはじめ、学会まで注目する催しとなりました。博物館の使命の一つは文化財を守ることです。有機質の文化財は光とかカビ、人の力による破損などが怖いのです。そのためには“人が来ないことがいちばいい”ということになります。現在この二律背反の命題に全国の博物館が苦しんでいます。市民と実際にコラボしてみま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/20 10:24
さわる体験 :広瀬浩二郎先生の講演会&ワークショップ
現在すいはくでは「さわる 五感の挑戦パートU」を開催していますが、10月8日(月・祝)、昨年もおこしいただいた民博の広瀬浩二郎先生の講演会と暗闇体験ワークショップがあるというので、でかけました。天気悪いのに30人以上の参加がありました。広瀬先生のおっかけと思われる方数名(^_^;前半一時間は、「フリーバリアの時代−”点字力”で切り開く博物館の可能性−」という講演。広瀬先生は、ワークショップやアルバイト先の「点字毎日」の視察にいらっしゃった皇室の方々とのエピソードを語られ、間近に人びとと触れあわれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/08 18:04
こんにちは。そしてサヨナラ :07EXPO70プレイべント
WCI/ワールドキャンパスインターナショナルの一行が、吹田での10日間の日程を終えて、次の目的地・愛知県の豊田市へ向かいました。吹田市では企業訪問や千里金蘭大学などとのコラボレーションを体験してもらいましたが、とりわけ吹田市立博物館での体験は印象深かったのではないかと思います。博物館としても、10月20から開催する「07EXPO70」のプレイベントと位置づけ、世界各地からやってきた若者たちと、催しを通してコミュニケーションをはかれたことの意義は大きかったと思います。万国博には、科学や経済のみなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/18 20:15
07EXPO70プレイベント: Takoyaki, somen-noodle and sushi.
「天気予報はどうなってるんだ!」と叫びたいほど晴れた9月16日(日)、吹田市立博物館3Fで、たんぽぽのみなさんのご協力とご指導の下、ワールドキャンパスの若者たちと一緒につくって食べて、日本の味を楽しむイベントがありました。1.たこ焼きなんといってもここは大阪。本格派の味でした!2.流しそうめんこの装置は、千里の竹をつかって、千里竹の会のみなさんが手際よく準備してくださったものです。3.やっぱり大人気。スシのコーナー。手巻き寿司のほかに、大阪風の押し寿司も。彼らの吹田の印象は・・・「terribl... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/16 21:09
世界の若者@吹田 その4 :07EXPOプレイベント
9月15日は大学巡り(関大と金蘭)をしました。相撲、文学、料理など日本文化を楽しみました。16日はプレイベントのフィナーレ。流しそうめん。日本では音を立てて麺をすするのが正当と説明され、驚く人、まねる人。たこ焼きつくり、すしなどをたのしむ。千里竹の会の皆さんと竹細工、竹とんぼ。最後に講座室でカンチョーが司会して、市民と意見交換。とても暑い日でした。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/16 20:52
世界の若者@吹田 その3 :07EXPOプレイベント
吹田での滞在も6日目になりました。 9月14日19時より、メイシアターで、ホストファミリーと吹田市民へのお礼のショーが行われました。挨拶吹田市内での活動ぶり紹介歌、踊り、楽器演奏など、たいへん質も高く、たのしいイベントでした。(きょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/15 07:13
世界の若者@吹田 :07EXPOプレイベント
ワールド・キャンパスの若者たちの動きを写真でおしらせします。9/11日、12日、ともに朝9時にメイシアターに集り、ミーティング。挨拶のわりふりと練習をしたあと吹田の企業10社を訪問。17:30からはミュージカルに友情出演エネルギッシュな活動ぶりですが、楽しそうです。{訪問企業}大幸薬品・三星ダイヤモンド工業・ミラクルコーポレーション・淀川ヒューティツク・朝日ビール吹田工場・ダスキン・紀州製紙・サンリバー・ネオマテリアル・味舌陶房(きょうちゃん)あかちゃんさんのブログでも紹介されています。こちらも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/13 07:04
タイムカプセル
WCIの一行が吹田市立博物館を見学しました。10年後まで博物館の庭で眠るタイムカプセル。カプセルという名のツボには参加者が書いた「希望」や「遺言」が入ってます。博物館の庭に埋められ、記念植樹もおこなわれました。みんなで10年後の再会を約束しました・・・インターナショナル的シチーボーイのカンチョーが英語で講義しました。 ・何について? ・どんな反応があったの・・・(おーぼら) −−のちほど報告します(こぼら)(写真 by fujii) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/10 19:52
ご来場ありがとうございました!(千里ニュータウン記録映画上映会)
1時半少し前、博物館に行って驚いた。「バーゲンセール会場か?」といった雑踏ぶり。「なんや、これは?」の雰囲気でした。上映会の前に奥居さんの詳細で要領を得た説明から始まりました。千里ニュータウンの計画から実施、入居と映画は進みました。(「ひらけゆく千里丘陵-建設編」1962より佐竹台入居のシーン)会場には「ほくさんバスオール」も置いてあり、千里ニュータウンとバスオールの説明もありました(大阪府製作の映画にはバスオールはまったく登場しませんでした)。※このバスオールは「千里ニュータウン展」終了後、神... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/02 22:06
考古学とコンピュータ
8月19日13:00〜、特別展「保存と復元の科学」のイベント第二弾、「考古学とコンピュータ」が開催されました。まず、総合研究大学院大学の及川昭文先生が、考古学データベースについて講義。0、1でわりきれない考古学データを、どうコンピュータにのせるのか。そして、それをつかってどういうことがわかるのかを、凝ったパワーポイントにのせて説明。縄文時代の貝塚のデータを分析していくと、出土した貝の種類から気候変動や交易のあとがうかがわれること、また、九州の遺跡分布データのシミュレーションから、ヤマタイ国の場所... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/08/19 23:59
わたしと万博(25−4)…お祭り広場うらばなし4.
お祭り広場の運営ディレクター、伊吹健さんの「万博びっくりショー」、テープを起こしたらこんな話も出てきました…。●茶碗から万博共通語まで開幕一年前ころの会議は、お茶一杯さえ飲むことができなかった。什器がなかったので湯のみ茶碗やお盆などを頼んでなんとか会議ができる状態になった。協会として一括して消耗品や什器を購入すればよかったのだが、当初その発想がなく、パビリオンなどが個々にそれらを発注した。コーヒーカップを10ダース購入したところもあった。そのおかげで業者は億万長者になったらしい。企画書などの文書... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/07 02:38
わたしと万博(25−3)…お祭り広場うらばなし3.
お祭り広場の運営ディレクター、伊吹健さんの「万博びっくりショー」、お話は尽きることなく続きます!●大屋根の下で…お祭り広場では「日本のまつり」を集めたイベントもあった。文化財も来る。高山の人形からくりなど養生がたいへん。お祭り広場の大屋根は10m四方の枠の集まりで形成されている。その10m四方に東レの作ったフィルムが二枚重ねられていた。二枚の間に空気を送って膨らませていた。雪の時は送る空気を暖めて雪を溶かした。屋根を維持するのに地下室で20〜30人が働いていた。大屋根の下では国旗掲揚しても旗が垂... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/03 03:48
わたしと万博(25−2)…お祭り広場うらばなし2.
お祭り広場の運営ディレクター、伊吹健さんのお話は続きます!●難民行列?に見えたリハーサル開会式が迫る3月。どうも天気がアヤシイ…。開会式リハーサルの13日は激寒!各国の旗を点検して掲揚したはずなのに一つの国の国旗が上下逆になっていた。自衛隊の演奏による「万国博がやってきた」のマーチで入場行進が始まると、バタバタと女の子が倒れはじめた。当時はミニスカートで薄着だったので、寒さに慣れていないアフリカやインドネシアの女の子が倒れたのだった。そこでみんな難民の行列のように毛布をかぶって入場行進をした。新... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/08/02 03:08
わたしと万博(25−1)…お祭り広場うらばなし1.
7月29日(日)、「万博びっくりショー」と題して、お祭り広場の運営ディレクターをつとめられた伊吹健(いぶき・たけし)さんに万博のさまざまなエピソードをお話しいただきました。伊吹さんは中国生まれ。日本に引揚後「吹田事件」にも立ち会われ、演劇の世界から草創期の民間放送にたずさわり、大阪万博のメンバーに…まさにその人生は「戦後史」そのもの!人間ハード・ディスクというべきか、メモも持たずに日時も場所も人の名前もすらすら…、次々と話がすすんでいきます。●丹下vs西山「お祭り広場」のコンセプトを作った二大巨... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/01 16:47
記録映画「千里ニュータウンとその背景」上映
7月21日(土)14:00〜、「千里ニュータウンとその背景」が、いつものように解説は奥居武さん、そしてコメンテーターに「千里・住まいの学校」の山本茂さんをお招きして上映されました。写真はいつも同じアングルで、かわりばえしなくてすみませ〜ん。でも、映画の方は、開発から20年を経てつくられたもので、グレーター千里を視野に入れた構想が語られ、それまでのものと大きく様変わりしていました。住宅難でとにかく住むところが必要だった時代から、オイルショックなど経済的な変化を受けて、都市開発のコンセプトが重視され... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/21 16:37
「千里ニュータウン展」の研究でお困りの方へ(今さらですが…)
昨年春、市民企画により、22170名の記録的来館者数を残して吹田市立博物館と博物館ギョーカイに革命をもたらした伝説の?「千里ニュータウン展」。どこでどーいう「隠しスイッチ」を押してしまったのか、終了後一年をすぎても各方面から問い合わせが引きもきらず…っていうのはチョット大げさですが、今もって「あの展示や催事について知りたい!」という声が絶えません。しかし、たえず前を向いて前進する市民ならびにカンチョーおよび博物館の忘れっぽい…いや、後ろを向かない性向ゆえ、実はこの「伝説のNT展」、報告書ができて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/15 22:02
記録映画「千里ニュータウン」('64製作)上映
梅雨の晴れ間となった7月9日(日)14:00〜、喫茶ミリカも開店し、記録映画会・その2 「千里ニュータウン」が上映されました。今回も、奥居さんの解説があり、千里ニュータウン内に農地を持っておられた方のご子孫、千里ニュータウンを卒論にとりあげようとしている学生さんなど、開発当時の千里ニュータウンに関心をお持ちの方々が集まり、熱心に聞き入りました。前回上映した「ひらけゆく千里丘陵」(計画篇・建設篇)を見のがしたので、ぜひもう一度という意見が多数寄せられました。また、すいはくで上映できればいいな〜と思... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/08 19:04
「古い写真の楽しみ方」奥居武氏
土砂降りの日曜日になってしまいましたが、6月24日14:00から、吹田市立博物館で、奥居武さんの「古い写真の楽しみ方 定点観測とデジタル復元」がありました。なぜ古い写真とつきあうことになったのか今から遡ること12年、阪神大震災がきっかけで、神戸のご親戚の家にあった戦前から’70年代ごろまでの一族の写真2千枚ほどが、どっと奥居さんのところにやってきてしまったのです。そこには、お母様の子どもの頃の写真だけでなく、おじいさま・おばあさま、ひいおじいさま・ひいおばあさまの姿が・・・関東大震災、戦前のアメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/06/25 17:46
千里ニュータウンのアルバム
今日6月16日(土)から、いよいよ『吹田のアルバム』がはじまりました。オープニングのイベントとして、14:00から昨年、千里ニュータウンで市民委員もつとめてくださった奥居武さんの解説で、大阪府企業局が製作したPR映画「ひらけゆく千里丘陵」の計画編と建設編を見ました。今から45年前の千里丘陵の景観と、そこにワシワシ分け入って造成をすすめる重機・・・「ひらけゆく」未来に期待をよせる時代の雰囲気を感じました。(折しも今日は吹田環境フェアが開催されていたそうですが、そちらで上映したら、のけぞりそうなカン... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/16 18:55
「吹田の景観を掘りおこす展2」最終日 「さよならワニ」の会
大阪大学総合学術博物の江口太郎館長の特別講演で「吹田の景観を掘りおこす展2」が閉幕しました。阪大豊中キャンパスにこの夏に博物館がオープンします。吹田市立博物館と同じように喫茶コーナーを設けました。(この企画には内部から反対の声がたくさんあがりましたが、江口館長は断行しました)収蔵庫がないのが悩みです。図録にある北摂の50万年前の絵は、おかしい点が見られます。1.針葉樹が植林されている。・「この付近の当時の気温は現在とほぼ同じ」と分かってきました。針葉樹林そのものがおかしい。2.発掘されたワニのウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/06/03 20:48
5月27日吹田地学会講演
5/27日 (日)14:00〜吹田地学会のメンバーによる連続講演という形式でおこなわれました。1.地質学の基礎(秋元宏氏)は46億年という、わたしたちの時間感覚をはるかにこえた地球の歴史を解き明かそうとする地質学の理論と方法について、ランドサット映像などを使いながらのおはなしでした。2.大阪層群と千里丘陵のなりたち(林隆夫氏)は、約300万年の近畿著方の古地理を海面変動、象、植物化石をつかいながら解説。3.吹田の地形と景観 (安部亮介氏)は、明治時代の吹田の地図をつかい、吹田市を中心にその地形と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/28 09:32
「ワニと暮らす人々」久保正敏氏(国立民族学博物館)
5月20日(日)14:00〜、吹田市立博物館・講座室で、久保正敏氏(国立民族学博物館)の講演「オーストラリア・アボリジニとワニ」がありました。オーストラリアの北部、アーネムランドにすんでいるワニは、体長7mにもなるクロコダイル科のイリエワニです。このワニは、ふだんは海にいるけれど、雨期になると川をのぼってきて産卵します。オーストラリア・アボリジニの人たちは、さまざまな精霊が文化・土地・人びとを創造した「ドリーミング」という神話世界をもっていて、儀礼の歌や踊り、絵画などをとおして、いまも精霊たちと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/21 07:38
ワニとゾウのはなし−絶滅に瀕した動物たち− 長瀬健次郎氏講演
5月13日(日)14:00〜、すいはくでは天王寺動植物公園事務所(=天王寺動物園の正式な名称)の長瀬健次郎さんに、「ワニとゾウのはなし」をうかがいました。ワニには、口先が丸みがあって性格が穏和な(でも肉食ですが)アリゲーター科のものと、口先が細くとがっていて凶暴なクロコダイル科のものがあります。長瀬さんは、温帯にすむアリゲーター科のワニ、ヨウスコウワニの国内の戸籍係を担当しているそうです。名前のとおり揚子江(本流ではなく周辺)に棲息していて、全長1.5m、体重15kgぐらいの小型のワニで、冬眠す... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/14 05:38
5/12 楽しかった地層露頭観察会
5月12日(土)、千里丘陵に分布する大坂層群の「アズキ火山灰層」「ピンク火山灰層」の露頭観察スポットの見学会をおこないました。参加者は約30名、吹田地学会のメンバーの案内で、博物館(ピンク火山灰層露頭)→万博記念公園外周道路(アズキ火山灰層)→藤白台千里北公園(ピンク火山灰層など)というコースをバスで巡りました。こどもたちも参加して、なかなか活気に満ちた見学会でした。かつて千里丘陵の各地でみられた大坂層群の地層も、近年の開発によってほとんど見ることができなくなってしまいました。これからの若い世代... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/14 05:37
5月6日てつの日記:ワニができるまで
ゴールデンウィークのラストデイ(5/6)、あいにくの雨でしたが、10時半にすいはくにいきました。もう、講師のみなさんが、あちこちで巨大マチカネワニ製作に格闘されていました。 「おはようございます」と挨拶しても、 「それどころではないんだ!」って返事もほどほどに・・・そして、どんどんゴミがワニに化けてゆきました。 コウモリ傘がヤシの木に♪段ボールのワニの横では操縦出来るワニ前日の勾玉作りに参加された親子、博物館に引き込まれてしまったじいちゃんに連れて来られた孫たち、雨で行くとこないから博物館に連れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/05/07 22:10
おっぱいがたいへん討論会@博物館
乳がんの手術体験をまんがにした、さかいひろこさんを囲んで講座室では「乳癌討論会」がひらかれました。『乳がんを宣告されてから眠れない毎日が続き、ウツになった。』『抗がん剤で脱毛になり、食欲もなくなった。』『手術後の腕の痛みは、どんな薬も効かず、ウツになった。』『自殺も考えた。』『抗がん剤って高価なので、経済的にもたいへんなんです。』みんなこのような悩みを大かれ少なかれもっていました。このように同じ悩みをかかえる人たちが集まる場所ができつつあります。悩みを語り合うだけでも気分は晴れるもの。これから乳... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/06 19:29
巨大ワニ、終日雨を呼ぶ!
特別展示室と常設展示室との間の広場で、来場者がマチカネワニと同じ大きさのワニを作りました。孫といっしょにジージも参加。子どもたちはワニの口からつぎつぎと飲み込まれていきました。中にはおとなも飲み込まれていました。終日雨の博物館には、終日にぎやかな声が響いていました。(おーぼら) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/06 19:20
三枝春生氏講演「近畿にいた絶滅動物」
今、丹波恐竜の発掘で活躍されている兵庫県立人と自然の博物館の三枝春生先生をお迎えして、「近畿にいた絶滅動物」の話をうかがいました。先生は脊椎動物化石、なかでもナウマンゾウやアケボノゾウなどのゾウがご専門だそうです。恒例のカンチョー対談どうやって地質の年代を調べるのかという基礎的な質問から。毛のあるのがマンモス、はげてるのがナウマンゾウ?アフリカ象とインド象とは人間とチンパンジーくらいの差があるので両者のアイノコを作ることはむつかしいとのこと。終了後、熱心な受講者の質問攻めにあう三枝先生「丹波市の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/04/29 19:59
紫金山子ども自然教室
すいはく・講座室で、ヒミコの講演会をやっていた4月22日、屋外では紫金山子ども自然教室が開催されました。この教室は、小学校1〜6年生の子どもたちを対象に、紫金山の自然に触れながら、自然に対する興味・関心をそだて、命の尊さを知ってもらおうと、年5回開催されているものです。(主催:吹田自然観察会、共催:吹田市自然観察会・ジャスコ南千里エコクラブ)4月22日はその第一回目。あいにくの雨のため、博物館の軒下(って言っても広いんだよね〜、あの3Fの自動販売機のところ)でやっていました。今日は子供20人、父... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/04/23 00:15
金関恕氏(大阪府弥生文化博物館)講演「鬼道につかえた卑弥呼」
大阪府弥生文化博物館館長の金関さんの講演「鬼道につかえた卑弥呼」は、博物館講座室が満席になる120人の聴衆が集まり、熱心にお話をうかがいました。中国の古い文献は、難しい漢字がいっぱい出てきて大変なのですが、先生は詳しいレジュメを用意して、しっかり講義してくださいました。恒例のカンチョー乱入のトークショーもありました。邪馬台国の畿内説、九州説などの話が出た後、カンチョー「ところで、吹田は、そのヤマタイ国のどこにあったか、という問題なのですが・・・」(笑)金関先生一瞬唖然、一挙にすいはくらしい雰囲気... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/22 17:43
久々の立ち見のすいはく講座室 満員御礼 お花見コンサート
4月です。今日はあちこちでいろんなイベントがありましたが、花見の季節、吹田の桜の名所 紫金山を歩き、博物館でコーラスに合奏に触れて来ました。講座室で歌のイベントがあると、毎回多くの人が来られます。みなさん、そういったものを求められているのではないでしょうか?  第一部 女性合唱団 22名による 「コーラスビータ」1.春のメドレー どこかで春が〜どじょっこふなっこ〜春の小川〜ちょうちょ〜うぐいす 〜うれしいひなまつり〜さくらさくら〜花の街〜(僕は中学の音楽で習ったこの曲にぐっときた♪) 〜春の唄... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/04/01 17:19
バウシ・イローナさん講演会
浜屋敷で縄文時代の翡翠と琥珀の物語がありました。縄文中期(4〜5千年前)に富山県→青森県、富山県→長野県→千葉県などの交易ネットワークが存在していたそうです。バウシ・イローナさんの流暢な日本語におどろきました。なにより、日本人よりはるかに日本をご存知であることにおどろきました。(迷わず会場にたどりついた)カンチョーが仕切って懇親会。・琥珀は嵐の後の海に浮かんでいることが多い・縄文時代の翡翠はなぜ西日本で発見されないの?・翡翠はフォッサマグナ近くで生まれている。素材はさんご礁。バウシ・イローナさん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/08 22:12
吹田の地酒:2/18博物館トーク 藤井裕之「北摂の酒米」から
吹田の酒づくり摂津の国は江戸時代、酒の生産地として全国に名をはせていた。吹田は池田、伊丹、灘などとともに有力産地としてあげられており、寛文12年(1672)には525石、元禄からは900石を生産、江戸にも送っていた。吹田の酒づくりは明治以降もけっこうさかんで、(博物館にちかい)岸部や山田でも戦後まで記録がある。しかし、今、作り酒屋は隣接の茨木や高槻にはあるが吹田にはない(ビールはあるけど)。山田錦とキナイオマチ吹田の特長は酒米の生産地でもあることだ。北摂は江戸時代から良質の酒米供給地だった。それ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/19 22:48
機関車走る
2月3日(土)、「吹田操車場とはどんな施設だったのか?」の講演会が開催されました。たくさんの鉄道好きの昔少年&少女の参加があり、坂本さんの話に熱心に聞き入りました。わざわざコーベからきてくださったTさん、「これほど市民にあいされ、活力のある博物館。ミリカの珈琲もうまい。吹田がうらやましい」という感想を寄せてくださいました。●今日2月4日(日)もあります●@吹田市立博物館講座室 午後2時〜4時資料代500円、ミリカのコーヒー(または紅茶)付きです。講演会場横では、16番ゲージ(HO)の模型が走って... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/04 07:37
博物館トーク「井戸の考古学」
12月17日、14:00〜15:20高橋真希さん(吹博学芸員)の博物館トーク 「井戸の考古学」 がありました。井戸がつくられるようになったのは弥生時代からです。稲作のために、低地に集落がつくられたので、きれいな飲み水の確保が必須の条件となったからでしょう。吹田では、古墳時代から、とくに中世の「蔵人遺跡」(遺跡の名称:右上図の3、吹田市江坂町あたり)でたくさんみつかっています。井戸は近年に水道が普及するまでつかわれていました。井戸の構造についての歴史を中心としたお話でしたが、井戸のなかから、墨書の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/18 07:18
12月9日のミリカ 50回記念イベント!
ミリカ 50回記念にはお好み焼き、ブタ汁も参加。*******************************具沢山の豚汁も、豚肉入りお好み焼きも100円この超安値 でお味もグー。(担当者自画自賛) 常設は無理ですが、イベントの時はまたの出店も可能です。 博物館のロビー横に 流し台とコンロの厨房があれば 公民館から下準備をして持ち込む事もなく、喫茶の手間も簡単になるでしょうに。(みっちゃん)*******************************okkunからお祝いのミルフィーユのケーキが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 54

2006/12/09 23:02
縄文時代に文字があった!
11月26日(日)、「文字と記号 −アボリジニの絵画と縄文土器」というカンチョーの講演会がありました。問題の焦点は、縄文時代に文字はあったかどうか?アボリジニの絵画には、神話や土地の情報などが埋め込まれており、わたしたちには単なる記号にしか見えない同心円がたくさん描かれた絵をみながら、延々と祖先の物語が語られるのだそうです。また、古代の文字は、暗号の解析をするように同じパターンの繰り返しを探したり、ロゼッタストーンのように異なった文字で書かれているものを比較したりして解読されてきました。カンチョ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/26 19:07
変体仮名を学ぶ書道教室
11月23日、昔の文字を読む展に関連して変体仮名を学ぶ書道教室が開催されました。読むだけではなくて、書いてみようという実践講座です。講師は、日本芸院二科審査員の瀧聴葉先生。先生は書道は「三思後行」(じっくりお手本をながめ、筆の動きを目で追って、そして手を動かす、つまり、ゆっくり、あわてないでということでしょうか?)だとおっしいます。生徒は、持参の筆と墨でリズムよく、すらすらと書いていく上級者から、この字はいったい何じゃと首をひねる人、どこからどう書けばいいの途方に暮れる人、あきらめたのか、うろち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/24 07:20
マヤ文字から文字を考える
11月19日(日)、マヤ文字の専門家・八杉佳穂先生の講演会「常識をぶっ壊す −マヤ文字から文字を考える−」がありました。八杉先生は、とても物静かなお人柄で、おだやかな話しぶりの方なのですが、文字に対するとても熱い想いに支えられた内容のご講演でした。晩秋の雨が降るあいにくの天候にもかかわらず、たくさんの聴講者がありました。まず、マヤ文字の特徴の説明から始められました。そもそも、この文字が常識はずれ。第一に読む順番からして、単純に1行ずつ上から下に、あるいは左右に読むのではなく、2列一組で上から下へ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/20 11:37
「日本人と漢字」
西高東低の冬型気圧配置になった11月12日(日)午後、京都大学大学院教授阿辻哲次先生の講演会がありました。題して「日本人と漢字」。ある言語を書くときは、ふつう1種の文字をつかいます。英語やイタリア・フランス語などはラテン文字、ロシア語などはキリル文字、中国は漢字。しかし、日本語は漢字だけではなく、漢字からつくられた表音文字の平仮名と片仮名も(時にはアルファベットさえも)使って表記します。日本人はあたりまえのように思っていますが、実はこのように2種類以上の文字を使い分けているところは韓国と日本ぐら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 18:18
11月3日 「旧吹田の石ぶみをみてあるく」
菊 咲き誇る「 文化の日」、 「旧吹田の石ぶみをみてあるく」に参加しました。講師は、吹田市郷土史研究会 加賀真砂子氏、参加者は、18名でした。■コースは・・・@吹田の渡 A小女郎稲荷 B観音寺 C浜屋敷 D南町道標E六地蔵道標 E正副寺 F高浜神社 G吹田街道 H円満寺 I泉殿宮13時30分から16時30分までたっぷり歩きました。■加賀先生がご自身でとられた「石ぶみ」拓本が浜屋敷・会議室に展示され、先生の解説つきで拝見しました。残念なことに、この日のみ・・・是非、また、「お見せください」。・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/04 19:33
アジアンフェア二日目
14日は正午から JR吹田駅前:さんくす広場 ではじまりました。舞台の前の椅子席は常に満席。天気もよく、すっごいひとででした。舞台では30分から45分ごとにメニューがかわり、飽きない(商い)構成になっていました。(by おーちゃん+てつ)【コメントから転載】[ たんぽぽ ] [2006/10/14 22:53] 2日間、晴天に恵まれ大盛況でした。ステージもバラエティがあり、屋台も行列が出来て大繁盛でした。年々参加国が増え、主催者も喜んでいます。でもステージを企画から担当したたんぽぽ3人は、結構ぐ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/14 15:04
梅棹忠夫先生に聞く
2006年10月6日(金)午後、国立民族学博物館顧問の梅棹忠夫先生が、吹田市立博物館におこしくださいました。まず最初に、実験展示「さわる 五感の挑戦 PART I」の展示場へ。担当のT学芸員の説明を受けながら、一つ一つ手にとって感触を確かめておられました。このあと、小山カンチョーが梅棹先生に、今回の展示の感想や博物館についての考え方などをうかがいました。小山:先日、広瀬さんから、梅棹先生を民博の触る展示をご案内したとき、先生が(触ってもわからなくて)「絶望的やな」とおっしゃったと聞いたのですが。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/06 20:24
講演会「ひらけ豊かな触生活!」
10月1日(日)、あいにくの秋雨でしたが(それが幸いして参加できた方もいらっしゃとか。恵みの雨ですね)、吹田市立博物館講座室で、「さわる 五感の挑戦 PART I 」の関連イベントがおこなわれました。最初に、民博の広瀬浩二郎先生のご講演「ひらけ!豊かな触生活」まず、先日民博でおこなわれたシンポジウムの後日談から始まりました。目は不自由だけれども日本語が堪能な広瀬先生と、目はいいけれど日本語が不自由なUSAの研究者とが、京阪神をあるく−−日米という異なる文化を持ち、かつ、視覚に頼る世界と聴覚に頼る... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 07:27
9/10シンポジウム「景観史の視点からみた日本」
「何度も起きた『日本沈没』」 総合地球環境学研究所助教授 内山純蔵氏 景観は、自然と文化の相互作用でできあがったものである。景観の大変化を「日本沈没」ととらえ、歴史を俯瞰してみると、今まで大きな「沈没」がくり返し起こっている。 ニュータウンは里山という景観を沈没させてできてきた。 しかし、里山も稲作とともにできてきたものであって、それ以前の景観を沈没させていたと考えられる。 縄文時代以後の景観を考えたとき1)縄文時代の貝塚消滅(西日本の前期から中・後期)2)古墳/律令時代の「弥生里山」沈没 「後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/10 18:17
「吹田の景観を掘りおこす」展関連イベント
講演会「吹田にゾウがいたころ」2006年9月3日(日)14:00〜吹田市立博物館講座室にて、上記講演会が開かれました。講師は吹田地学会副会長の安部亮介氏でした。むつかしい地質学まじりの講演を50人が聞き入りました。メタセコイヤのセコイヤの語源はアメリカインディアンの酋長の名前なんだそうです。喫茶「ミリカ」は今も快調。その横で、お昼に有志による“ソーメン流し”実用性の実験がおこなわれました。実験の結果、諸手続は必要でしょうが、“ソーメン流し”の実用性が証明されました。博物館で“ソーメン流し”・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/03 21:42
「吹田の景観を掘りおこす」展関連イベント
講演会「縄文海進と日本沈没」2006年8月27日(日)14:00〜吹田市立博物館講座室にて、上記講演会が開かれました。まず最初に、小山修三館長のイントロ。「環境に大きな影響を与える大きな原因の一つは気候である。過去200万年の変動をみると、温暖期と氷河期がくりかえしあらわれたことがわかる(上図)。縄文時代に近づけていえば、約1.5万年前、最終氷河期であるヴュルム期のあと急速に温暖化して、今から6000年ぐらい前の縄文前期に、ヒプシサーマルと呼ばれる最高温期を迎えた。この頃は現在よりも平均気温が5... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/27 13:35
古代文明を壊した塩
夏休みのさなか、8月13日(日)14:00から、総合地球環境学研究所教授 佐藤洋一郎氏による講演会がありました。佐藤氏が調査に行かれたタクマラカン砂漠にある小河墓遺跡は、今、砂漠のまっただ中にあります。ところが、そこからポプラの仲間の木でつくられた棺や、牛の頭骨がくくりつけられた墓標、そしてムギなどが出てくるのだそうです。当時の文献には繁栄のようすが記述されていますし、それからさまざまな条件を考慮して試算してみると、相当な面積(=少なく見積もって25平方Km)の麦畑や牧草地がひろがっていたはず・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/13 23:18
追加公演「わが家にバスオールが来た日」
博物館にバスオールが、劇団「にのいち」とともに、またまたやってきました。おかきたさんが“マエセツ”で時代背景とバスオールの説明をしました。観衆は80人。笑いと涙の30分でした。今夜(7月9日21:30から)吹田ケーブルで最後の放送があります。チトふるいが、5月18日の新聞。(by おーちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/09 20:08
「わが家にバスオールが来た日」…テレビ放映決まる!
●7月3日(月)〜9日(日) 毎日午後9時30分〜10時10分●吹田ケーブルテレビ●演劇「わが家にバスオールが来た日」●撮影:森田 英人 協力:元市民委員 岡崎強一「千里ニュータウン展」のバスオールデーイベントで大ヒット!、お客さんが入りきれなくて講座室からはみだしたという「劇団にのいち」の演劇「わが家にバスオールが来た日」が、吹田ケーブルテレビのゴールデンタイムで放映されます。撮影は、千里ニュータウン展市民委員会の活動を、もれなく記録しつづけた元市民委員:広報@おかちゃんこと岡崎強一が、連日の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2006/06/28 23:06
旅のおわり・・→総来館者22,170人
何はともあれ、6月4日を迎えました。おつかれさまでした。 2万人を超える来館者・・・記録は破られるためにあるのです。●千里ニュータウン展 特別付録  千里ニュータウン展には20,000人以上の人がやってきて大好評のうちに幕を閉じました。 しかし、みなさまのご要望により、多少の模様替えをおこなって、6/17〜7/23まで続けることになりました。 ミゼット、バスオール、リカちゃん人形などの人気品目は残ります。また、この展示の運営にあたった市民委員会の活動の記録も展示します。講演やイベントについては現... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/06/04 23:50
【報告】4/25・茶話会「女性が語る千里ニュータウン」
●4月25日(火)●ゲストトーク:韓国から吹田に住んで25年の辛さん 千里ニュータウン藤白台初代住民の高橋さん 旧吹田育ちさん 五月丘5人組さん●飛び入りゲスト:小山修三館長 ●司会:長谷川美津代  ニュータウンができた頃から、日本は高度成長期へ。男性は「猛烈社員」と言葉があったように朝早く出掛け、夜遅く帰り寝るだけのベットタウンでしかありませんでした。ベットタウン?…でもこの言葉、男性だけの言葉ではありませんか?…女性はこの街で、一日を過ごしました。日陰のない公園や坂道の多い道路で。 韓国では... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/04 23:50
最後のイベント:討論会「千里ニュータウン展に参画して」
はじめに、2万人目の入館者に記念品の贈呈式がありました。阪口市長をお招きして市民委員が昨年9月からの273日を振り返り想いを語りあいました。延地教育長からもご感想をうかがいました。後半では、千里ニュータウンの今後について語りあいました。(by おーちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/06/04 23:48
4日(日)伝説のユースホステルミーティングが博物館にやってきた
★見て 見て? 右のたんべはんの 口元(^_^; 笑顔 見える?本当に楽しそうでしょ? それだけでいいんよ 歌は おまけ(^^ゞ明石プロデューサーより「何でもありの 千里ニュータウン展だから引き受けた」の言葉 そして 「今が旬」そう 賞味期限は6月4日なんでもあり??? じゃ 自分に出来る事を やってみよう(^^)で・・・ おもいついたのは コレだった(^_^;歌だけやないんよぉ ほんとは 伝説の「クワガタ踊り」も披露する予定が あまりにも 自分が楽しみ過ぎて 忘れてた(^_^;)それくらい 自... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/06/04 23:40
6月3日(土)最終講演「グレータ千里」
日時:2006年6月3日(土)開場13:30 開演:14:00〜場所:吹田市立博物館 講座室講師:畑祥雄氏 彩都IMI大学院スクール総合監督関西学院大学総合政策学部教授演題:「グレータ千里」〜千里ニュータウンと彩都で創るグレータ千里構想〜千里ニュータウン展が大成功していることは全国的に話題になっている。今までは、博物館が展覧会を作り、市民に「来てください」という形だった。今回は市民参加で展覧会の扉を開いたことが話題になっている。成功の原因として○オープンマインドな館長の存在。○熱心な市会議員が博... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/06/03 18:04
5/27ザ・タイガースの森本タローさんが博物館にやってきた
GSをガソリンスタンドと書いて笑いを誘ったのではありません。まだ小学生だった私には、芸能界は余りに遠い世界だったのでしょう。それでも、当時のグループサウンズの歌をほとんど知っているほどGSは偉大だったのですね。その証拠に、今日は千里ニュータウン展で初めてトークショー開場前に入場を待つ行列が出来ました。東京など遠方から森本太郎さんに会いに来られた方々です。年の頃からするとグループサウンズが流行っていた頃、丁度中学生くらいかな?という感じでした。さて、ザ・タイガースのデビューの頃の裏話です。元々、京... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/03 08:44
5/31・足湯トークショー 〜お風呂の民族学について話そう〜
吹田市立博物館 館長・小山修三氏吹田市立博物館 学芸員・藤井裕之氏聞き手/お風呂アドバイザー・おかきた’まり足湯トークショー世界のお風呂・お風呂の歴史 〜お風呂の民族学について話そう〜博物館をとび出して、阪急南千里駅前・ガーデンモール南千里「ほっとスパ」で開催する足湯トークショー。最終回は、世界のお風呂・お風呂の歴史の話からお風呂の民族学についておしゃべりしました!まず、世界のお風呂はどうなってるの?…という素朴な疑問からスタート!世界的にみると、温帯から寒帯にかけて、サウナのような蒸気浴が広く... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/31 23:41
誰かの記録は皆の思い出…8ミリ映写会と写真展示
5/27(土)、青山台住民だったNさん宅の押入れ深くから発掘されたホーム8ミリ上映会をやりました。あまり告知しなかったこともあって、20数名のお客さまでしたが、部屋を暗くして、8ミリフィルム独特のコマ送り音が聞こえてくると、気分は60年代!カドが丸っこい画面なんて、今の薄型テレビでは出せない味わいです。街路樹がはげちょろけだった開発当初の町並みや、運動会、やたら古めかしい紅白歌合戦(TV画面を撮った)、大混雑の中で行った万博など…プライベートフィルムでしたが皆さんからはときおり「ほー!」と声が上... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/05/31 03:03
【お詫びと訂正】脚本は 岸ひろこさん
5月28日バスオールデーイベントの司会を担当したおかきた‘まりです。ちょっと、この場をおかりしてお詫びと訂正をさせていただきます。当日の会場で劇団にのいち公演「わが家にバスオールが来た日」のご紹介に、間違いがありました。申し訳ございません。脚本:市民委員 長谷川美津代とご紹介しましたが、正しくはつぎのとおりですので、訂正させていただきます。●脚本原案:千里ニュータウン展市民委員会 長谷川美津代●脚本:劇団にのいち 岸ひろこ●出演:劇団にのいち劇団にのいちメンバーさんは、あッ〜〜と驚き、長谷川さん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/05/31 00:46
5/28・トークショー「お風呂について話そう」
トークショー★バスオールを最初に使った人たちと「お風呂について話そう」出演:千里ニュータウン住民代表 榊清子氏・南部正代氏千里ニュータウン元管理人 西田絢子氏エア・ウォーター社元副社長 遠藤眞吾氏吹田市立博物館長 小山修三司会 お風呂アドバイザー おかきた‘まり演劇から中休みを15分入れて、始まったトークショー。地味な話題にもかかわらず、たくさんの方のご参加で満席に。温かく包んでいただき、ありがとうございます♪最初に、千里ニュータウン展にバスオールが来た由来から。バスオールを展示したいというコメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/05/28 21:59
5月28日午後2時、わが家にバスオールがやってきました
劇団にのいち ・・・もともと小学校の2年1組(にのいち)のPTAの皆さんが劇団を作りました。 本日の公演は『わが家にバスオールが来た日』  昭和40年4月、千里ニュータウン・古江台の団地住まいの小山家のものがたり。 平均寿命は男が67.7歳、女72.9歳という時代。 朝食の食卓にはケロッグのコーンフレークや輸入自由化で安価になったバナナもある。 バス停までの道は未舗装。雨の朝、工事用ダンプで道はぬかるんでいるので父親の出勤に長靴は必需品。長靴は新千里山の駅に預けて電車に乗ります。 この日バスオー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 27

2006/05/28 21:56
ウォーキングで再発見〜千里のまちなみと自然〜
5月27日(土) 南千里発 まちなみ巡りコースなんと・・・65人もが参加しました。千里南公園は彫刻や碑が沢山あることで、全国的にも有名。(左) サテライト展示場「佐竹台住宅」のすぐ隣は高層住宅が建設中。(右)サテライトに入る。当時の「夢の生活」を体験しました。(左) 囲み型府営住宅の説明を聞く参加者。(右)40年たつと街路樹(タイワンフウ)は巨木になっています。(左) 佐竹台公園・菩提池周囲の遊歩道。(右)佐竹台6丁目バス停付近の千里ニュータウンの出口(?)で、景色が一変します。(左) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/27 19:05
館長招宴−さぬきうどん、おそるべし
5月26日(金)正午から博物館3階広場で館長招宴「さぬきうどんの振る舞い」がありました。------ 「うどんに乗せるグは・・・あちらのテーブルにありま〜す」 ------(by 昼休みに職場を抜け出して食べに行った 広報・おーちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/05/26 13:00
5/24・足湯トークショー お風呂グッズ〜石けんについて話そう〜
株式会社クロバーコーポレーション 商品開発・村越哲也氏聞き手/お風呂アドバイザー・おかきた’まり足湯トークショーお風呂グッズ 〜石けんについて話そう〜博物館をとび出して、阪急南千里駅前・ガーデンモール南千里「ほっとスパ」で開催する足湯トークショー。第4回は、お風呂でつかう道具、定番の「石けん」を見直そうと、おしゃべりしました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/05/24 22:47
リタン トゥー 昭和40年代 ― 諸口あきらトークショー
夜の静寂に囲まれて、卓上スタンドの青白い光に照らし出される教科書やノートとシャープペンシル。そして、机の端には携帯ラジオ。 ♪リタン トゥー パラダイス、リタン トゥー パラダイス♪と寂しげな歌声の曲が流れていたかと思うと、あの浪花節のような威勢のいい声で「オールナイト電リク!」。 土曜日の深夜は、シャープペンシルは勝手にノートの上を這いずり回っているが、ほとんどの神経はボリュームを下げたラジオに釘付け。そして、いつもの諸口節のセリフ「流れもんに女はいらねえ。」で終わり。当時は諸兄ィの顔も知らず... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/05/23 03:21
フォーラム「千里ニュータウンの過去・現在・未来」
講演 大久保昌一氏(大阪大学名誉教授) 5月21日(日)  「千里ニュータウンの過去・現在・未来」ベッドタウン型からの出発とセルフオーガナイジング型への変身大久保先生は大学卒業後日本住宅公団へ入社、部下のいない一番下位の技師補でありながら、当時東洋一と言われた香里団地の企画の中枢で活躍、そのノウハウをもって千里ニュータウン計画に参加されています。豊富な経験と欧米諸国のニュータウン状況も交え、ニュータウン前史から現在・未来について熱く語られました。 「セルフオーガナイジング」の説明から始まりました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 00:15
シンポジウム 千里ニュータウンの計画と現在、未来への再設計
5月21日 講座室で・コーディネータ 宗田 好史 京都府立大学助教授 ・パネリスト 大久保昌一 大阪大学名誉教授 藤本 佳子 千里金蘭大学教授 藤本 英子 京都市立芸術大学助教授  鈴木 毅 大阪大学助教授 千里ニュータウン・吹田市・豊中市でまちづくりに関わっておられ、市民の身近におられる先生方をお招きして開催されました。1時間30分の予定が2時間15分に及ぶ活発な意見が交換されました。要約するのは困難ですが、主な内容を紹介します。前半は千里ニュータウンの計画と現在について、現状と課題などが議論... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 00:10
突如現れた謎の軍団 三輪自転車隊
初登場の「てつ」です。コメントだけではもの足りず、ついにブログの記事に登場しました。 今日 博物館に 午後12時20分に着きました。 午後1時に到着予定の「ミニベロベント倶楽部」の代表 TETUさんの携帯に連絡いれると、正雀のレストランで デザート待ちとの事。 「てつさん 拍手で迎えてくれんでしょうねぇ」で・・ ひたすら焦り、博物館前にはOさんと私だけ・・。館長が来てくださりたどたどしいアナウンスで。 1時半からは本日のメインイベントがあるらしく、でも来ました、来ました、来ました。涙が出て、出て... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/05/21 22:59
5/17・足湯トークショー お風呂できれい!〜お肌について話そう〜
お風呂アドバイザー・おかきた’まり足湯トークショーお風呂できれい! 〜お肌について話そう〜博物館をとび出して、阪急南千里駅前・ガーデンモール南千里「ほっとスパ」で開催する足湯トークショー。第3回めは、お風呂でキレイになろうと、お肌についてのおしゃべりでした!肌ってどの部分?、どんな働きをしているの?、お肌のリスクポイントは老化がわかっちゃうこと・・・と肌の一般常識から話がスタートし、肌の老化のチェック法へ。そして、肌をキレイにする入浴法を紹介。ここでちょっと前回の腰痛予防の復習を・・・お風呂でカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/17 19:35
母の日 「おかあさんのカレーまつり」
5月14日(日)は母の日。夜来の雨は、ぶっ飛んで青空が広がりました。ワンダーフォーが博物館にやってきました。お母さんのカレー、心の旅、またあう日まで、私の彼は左きき・・・など70年代の歌や、替え歌では 戦争を知らない子どもたち→万博を知らない子どもたち、大阪ラプソディ→吹田ラプソディなど傑作を披露してくださり、広場は大いに盛り上がりました。市長も(産業フェア会場から)かけつけ、谷川市民委員会委員長とならんでカレーで昼食。市民委員のきれいどころもカレーで昼食。お皿、スプーンは千里リサイクルプラザか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/05/14 18:59
5/13・椎名誠氏講演 〜わしも環境を考えるのだ〜
作家・椎名誠氏の講演「わしも環境を考えるのだ」〜あのとき海・山・川は美しかった〜500名ちかくの参加希望をいただき、博物館では入りきれない状況になりました。応募の方全員に参加してもらいたいという市民委員会の願いを、佐井寺中学校が受けとめてくださり、体育館をお借りすることができました。朝から降りつづく雨のなか、佐井寺中学校生たちが、体育館のマット敷きや椅子のセッティングまで手伝ってくれました。椎名氏は、博物館につくとすぐに「千里ニュータウン展」を、ていねいに見てくださいました。そのあと、佐井寺中学... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/13 23:53
椎名誠さんが博物館にやってきた
5月13日午後1時椎名誠さんが「千里ニュータウン展」に来られました。(by おーちゃん+あかちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/13 21:00
5月13日(土) 「千里ニュータウンにもこんな自然が」
5月13日講座室で豊中・吹田の自然に関わって活動されている市民が、各団体の活動を発表しました。発表者と主な内容1.千里竹の会:武藤正治 千里東町公園などの竹林保全、竹細工など2.すいた環境学習協会:片山義明 千里北公園の里山再生、中学での環境教育など3.紫金山みどりの会:金谷薫 紫金山のコバノミツバツツジの再生4.ピアノ池の環境をよくする会:西野敦 カヌーも動員、ピアノ池の保全活動5.吹田ヒメボタルの会:原美智枝 ヒメボタルの観察と生息環境の保全6.吹田野鳥の会:加藤俊二 千里の野鳥、渡り鳥7.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/13 20:37
北田順三氏/清水勝弘氏 講演会
5月12日(金)新聞「千里」元編集長 アーカイブ千里研究家の北田順三さんが「千里ニュータウンの開発前からの住民は古江台の農家5軒だけ」とか「中世の北千里の蓮間池付近は僧兵を抱える大寺院・円照寺の奥の院」など珍しい話をしてくださいました。日本万国博覧会記念機構 事業部長 清水勝弘さんが「自然文化園の森を、常緑広葉樹から多様な生物が棲息できる落葉広葉樹へ」など万博を循環型公園にする方針などをお話しなさいました。(by おーちゃん&しょうちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/12 23:15
吹田市民のみなさま・・・のみへのお知らせ
吹田ケーブルテレビ 「お元気ですか 市民のみなさん」で、5月6日の程さんの餃子まつりが放送されています。放送日は5月12日〜18日の9時、12時、15時、18時、21時からです。土、日は朝7時からも放送します。(11チャンネルです。) (広報:おーちゃん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/11 23:41
5/10・足湯トークショー お風呂で元気! 〜腰痛について話そう〜
協和会病院リハビリ科部長 医師・小田忠文氏聞き手/お風呂アドバイザー・おかきた’まり足湯トークショーお風呂で元気! 〜腰痛について話そう〜博物館をとび出して、阪急南千里駅前・ガーデンモール南千里「ほっとスパ」で開催する足湯トーク。第2回めは、お風呂で元気になろうと、腰痛についてのおしゃべりで、もりあがりました!まずは、腰痛もちは、じつは人間だけなんだと驚きの新事実の説明からスタート!腰痛の遠因は、なんと人類が二足歩行で歩くことをはじめた時からなのだそう。ちなみに、おサルさんや類人猿には、腰痛もち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/05/11 01:57
博物館にトトロのいす?「草のいす」の紹介
GW中の5月3日、博物館正面の左側草地に市民塾「公園発スローライフ楽しみ塾(愛称:ゆめのみ公園プロジェクト)」がワークショップで作った謎の物体。その物体は「草のいす」。土で作ったいすに草の種をまき、植物の成長を楽しみながら、完成形がなく常に変化する「自然のいす」です。博物館に楽しく何度も足を運んでもらい、またスタッフ自信も楽しめて、市民が博物館に愛着を持つためのしかけは何がいいだろうか?と考えて作りました。1.まず、段ボールで骨組みとなる型を作りました。この骨組みはやがて土に還ります。(段ボール... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/11 00:00
みんなで歌おう!歌声喫茶in博物館
大型連休最後の5月7日(日)はあいにくの雨。しかし博物館講座室は大にぎわい。約40人が大声で歌いました。企画・伴奏 アンサンブル泉 ピアノ・・・・・・・・・塩入哲郎さん アコーディオン・・・安達 徳さん サックス・・・・・・・渡辺文雄さん ベース・・・・・・・・右田 忠さん 司会進行歌・・・・筒井幹夫さんアンサンブル泉にちなんでロシア民謡「泉のほとり」から始まりました。 はじめはみんな遠慮がちでしたが、自称「岸部の上沼恵美子」さんが前に出て歌い出して、エンジンがかかりました。吹田市内はもちろんの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/05/07 17:40
ステージ公演 舞踊劇 黒髪
5月7日(日)午後1時から博物館講座室は日本舞踊の世界になりました。第一場 楽屋話山内一豊の妻、千代など歴史を作った女たちの「生き方」を楽屋で女たちが語る。チョン・チョン・チョン・チョン山下久美子 楽屋浴衣で 化粧に余念が無い。そこへ 付け人樋野三千代 登場話の発端は 樋野が拾った新聞の 熟年離婚の記事ここのところ 女はズズーッズイッと 強くなる一方!その一番手はNHK大河ドラマ「功名が辻」山内一豊の妻お千代お千代は「賢女の鏡」、夫一豊は「無骨者の鏡」たしか・・・おせん泣かすな馬肥やせ・・・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 16:05

トップへ | みんなの「イベント報告【終了】」ブログ

千里ニュータウン+万博+∞…=吹田市立博物館! イベント報告【終了】のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる